カージャル・アグルワール

カージャル・アグルワール(Kajal Aggarwal、1985年6月19日[3] - )は、インド女優モデルテルグ語映画タミル語映画でキャリアを確立し、フィルムフェア賞 南インド映画部門で4つの賞にノミネートされている[4][5][6]

カージャル・アグルワール
Kajal Aggarwal
Kajal Aggarwal
カージャル・アグルワール(2018年)
生年月日 (1985-06-19) 1985年6月19日(34歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイ[1]
身長 168 cm[2]
職業 女優モデル
活動期間 2004年 -
著名な家族 ニーシャ・アグルワール(妹)
主な作品
マガディーラ 勇者転生
テンプレートを表示

2004年にヒンディー語映画Kyun! Ho Gaya Na...』で女優デビューし、2007年に『Lakshmi Kalyanam』でテルグ語映画デビューする。同年興行的な成功を収めた『Chandamama』で知名度を上げ、2009年公開の『マガディーラ 勇者転生』でキャリアの転機を迎えた。代表的なテルグ語映画として『Darling』『Brindavanam』『Mr. Perfect』『Businessman』『Naayak』『バードシャー テルグの皇帝』『Govindudu Andarivadele』『Temper』『Khaidi No. 150[7]、タミル語映画として『Naan Mahaan Alla』『Maattrraan』『Thuppakki』『Jilla』『Vivegam』『Mersal』が挙げられる[8]。また、ヒンディー語映画『Singham』『Special 26』にも出演しており、両作とも興行的な成功を収めている[9][10]

生い立ち編集

カージャルはムンバイに定住したパンジャーブ人の家庭に生まれた[11]。父ヴィナイ・アグルワールは繊維産業の実業家であり、母スマン・アグルワールは菓子事業者であると同時にカージャルのビジネス・マネージャーも務めている[1]。妹ニーシャ・アグルワールはテルグ語映画、タミル語映画、マラヤーラム語映画で活動する女優であり[12]、ムンバイの実業家と結婚している。

聖アンヌ高等学校を卒業後、ジャイ・ハインド・カレッジ英語版に進学する[13]。その後、キシンチャーンド・チェララン・カレッジ英語版でマーケティングと広告を専門とするマスメディア学を専攻した[13][14]

キャリア編集

2004年 - 2008年編集

2004年にヒンディー語映画『Kyun! Ho Gaya Na...』で女優デビューし、主演を務めたアイシュワリヤー・ラーイの友人役を演じた[15][16]。2007年にテージャ英語版の『Lakshmi Kalyanam』でヒロイン役を演じてテルグ語映画デビューしたが、興行的には失敗している。同年9月にクリシュナ・ヴァムシ英語版の『Chandamama』に出演し、同作は興行的な成功を収め、カージャルの最初のヒット作となった[17]。2008年にはピララス英語版の『Pazhani』に出演してタミル語映画デビューし、バーラト英語版と共演した。この年はヴェンカット・プラブ英語版の『Saroja』、バーラティラージャ英語版の『Bommalattam』の2本のタミル語映画にも出演している。『Saroja』は批評家から高い評価を得たものの[18]、両作とも主要キャストとしての出演ではなかったため、カージャルのキャリアを高めることはできなかった[19]。また、テルグ語映画では『Pourudu』でスマント英語版と、『Aatadista』でニティーン・レッデイ英語版と共演しており、両作とも批評家からの評価は芳しくなかったが興行的には成功を収めている。

2009年 - 2011年編集

 
カージャル、ニーシャ姉妹

2009年は4本の映画に出演している。『Modhi Vilayadu』ではヴィナイ・ラーイ英語版と共演し、同作は興行的に失敗している。次にS・S・ラージャマウリの『マガディーラ 勇者転生』でラーム・チャランと共演し、同作は批評面・興行面で成功を収め、カージャルも演技を絶賛されフィルムフェア賞 最優秀テルグ語主演女優賞英語版とフィルム・スコープ・アワード最優秀テルグ語主演女優賞にノミネートされた[20][21]。同作は当時のテルグ語映画史上の記録を塗り替えて当時最大の興行収入を記録したテルグ語映画となり[22][23][24][25]、ヒロイン役を演じたカージャルはテルグ語映画のスター女優の地位を確立した[23]。この他に『Ganesh Just Ganesh』でラーム・ポティネーニ英語版と、『Arya 2』でアッル・アルジュンと共演しており、両作で演技を高く評価されている[26][27]

