メインメニューを開く

カーリー・スー』(原題: Curly Sue)は1991年公開のアメリカ映画ジョン・ヒューズの映画監督としての遺作である。

カーリー・スー
Curly Sue
監督 ジョン・ヒューズ[1][2][3]
脚本 ジョン・ヒューズ[1][2][3]
製作 ジョン・ヒューズ[1][2][3]
製作総指揮 ターキン・ゴッチ[1][2][3]
出演者 ジェームズ・ベルーシ
ケリー・リンチ
アリサン・ポーター
音楽 ジョルジュ・ドルリュー[2][3]
撮影 ジェフリー・L・キンボール[2][3]
編集 ペック・プライアー[3]
ハーヴェイ・ローゼン[3]
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年10月25日
日本の旗 1991年12月14日[3]
上映時間 102分[1][2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[2][3]
言語 英語
製作費 2500万ドル[4]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ホームレスで孤児の9歳の少女カーリー・スーとその「保護者」のビル・ダンサー。2人は各地で当たり屋を行い生計たてており、冬のシカゴへやってきた。今回のターゲットはエリート弁護士のグレイ・アリソン。いつものようにグレイを詐欺にハメ、グレイに夕食をごちそうになった。そして数日後、ビルは本当に交通事故に遭ってしまう。そして事故の相手がグレイだったのである。グレイは気を失ったビルを自分の家に運びしばらくスーも含め一緒に住むことになった。このような異様な状態だがグレイはいつしかスーの可愛らしさに惹かれていく。しかしそれをよく思わないグレイの恋人ウォーカーはビルがスーを虐待していると警察に通報。ビルは逮捕されスーは施設に引き取られた。だがグレイはこれを機に2人が自分にとって大切な存在であることに気づきビルを釈放させスーを自分の子供として引き取ることにした。スーはビルと離れ離れになってしまうのではと心配したが一緒に住むことがわかり、スーは学校に通学するようになった。

キャスト編集

DVD編集

ワーナー・ホーム・ビデオより2003年8月8日リリース[1]

出典編集

外部リンク編集