メインメニューを開く

カーディガン伯爵: Earl of Cardigan)は、イングランド貴族伯爵位である。1661年4月20日にスタントン・ワイヴィルの初代ブルーデネル男爵トマス・ブルーデネル英語版が叙位されたことに始まり、彼の男系男子によって現在まで世襲されている。1868年以降はアイルズベリー侯爵位と保持者が同じになっており、2019年現在のカーディガン伯爵位保持者は第8代アイルズベリー侯爵マイケル・ブルーデネル=ブルース英語版である。カーディガン伯爵位を保持するようになった後のアイルズベリー侯爵家の法定推定相続人はカーディガン伯爵を儀礼称号として名乗る。

歴史編集

1611年6月29日にサー・トマス・ブルーデネル英語版は、準男爵カウンティ・オブ・ノーサンプトンにあるディーンの; of Deene in the County of Northampton。イングランド準男爵)の称号を与えられ、次いで1628年2月26日カウンティ・オブ・レスターにあるスタントン・ワイヴィルのブルーデネル男爵Baron Brudenell of Stanton Wyvill, in the County of Leicester。イングランド貴族)に叙された。イングランド内戦中、熱心な王党派だったため、ロンドン塔に投獄されたが、王政復古後の1661年4月20日にカーディガン伯爵に叙された[1][2]

初代伯が死去すると息子のロバート英語版が2代伯となった。2代伯の一人息子であるフランシスは父より先に没したため、伯位はその息子で2代伯の孫にあたるジョージが相続した[1]

 
初代モンタギュー公爵および第4代カーディガン伯爵ジョージ・モンタギュー

4代伯となったのは3代伯の息子のジョージである。彼は第2代モンタギュー公爵ジョン・モンタギューの娘であるメアリ・モンタギューと結婚し、第2代モンタギュー公爵の男子が全て夭逝したためモンタギューへ改姓して義父の遺産を相続した(モンタギュー公爵そのものはここで一度断絶した)。そして彼は1766年モンタギュー公爵およびMonthermer侯爵に、1786年カウンティ・オブ・ノーサンプトンにあるバウトンのモンタギュー男爵Baron Montagu of Boughton, in the County of Northampton。いずれもグレートブリテン貴族)に叙された[1][3]

 
第5代カーディガン伯爵および初代ディーンのブルーデネル男爵ジェイムズ・ブルーデネル英語版(1792年)

1790年に4代カーディガン伯すなわち初代モンタギュー公爵は死去したが、彼には女子しかいなかった。カーディガン伯爵とその従属称号は弟で1780年10月17日にカウンティ・オブ・ノーサンプトンにあるディーンのブルーデネル男爵Baron Brudenell of Deene, in the County of Northampton。グレートブリテン貴族)に叙されていたジェイムズ英語版が相続、モンタギュー公爵とその従属称号は断絶、バウトンのモンタギュー男爵は女系の孫に継承させるというspecial remainder(特別継承権)が付されていたため孫のヘンリー・モンタギュー=スコットが相続した[1][4]

5代伯は襲爵前に庶民院議員(はじめシャフツベリ選出、次いでヘイスティングス選出、その次にグレート・ベドウィン選出、最後にマールバラ選出)となっていたほか、ジョージ3世の下で王室出納長官Keeper of the Privy Purse)を務めるなどとして公職にあった。彼には男子がないまま死去したため、カーディガン伯爵は弟ロバート同名の息子が相続した。一方ディーンのブルーデネル男爵は断絶した[1]

6代伯はクリケット選手であり、1790年から1793年にかけてMajor cricketに知られているだけで8度出場したほか、世界最古のクリケットチームであるマリルボーン・クリケット・クラブMarylebone Cricket Club; MCC)の初期の選手の一人でもあった。また1797年から1802年までマールバラ選出庶民院議員を務めた。

 
第7代カーディガン伯爵ジェイムズ・ブルーデネル陸軍中将

6代伯が死去すると、その息子であるジェイムズが7代伯となった。彼は軍人で、クリミア戦争バラクラヴァの戦いにおいて軽騎兵旅団の突撃Charge of the Light Brigade)と呼ばれる突撃を指揮したことで知られる。また衣服のカーディガンの名称は彼が考案したことに由来する[5]

7代伯は1868年に子のないまま死去し、伯位ははとこの第2代アイルズベリー侯爵ジョージ・ブルーデネル=ブルース英語版によって相続された。彼は3代伯の末子であるトマス英語版の孫である。

トマスは1747年に母方の伯父である第4代エルギン伯爵チャールズ・ブルースから、カウンティ・オブ・ウィルトにあるトッテナムのブルース男爵Baron Bruce of Tottenham, in the County of Wilts; グレートブリテン貴族)を相続し、1776年アイルズベリー伯爵(グレートブリテン貴族)に叙され、また1766年には姓を母のものと組み合わせて「ブルーデネル=ブルース」へ改めていた。さらにトマスの子でジョージの父であるチャールズ英語版1821年アイルズベリー侯爵連合王国貴族)にも叙されており、ジョージは1856年に父からこれらの爵位を相続していた[6]

侯爵は伯爵よりも上位の称号であるため、以後カーディガン伯爵の称号は当主が称することはなくなった。また初代アイルズベリー侯爵は初代カーディガン伯爵の唯一残る子孫であったため、今後もこの二つの爵位が別人に相続される可能性はない。しかしながら、アイルズベリー侯爵位の法定推定相続人儀礼称号としてカーディガン伯爵は現在でも用いられる。

一覧編集

ブルーデネル準男爵(ディーンの) (1611年)編集

スタントン・ワイヴィルのブルーデネル男爵 (1628年)編集

カーディガン伯爵 (1661年)編集

モンタギュー公爵 第2期(1766年)編集

カーディガン伯爵(1661年)編集

ディーンのブルーデネル男爵 (1780年)編集

系図編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Cardigan, Earl of (E, 1661)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年9月26日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Thomas Brudenell, 1st Earl of Cardigan” (英語). thepeerage.com. 2019年5月5日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “George Montagu, 1st Duke of Montagu” (英語). thepeerage.com. 2019年9月27日閲覧。
  4. ^ Heraldic Media Limited. “Montagu, Duke of (GB, 1766 - 1790)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年9月26日閲覧。
  5. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 122.
  6. ^ Heraldic Media Limited. “Ailesbury, Marquess of (UK, 1821)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年9月26日閲覧。

参考文献編集

  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478