2010年に『Darling』でプラバースと共演して同作は興行的な成功を収め[28]、カージャルはフィルムフェア賞最優秀テルグ語主演女優賞にノミネートされた。同年8月に出演したタミル語映画『Naan Mahaan Alla』ではカールティ英語版と共演して批評家から高い評価を得ており[29]、興行的にも成功を収め、カージャルとカールティのコンビは高い評価を得た[30]。また、テルグ語吹替版『Naa Peru Siva』がアーンドラ・プラデーシュ州で公開され、興行的な成功を収めている[31]。同年10月に出演した『Brindavanam』ではN・T・ラーマ・ラオ・ジュニアサマンサ・ルス・プラブ英語版と共演した。同作は興行的な成功を収め、カージャルはCineMAA賞英語版最優秀主演女優賞を受賞した。

2011年にダサラート英語版の『Mr. Perfect』で再びプラバースと共演し、同作は批評面、興行面で成功を収め、カージャルは個人の演技とプラバースとの掛け合いを高く評価された[32][33]。また、カージャルは同作で3度目となるフィルムフェア賞最優秀テルグ語主演女優賞にノミネートされた[34]。『Veera』では当初出演予定だったアヌシュカ・シェッティが降板したためヒロイン役に起用され[35]ラヴィ・テージャ英語版と初めて共演した[36]。同作は平均的な評価に終わっている[37]。同年7月に『Singham』でアジャイ・デーヴガン英語版と共演し、7年振りにヒンディー語映画に出演した[38][16]コマル・ナータは「カージャルは軽々と簡単に役を演じました。彼女の演技はとても良いものです」と批評しており[39]、同作は興行的な成功を収めた[9]。また、カージャルは同作の演技でフィルムフェア賞 最優秀新人女優賞英語版にノミネートされた。同年8月には『Dhada』でナーガ・チャイタニヤ英語版と共演し、興行的には失敗している[40]

2012年 - 2014年編集

私はタミル語映画よりも女性をリスペクトしているという点で、テルグ語映画が好きです。タミル語映画では、皆主役のことしか気にかけていません。
 — カージャルが感じたテルグ語映画、タミル語映画の業界の相違点について[11]

2012年1月にプリ・ジャガナード英語版の『Businessman』に出演し、マヘーシュ・バーブ英語版と共演した。同作は批評家から高く評価され興行的にも成功を収め[41][42]、カージャルの演技も限定的ながら批評家から好意的に評価されている[43]。同年8月にK・V・アナンド英語版の『Maattrraan』でスーリヤ英語版と共演し、演技を高く評価された[44]。同年11月にはAR・ムルガダースの『Thuppakki』でヴィジャイ英語版と共演し、女性ボクサー役を演じた。同作は批評家から高い評価を得ており、興行収入10億ルピーを超える記録的ヒットとなった[45]。同年12月には『Sarocharu』で再びラヴィ・テージャと共演している[46]。同作ではカージャルの演技は高く評価されたものの、映画自体の評価は芳しくなく、興行的にも失敗してる[47]

2013年1月に『Naayak』でラーム・チャラン、アマラ・ポール英語版と共演している[48]。同作は批評家から高く評価され、興行的にも成功を収めた[49]。同年2月にニーラジ・パーンデー英語版の『スペシャル26英語版』に出演し、批評的・興行的な成功を収めた[50]。同年4月に『バードシャー テルグの皇帝』で再びN・T・ラーマ・ラオ・ジュニアと共演し、カージャルは批評家から演技を高く評価され、映画も興行的な成功を収めた[51][52]。同年11月に『All in All Azhagu Raja』で再びカールティと共演し、同作は批評家から酷評された[53]

2014年1月にR・T・ニーサン英語版の『Jilla』に出演し、女性警官役を演じた[54]。同月には『Yevadu』にカメオ出演している。同年10月には『Govindudu Andarivadele』に出演し、同作は批評家から高く評価された[55]。また、興行収入は4億1,650万ルピーを記録し、2014年公開のテルグ語映画で最も高い興行成績を収めた映画の一つとなった[56]

2015年以降編集

 
カージャル・アグルワール

2015年2月に『Temper』でN・T・ラーマ・ラオ・ジュニアと共演し、同作は批評家から高く評価され興行的な成功を収めた[57][58]。カージャルは同作で動物愛好家を演じ、「限られた役柄にも関わらず、彼女は良い演技をした」と批評された[59]。同年7月にバラージ・モハン英語版の『Maari』に出演し、ダヌーシュと共演した。カージャルは同作で「カージャル・アグルワールは重要な役を演じたが、スクリーン上でのケミストリーは上手く機能しなかった」と批評されたものの[60]、興行的には成功している[61]。同年11月に出演した『Paayum Puli』ではヴィシャール英語版と共演し、同作は興行的に失敗している[62]。同月には『Size Zero』にカメオ出演している。

