カンボジア・リーグ

カンボジア・リーグクメール語: លីគកំពូលកម្ពុជា: Cambodian League)は、カンボジア国内におけるサッカーリーグのトップディビジョンである。ベトテルのカンボジア法人がスポンサーとなっており、同社のブランド名「メトフォン」を冠してメトフォン・Cリーグ: Metfone C-League)と呼ばれている。

メトフォン・Cリーグ
加盟国 カンボジアの旗 カンボジア
大陸連盟 AFC
開始年 1982
ディビジョン 1
参加クラブ 11
国内大会 フン・セン・カップ
国際大会 AFCプレジデンツカップ
最新優勝クラブ ボーウング・ケットFC (2020)
最多優勝クラブ プノンペン・クラウン (5回)
公式サイト https://cncc-football.com/
2021

運営主体は以前はカンボジアサッカー連盟 (FFC) であったが、2016年にCambodian National Competitions Committee (CNCC) が設立され翌2017年シーズンから運営が移管された[1]。2021年10月14日、FFCは新たなリーグ運営主体として株式会社形態のカンボジア・フットボールリーグ・カンパニー (CFLC) を設立し、初代CEOに日本人の斎藤聡が就任することを発表した[2][3]

概要編集

1982年に創設され2005年にプロリーグ化された。プロ化初年度からメトフォンがタイトルスポンサーとなっている。優勝クラブにはAFCカッププレーオフ出場権が与えられ、最下位のクラブがカンボジア・セカンドリーグ英語版に降格する。

スケジュールは1月~2月に開幕し、10月~11月に終了する。外国人選手は4人まで、それとは別にAFC加盟国の選手を1人登録が可能という規定になっている。2019年シーズンは14クラブが参加した[1]

2013年5月24日日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とパートナーシップ協定を締結[4]

参加クラブ(2020年シーズン)編集

クラブ スタジアム
アンコールタイガーFC SRUスタジアム(シェムリアップ
アジア・ユーロ・ユナイテッド英語版 AEUスポーツパーク(カンダル州
バティ・ユース・フットボール・アカデミー英語版 バティ・アカデミー・スタジアム(タケオ州
ボーウング・ケットFC カンボジア・エアウェイズ・スタジアム(プノンペン
エレクトリシテ・デュ・カンボージュFC英語版 (EDC FC) EDCスタジアム(プノンペン
キリヴォン・ソク・セン・チェイFC英語版 キリヴォン・スタジアム(タケオ州
ナガワールドFC EDCスタジアム(プノンペン
ナショナル・ディフェンス・ミニストリーFC英語版(ティフィ・アーミーFC) AEUスポーツパーク(カンダル州
ナショナル・ポリス・コミッサリーFC英語版 シアヌークビル・スタジアム(シアヌークビル州
プノンペン・クラウンFC RSNスタジアムプノンペン
プリヤ・カーン・リーチ・スヴァイリエンFC スヴァイリエン・スタジアム英語版スヴァイリエン州
ソルティーロ・アンコールFC SRUスタジアム(シェムリアップ
ビサカFC プリンス・スタジアム(プノンペン

かつて参加していたクラブ編集

歴代優勝クラブ編集

クラブ別優勝回数編集

クラブ 回数
プノンペン・クラウンFC 5回
国防省FC 3回
商業省FC
ボーウング・ケットFC
ナガワールドFC
プリヤ・カーン・リーチ・スヴァイリエンFC 2回
運輸省FC
ムニシパル・コンストラクション
シビル・アビエーションFC
ボディーガーズ・クラブ
ロイヤル・ドルフィンズ
ケマラ・ケイラFC
コンポンチャム州FC 1回
ナショナル・ポリスFC

歴代得点王編集

シーズン 名前 所属クラブ ゴール数
2005   ホク・ソチヴォルン ハロー・ユナイテッド 22
2009   ジャスティン・ウチ・プリンス スパークFC 21
2010   ジュリウス・オノニゥ キリヴォン・ソク・セン・チェイFC 25
2011   ジュリウス・オイボー ナガコープFC 28
2012   ヌワクナ・フライデー ボーウング・ケット・ラバーフィールド 20
2013   クオン・ラボラヴィー プリヤ・カーン・リーチ・スヴァイリエンFC 20

脚注編集

外部リンク編集