メインメニューを開く

カート・ペレグリーノKurt Pellegrino1979年5月7日 - )は、アメリカ合衆国の元男性総合格闘家イタリア系アメリカ人ニュージャージー州ポイントプレザント出身。ペレグリーノMMA主宰。元WEC世界ライト級王者。カート・ペリグリーノとも表記される。

カート・ペレグリーノ
KurtPellegrino.png
基本情報
本名 カート・ジョセフ・ペレグリーノ
(Kurt Joseph Pellegrino)
通称 バットマン (Batman)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1979-05-07) 1979年5月7日(40歳)
出身地 ニュージャージー州ポイントプレザント
所属 ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー
→ペレグリーノMMA
身長 173cm
体重 70kg
リーチ 182cm
階級 ライト級
バックボーン レスリングブラジリアン柔術
テンプレートを表示

目次

来歴編集

学生時代はレスリングでニュージャージー州王者に2度なった。

2002年8月31日、プロデビュー戦となったWEC世界ライト級王座決定戦でマック・ダンジグと再戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

2004年7月25日、初参戦となったパンクラスのパンクラス対チーム・グレイシー3対3対抗戦の中堅戦で北岡悟と対戦し、フロントチョークで一本負け。

UFC編集

2006年7月8日、UFC初参戦となったUFC 61でドリュー・フィケットと対戦し、チョークスリーパーで一本負け。

2008年4月2日、UFC Fight Night: Florian vs. Lauzonネイサン・ディアスと対戦し、三角絞めで一本負け。9月6日、UFC 88チアゴ・タバレスと対戦し、判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年2月7日、UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephensロバート・エマーソンに一本勝ち。8月8日にはUFC 101ジョシュ・ニアーに判定勝ち[2]

2010年3月27日、UFC 111でファブリシオ・カモエスと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち[3]。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2010年7月3日、UFC 116ジョージ・ソテロポロスと対戦し、0-3の判定負けを喫した[4]

2011年3月19日、UFC 128グレイゾン・チバウと対戦し、1-2の判定負け。

2011年11月26日、Bellator 59でパトリッキー・フレイレと対戦し、TKO負け。試合後に引退を発表した[5]

戦績編集

プロ総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
23 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 2 10 4 0 0 0
7 1 3 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× パトリッキー・フレイレ 1R 0:50 TKO(右ストレート→パウンド) Bellator 59 2011年11月26日
× グレイゾン・チバウ 5分3R終了 判定1-2 UFC 128: Shogun vs. Jones 2011年3月19日
× ジョージ・ソテロポロス 5分3R終了 判定0-3 UFC 116: Lesnar vs. Carwin 2010年7月3日
ファブリシオ・カモエス 2R 4:20 チョークスリーパー UFC 111: St-Pierre vs. Hardy 2010年3月27日
ジョシュ・ニアー 5分3R終了 判定3-0 UFC 101: Declaration 2009年8月8日
ロバート・エマーソン 2R 3:14 チョークスリーパー UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephens 2009年2月7日
チアゴ・タバレス 5分3R終了 判定3-0 UFC 88: Breakthrough 2008年9月6日
× ネイサン・ディアス 2R 3:06 三角絞め UFC Fight Night: Florian vs. Lauzon 2008年4月2日
アルバート・クレイン 2R 1:55 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Swick vs. Burkman 2008年1月23日
× ジョー・スティーブンソン 5分3R終了 判定0-3 UFC 74: Respect 2007年8月25日
ネイト・モーア 1R 2:58 アキレス腱固め UFC Fight Night: Stevenson vs. Guillard 2007年4月5日
ジュニオール・アスンソン 1R 2:04 チョークスリーパー UFC 64: Unstoppable 2006年10月14日
ジェス・チルトン 1R 3:35 フロントチョーク Absolute Fighting Championships 18 2006年8月26日
× ドリュー・フィケット 3R 1:20 チョークスリーパー UFC 61: Bitter Rivals 2006年7月8日
ヴァジム・クルチスキー 1R フロントチョーク Reality Fighting 11 2006年2月11日
大久保一樹 1R 0:38 TKO(パウンド) Euphoria: USA vs. Japan 2005年11月5日
スティーブ・キニスン チョークスリーパー Freestyle Combat Challenge 20 2005年9月24日
セルゲイ・ゴリアエフ 1R 3:24 ギブアップ Euphoria: USA vs. Russia 2005年5月14日
ジェイ・R・パーマー 1R 3:16 チョークスリーパー Ring of Combat 7
【ROC165ポンド級王座決定戦】
2004年11月20日
× 北岡悟 2R 0:34 フロントチョーク PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年7月25日
ムーシン・コーブリー 5分3R終了 判定3-0 Reality Fighting 6
【RFライト級王座決定戦】
2004年4月3日
ジェイ・アイシップ 1R 3:38 腕ひしぎ十字固め Reality Fighting 5 2003年11月1日
マック・ダンジグ 5分3R終了 判定3-0 WEC 4: Rumble Under the Sun
【WEC世界ライト級王座決定戦】
2002年8月31日

アマチュア総合格闘技編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
マック・ダンジグ 1R 5:06 TKO(ドクターストップ) Mass Destruction 2 2001年6月23日

獲得タイトル編集

  • 初代WEC世界ライト級王座(2002年)
  • Reality Fightingライト級王座(2004年)
  • 初代ROC165ポンド級王座(2004年)

表彰編集

  • ブラジリアン柔術 黒帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(2回)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
王座新設
初代WEC世界ライト級王者

2002年8月31日 - 返上

空位
次タイトル獲得者
ギルバート・メレンデス