2016年4月に『Sardaar Gabbar Singh』に出演してパワン・カリヤーン英語版と共演した。同作は批評家からの反応は芳しくなかったものの、カージャルの演技は「カージャルは完璧な王女を演じ、美しくエレガントに見える。事実、彼女は映画に息吹を吹き込んでいる」と高く評価された[63]。同作は9億ルピーの興行収入を記録している[64]。同年5月に出演した『Brahmotsavam』は批評家から酷評され、興行的にも失敗している[65]。カージャルの出演時間は少なかったものの、彼女の演技は高く評価された[66]。同年6月には『Do Lafzon Ki Kahani』に出演してランディープ・フーダー英語版と共演した。同年11月に『Kavalai Vendam』に出演し、演技を高く評価された[67]

2016年4月にテジャ監督、ラーナー・ダッグバーティ主演映画の出演契約を結んだ[68][69]。同年6月にアジット・クマール英語版主演の『Vivegam』の出演契約を結び[70]、7月にはチランジーヴィ150本目の主演映画『Khaidi No. 150』のヒロイン役に起用された[71][72][73]。同月下旬にコラタラ・シヴァ英語版の『Janatha Garage』の出演契約を結び、初めてアイテム・ナンバー英語版を務めることになった[74]。同年12月にヴィジャイ主演の『Mersal』の出演契約を結んだ[75]

2017年1月に『Khaidi No. 150』に出演してチランジーヴィと共演した。同作は批評家から高く評価され興行的にも成功し、カージャルも演技を高く評価された[76][77]。また、同月にはハイデラバード・タイムズの「最も好かれる女性2016」に選ばれている[78][79]。同年8月に『Nene Raju Nene Mantri』でラーナー・ダッグバーティと共演し、批評家から演技を高く評価された。同月には『Vivegam』にも出演し、アジット・クマールの妻役を演じた。同年10月にアトリー・クマール英語版の『Mersal』に出演して演技を高く評価された。同作は2017年公開のタミル語映画で最高額の興行収入を記録し、200カロール・クラブ入りしている[80]

2018年3月に『MLA』でナンダムーリ・カリヤーン・ラーム英語版と共演した[81]。同年4月にはラヴィ・テージャ主演映画の出演契約を結んでいる[82][83][84]

ブランド大使編集

カージャルは女優として活動する前にモデルとして広告宣伝を行っていた[85]。彼女はセレブリティ・クリケット・リーグ英語版のブランド大使を務めている[86]。またラックスのブランド大使を務めており[87]南インドの小売・宝石店の広告活動を行っている[88][89]。カールティと共にブル・インスタント・コーヒーの広告塔を務めている[90]サムスン・モバイル英語版の宣伝や[91]シカンダラーバードに拠点を置くチェンナイ・ショッピング・モールの宣伝も行っている。2012年4月にパナソニックのブランド大使に就任した[92]。2013年にはダバール英語版のヘアオイルブランド「DaburAmlaNelli」のブランド大使の契約を結んだ[93]。また、インド有数のサロンブランド「グリーン・トレンド」の宣伝も行っている[94]

