メインメニューを開く

アーサー・カールトン・キューズArthur Carlton Cuse[1][2], 1959年3月22日 - )は、アメリカ合衆国の脚本家、プロデューサーである。アメリカ合衆国のテレビシリーズ『LOST』のプロデューサーの1人として知られ、2010年には『タイム』誌の「世界で最も影響力がある100人」に選ばれた[3]。またトランスメディア・ストーリーテリング英語版の先駆者として知られる[4]

カールトン・キューズ
Carlton Cuse
Carlton Cuse
2010年
本名 Arthur Carlton Cuse
生年月日 (1959-03-22) 1959年3月22日(60歳)
出生地 メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 エグゼクティブ・プロデューサー
脚本家
テンプレートを表示

生い立ち編集

メキシコのメキシコシティで生まれる。両親はアメリカ人であったが、工作機械製造事業を行っていた祖父がいるメキシコで働いていた[5][6][7]。父方の祖父母はラトビア系である[8][9]。数年メキシコで過ごした後、両親と共にボストンへ移った。さらにその数年後にはカリフォルニア州へ移った。ローマ・カトリック教徒として育てられた[10]

大学時代編集

大学はハーバード大学へ通い、ボート部に入った。当初は医学部へ通うつもりであったが、アメリカ史に変更した[11]

大学時代にパラマウント映画の『フライングハイ』のテストスクリーニングに参加し、映画業界への興味を抱いた[12]

同級生のハンス・トビーソン英語版と組んでドキュメンタリー『Power Ten』を製作した[13]

キャリア編集

1984年にバーナード・シュワルツのアシスタントプロデューサーとなり、ジェシカ・ラング監督の『ジェシカ・ラングの スウィート・ドリーム英語版』に参加した[14]

1986年、友人のデヴィッド・J・バーク英語版の紹介によりマイケル・マン製作総指揮のテレビシリーズ『クライム・ストーリー』の脚本家として雇われる[15]

脚本家のジェフリー・ボームとパートナーシップを形成し、彼が『リーサル・ウェポン2/炎の約束』、『リーサル・ウェポン3』、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』に参加した際に助けた[16]

1994年から1995年に企画したテレビシリーズ『ブリスコ・カウンティJr./秘球の伝説英語版』が放送された[17]

『ブリスコ』の後にキューズはドン・ジョンソンと会い、『刑事ナッシュ・ブリッジス』を企画した。1996年から2001年までCBSで6シーズン、全121話が放送された[18]。同じくCBSで1998年から2000年には、アーセニオ・ホールサモ・ハン・キンポーが出演するシリーズ『L.A.大捜査線 マーシャル・ロー』の企画・製作総指揮を務めた。

『LOST』(2004年 - 2010年)編集

ABCのテレビシリーズ『LOST』ではデイモン・リンデロフと共にエグゼクティブ・プロデューサーショーランナーを務めた。彼らは『刑事ナッシュ・ブリッジス』の第6シーズンで出会い、キューズはその当初はリンデロフを脚本家として雇った。数年後、リンデロフはJ・J・エイブラムスと共に『LOST』のパイロット版を執筆した。『LOST』のパイロット版の撮影が終了した直後、エイブラムスは『ミッション:インポッシブル3』のために番組を降板した。リンデロフはショーランナーの経験がなく、キューズにアドバイスを求め、番組に招いた[19]

『LOST』では以下のエピソードの脚本を執筆した。

ベイツ・モーテル編集

2013年から2017年までは『ベイツ・モーテル』のショーランナー、制作総指揮、脚本を担当している。

ストレイン 沈黙のエクリプス編集

2014年から2017年までは『ストレイン 沈黙のエクリプス』の複数話の脚本と監督を務めている。

ジャック・ライアン編集

2018年からはAmazonビデオのドラマシリーズ『ジャック・ライアン』のショーランナー、製作総指揮、脚本を務めている。

  • 第1シーズン第1,2,3,4,8話をグラハム・ローランドと共同脚本

参考文献編集

  1. ^ [1]
  2. ^ http://www.thecrimson.com/article/2006/6/5/carlton-cuse-a-carlton-cuse-81/
  3. ^ The 2010 TIME 100 Time Magazine
  4. ^ Fox TV joins US networks to block Google TV By Maggie Shiels (2010). BBC.
  5. ^ Interview with Carlton Cuse By Gregg Sutter (2010).
  6. ^ [2]
  7. ^ http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F40E1EF63C5C177B93C0A9178ED85F408585F9
  8. ^ http://www.vilcek.org/images/content/1/0/1008085.pdf
  9. ^ [3]
  10. ^ I"LOST" AND FOUND By Tony Rossi (2008).
  11. ^ Carlton Cuse By Reed B. Rayman, The Harvard Crimson (6/5/2006).
  12. ^ 15 Questions with A. Carlton Cuse ’81 By TOBIAS S. STEIN and LOGAN R. URY. The Harvard Crimson, 3/4/2010.
  13. ^ Power Ten - A common rowing term for ten hard strokes used to make a move on another boat.]
  14. ^ Interview with Carlton Cuse By Gregg Sutter (2010).
  15. ^ Carlton Cuse - Internet Movie Database
  16. ^ Produced By - 2009 Conference Carlton Cuse Biography
  17. ^ Interview with Carlton Cuse By Gregg Sutter (2010).
  18. ^ The long 'Lost' interview with Lindelof and Cuse, Part 2: The Squeakquel The Chicago Tribune, January 24, 2010
  19. ^ 'Lost' soul mates By Bill Keveney, USA TODAY 10/4/2006.

外部リンク編集