カーボベルデ人民革命軍(カーボベルデじんみんかくめいぐん)は、カーボベルデの軍隊である。

概要編集

参謀本部、国家警備隊(陸軍)、沿岸警備隊から構成されている。過去にはAn-26を運用する独立した航空隊が存在したが、2020年現在は航空部隊は沿岸警備隊に含まれている。

総兵力は1200名。

重装備はほとんど保有せず、憲兵隊沿岸警備隊を中心とした編成となっている。国内の治安維持と領海の警備が主な任務となっている。麻薬問題などでは、カーボベルデ警察と共同作戦を行なう事もある。

データ編集

  • 軍事予算 - 810万ドル(2007年)
  • 兵役 - 選抜徴兵制

歴史編集

組織・編制編集

国家警備隊(Guarda National)編集

編成は以下の通り。

地域コマンド(軍管区)編集

第1~第3まで、3管区に分割されている。

任務部隊編集

  • 憲兵隊
  • 海兵隊
  • 砲兵隊

装備編集

沿岸警備隊編集

艦艇編集

航空装備編集

保有機体は以下の通り。

不祥事編集

2016年4月25日、サントドミンゴ市のモンテチョタ駐屯地において、兵士による自動小銃乱射事件が発生。兵士8人と民間人3人(スペイン人2人を含む)が死亡した。発砲した兵士はAK-47で武装したまま逃走したが、軍と警察の共同捜査によって2日後に首都のプライアで逮捕された。

ジョルジェ・カルロス・フォンセカ大統領は、事件は政治的な背景によるものではなく、個人的な怨恨によるものと発表した。

関連項目編集

参考文献編集

  • International Institute for Strategic Studies(IISS),The Military Balance 2008

脚注編集