フィルモグラフィ編集

出典編集

  1. ^ a b Mauli Singh. “Kajal Agarwal: I am here to stay...”. Mid-Day. 2011年6月2日閲覧。
  2. ^ “In Conversation with Kajal”. Yo Vizag: 17. (April 2009). https://books.google.co.in/books?id=EZkQr_ij5nAC&pg=PT16&dq=kyun+ho+gaya+na&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjk3f3gkcbaAhVFq48KHdF1BlsQ6AEIMzAC#v=onepage&q=kyun%20ho%20gaya%20na&f=false. 
  3. ^ “Kajal Agarwal takes a break on her birthday”. Times of India. (2012年6月19日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/tamil/movies/news/Kajal-Aggarwal-takes-a-break-on-her-birthday/articleshow/14267750.cms 2012年8月31日閲覧。 
  4. ^ T.S. SUDHIR. “If You’re Willing, She’s Reddy”. OutlookIndia.com. 2011年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月18日閲覧。
  5. ^ Sunayana Suresh. “South’s top earning heroines”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-04-16/news-interviews/31345560_1_kannada-film-industry-indian-film-local-girl 2012年4月16日閲覧。 
  6. ^ Kajal: Most wanted”. Sify. 2019年3月12日閲覧。
  7. ^ Top Telugu actresses”. Rediff. 2009年12月29日閲覧。
  8. ^ Kajal breaks the jinx!”. Tamilkey.com (2012年11月19日). 2012年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月8日閲覧。
  9. ^ a b Singham declared big hit at box office”. Rediff.com (2011年8月1日). 2012年8月10日閲覧。
  10. ^ Special Chabbis and ABCD A Hit!. BollySpice (2013-02-13). Retrieved on 2013-07-13.
  11. ^ a b I don’t cross the border with my co-stars: Kajal Aggarwal - Times of India”. indiatimes.com. 2018年4月2日閲覧。
  12. ^ Kajal Agarwal's sister takes the plunge”. Rediff. 2010年11月11日閲覧。
  13. ^ a b Meet Ajay Devgn's love in Singh”. Rediff.com (2011年7月13日). 2012年8月10日閲覧。
  14. ^ Gaurav Malani (2011年7月11日). “Salman should do Magadheera remake: Kajal”. Articles.timesofindia.indiatimes.com. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-07-11/news-interviews/29760519_1_hindi-films-rohit-shetty-south-actress 2012年8月4日閲覧。 
  15. ^ “Ajay Devgn to romance South actress Kajal”. The Times of India. (2011年2月15日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-02-15/news-interviews/28545814_1_ajay-devgn-singam-romance 2011年2月15日閲覧。 
  16. ^ a b “Kajal to star with Ajay Devgn”. Times of India. (2011年2月13日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-02-13/news-interviews/28546105_1_kajal-agarwal-ajay-devgn-magadheera 2011年2月13日閲覧。 
  17. ^ “Kajal: Flying high”. Times of India. (2008年6月17日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2008-06-17/news-interviews/27767417_1_tamil-film-chandamama-telugu-films 2008年6月17日閲覧。 
  18. ^ Chennai Box Office (Oct 25 to 27, 2008)”. Sify. 2008年10月29日閲覧。
  19. ^ “Waiting for Lady Luck”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-02-21/news-interviews/28001798_1_lady-luck-lass-allu-arjun 2009年2月21日閲覧。 
  20. ^ 57th South Filmfare Awards Winners (Telugu)| Nominees | Other Details”. Andhraspider.com. 2012年8月10日閲覧。
  21. ^ South Scope Cine Awards Winners (Telugu) | Nominees | Other Details”. Andhraspider.com. 2012年10月13日閲覧。
  22. ^ Magadheera – a box office legend”. idlebrain. 2014年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月17日閲覧。
  23. ^ a b 'Magadheera' earns 175 successful days!”. Indiaglitz. 2010年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月21日閲覧。
  24. ^ Magadheera, 100 not out!”. Rediff. 2009年11月12日閲覧。
  25. ^ “Tolly's bigger than Bolly”. Times of India. (2009年12月19日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-12-19/news-interviews/28105702_1_film-industry-hindi-films-tollywood 2009年12月19日閲覧。 
  26. ^ Arya 2 is disappointing”. Rediff.com. 2009年11月27日閲覧。
  27. ^ Review-Ganesh- Just Ganesh’ Review: Just Ok”. 2019年3月13日閲覧。
  28. ^ “AN AVERAGE FARE”. Indian Express. http://www.indianexpress.com/news/an-average-fare/645827/4 2010年7月16日閲覧。 
  29. ^ Review”. Sify. 2013年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月14日閲覧。
  30. ^ 12.58 pm IST 16 May 2012 (2012年5月16日). “Karthi Sivakumar to romance Kajal Aggarwal again”. Bollywoodlife.com. 2012年8月10日閲覧。
  31. ^ Karthi hits T’wood big time”. Deccan Chronicle. 2011年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月12日閲覧。
  32. ^ “Review: Mr Perfect”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/movie-reviews/telugu/Mr-Perfect/moviereview/8072486.cms 2011年4月25日閲覧。 
  33. ^ Mr.Perfect – Movie Review”. TeluguCinema.Com (2011年4月22日). 2011年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月10日閲覧。
  34. ^ 59th Filmfare Awards South Nominees”. Business of Tollywood (2012年8月6日). 2012年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月10日閲覧。
  35. ^ "Kajal replaces Anushka"”. sify.com. 2018年4月2日閲覧。
  36. ^ "Ravi Teja and Kajal fly to Switzerland"”. indiatimes.com. 2018年4月2日閲覧。
  37. ^ Review: Veera is a tedious watch”. Rediff. 2011年5月20日閲覧。
  38. ^ "Ajay Devgn to romance South actress Kajal..."”. indiatimes.com. 2018年4月2日閲覧。
  39. ^ Nahta, Komal. “Singham Review”. Koimoi. http://www.koimoi.com/reviews/singham-review/ 2011年7月23日閲覧。 
  40. ^ Sampath's 'Rachcha' tensions with 'Dhada' failure”. ManaTelugu.in. 2013年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月10日閲覧。
  41. ^ Sarah Salvadore. “Kajal Aggarwal has no dates for marriage”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-01-19/news-interviews/30639703_1_lip-lock-mahesh-babu-hindi 2012年1月19日閲覧。 
  42. ^ Mahesh's Businessman Rewrites Boxoffice HISTORY”. greatandhra.com. 2012年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月19日閲覧。
  43. ^ Telugu Review: 'Businessman' a must watch for punchy dialogues, Mahesh's superb acting”. IBNLive. 2015年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月15日閲覧。
  44. ^ Malini Mannath. “'Maattrraan' (Tamil)”. The Indian Express. 2012年10月14日閲覧。
  45. ^ Tamil film 'Thuppakki' enters Rs100 crore club”. CNN-IBN. 2012年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月26日閲覧。
  46. ^ Kajal to pair opposite Ravi Teja”. The Times of India (2012年5月23日). 2012年6月5日閲覧。
  47. ^ Box office report”. 123telugu.com (1998年1月1日). 2013年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月8日閲覧。
  48. ^ Ram Charan-VV Vinayak film is for both the mass and class audiences”. IBNlive (2012年6月1日). 2012年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月10日閲覧。
  49. ^ Naayak n SVSC Reminding 1997 n 2000”. cinejosh.com. 2013年1月17日閲覧。
  50. ^ ‘Special 26’ Box Office Collection: Akshay Starrer Beats ‘Khiladi 786’, ‘Rowdy Rathore’ at Domestic BO”. ibtimes.com. 2013年3月7日閲覧。
  51. ^ “Baadshah Telugu movie review highlights”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-04-05/news-interviews/38306228_1_film-baadshah-ntr-fans-director-sreenu-vaitla 2013年4月5日閲覧。 
  52. ^ Box office report”. 123telugu.com. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月29日閲覧。
  53. ^ Reporter, IBTimes Staff. “'All in All Azhaguraja' Review Roundup: Joke is on Audiences”. ibtimes.co.in. 2018年4月2日閲覧。
  54. ^ Kajal in Ram Charan's Yevadu - Times of India”. indiatimes.com. 2018年4月2日閲覧。
  55. ^ Govindudu Andarivadele opens to positive reviews - Times of India ►”. indiatimes.com. 2018年4月2日閲覧。
  56. ^ Box Office Collection: Ram Charan's 'Govindudu Andarivadele' (GAV) Mints over ₹41 Crore”. archive.org (2014年11月3日). 2018年4月2日閲覧。
  57. ^ 'Temper' Review Round Up: Jr. NTR Gets Thumbs Up from Critics”. archive.org (2015年2月13日). 2018年4月2日閲覧。
  58. ^ 'Temper' Box Office Collection: Junior NTR Starrer Gross ₹66.75 Crore Worldwide”. International Business Times. 2015年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月2日閲覧。
  59. ^ Hemanth Kumar. “Temper Movie Review”. The Times of India. 2015年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月13日閲覧。
  60. ^ Review: Maari is uninspiring”. Rediff. 2015年7月20日閲覧。
  61. ^ Rob Cain. “Dhanush's 'Maari' Mints Him An $8 Million / 50 Crore Box Office Birthday Gift”. Forbes.com. 2015年7月28日閲覧。
  62. ^ 'Paayum Puli' Box Office Collection: Jayam Ravi's 'Thani Oruvan' Takes Toll on Vishal's Film Business”. International Business Times. 2015年9月8日閲覧。
  63. ^ Sardar Gabbar Singh movie review: Strictly for PK fans”. Deccan Chronicle. 2016年4月9日閲覧。
  64. ^ 'Sardar Gabbar Singh' box office collection: Pawan Kalyan starrer may not cross Rs. 100 crore mark”. International Business Times. 2016年4月20日閲覧。
  65. ^ Mahesh Babu takes full responsibility for Brahmotsavam flop”. The Hindu. 2016年5月28日閲覧。
  66. ^ Brahmotsavam: Stale story, weak treatment”. The Hindu. 2016年5月21日閲覧。
  67. ^ Review: Kavalai Vendam is a fun film”. rediff.com. 2018年4月2日閲覧。
  68. ^ Rana Daggubati teams up with Kajal Aggarwal for Teja film!”. dna (2016年4月18日). 2016年4月18日閲覧。
  69. ^ Rana, Kajal and Teja's movie starts shoot - Times of India”. indiatimes.com. 2018年4月2日閲覧。
  70. ^ "Kajal Aggarwal to join Ajith in Bulgaria!"”. sify.com. 2018年4月2日閲覧。
  71. ^ "Kajal Aggarwal now bags chiranjeevi’s 150th film"
  72. ^ Kajal Aggarwal teams up with Chiranjeevi”. The Times of india. 2016年7月30日閲覧。
  73. ^ "Amazing to work with Chiranjeevi: Kajal Aggarwal"
  74. ^ "Kajal Aggarwal to Shake a leg with Jr NTR!"
  75. ^ Kajal Aggarwal to pair up with Vijay for his 61st film”. indianexpress.com (2017年1月19日). 2018年4月2日閲覧。
  76. ^ Khaidi No 150 Movie Review, Box Office Collection, Story, Synopsis, Trailer, Cast & Crew - Times of India”. indiatimes.com. 2018年4月2日閲覧。
  77. ^ Khaidi No 150 Movie Review: A Party Time For All Chiranjeevi Fans!”. filmibeat.com (2017年1月11日). 2018年4月2日閲覧。
  78. ^ Most Desirable Woman 2016: Kajal Aggarwal - Times of India”. indiatimes.com. 2018年4月2日閲覧。
  79. ^ quintdaily (2017年8月23日). “Vivegam Tamil Movie Rating [4/5,Audience Review – QuintDaily]”. 2019年3月15日閲覧。
  80. ^ Mersal Box Office Collection: Vijay's movie makes Rs 210 crore worldwide”. www.businesstoday.in. 2018年4月2日閲覧。
  81. ^ MLA Telugu Movie Review {3/5}: Entertaining, ‘time-pass’ kind of a film to watch along with your family”. indiatimes.com. 2018年4月2日閲覧。
  82. ^ "Ravi Teja to romance Kajal Aggarwal"”. indiatimes.com. 2019年3月15日閲覧。
  83. ^ "Kajal Aggarwal-Ravi Teja set for hat trick!"
  84. ^ Kajal Aggarwal confirms signing Telugu remake of Vijay’s Theri starring Ravi Teja”. pinkvilla.com. 2019年3月15日閲覧。
  85. ^ Friday,10 August 2012 (2011年7月16日). “Kajal says, 'Life has planned films for her. '”. Morningcable.com. 2012年8月10日閲覧。
  86. ^ Bollywood News Kajal Aggarwal to be the face of CCL”. bollywood hungama. 2012年12月5日閲覧。
  87. ^ Kajal Agarwal as Lux Brand Ambassador”. Maastars.com. 2012年8月10日閲覧。
  88. ^ Sri Lakshmi Jewelery Ropes in Anoushka Shetty and Kajal Agarwal. | Brand Stop”. Brandstop.in. 2012年8月10日閲覧。
  89. ^ Actress Kajal Agarwal Stills at AVR Swarna Mahal Ad | Cinema Buzz”. Cinebuzz.in (2012年6月11日). 2012年8月10日閲覧。
  90. ^ Karthi and Kajal Agarwal for Bru”. 2011年12月1日閲覧。
  91. ^ Kajal Agarwal Ad for Samsung”. 2011年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月18日閲覧。
  92. ^ Panasonic plans to invest Rs600 cr on marketing”. The Hindu. 2019年3月18日閲覧。
  93. ^ “Dabur signs actor Kajal Agarwal as face of Amla in South India”. The Economic Times. (2013年3月11日). http://articles.economictimes.indiatimes.com/2013-03-11/news/37623985_1_dabur-amla-dabur-india-homegrown-fmcg 2013年3月11日閲覧。 
  94. ^ CavinKare's saloon chain signs Kajal Agarwal as brand ambassador”. Business Standard. 2013年7月1日閲覧。

外部リンク編集