カール・アントン・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン (1868-1919)

カール・アントン・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン(Karl Anton von Hohenzollern-Sigmaringen, 1868年9月1日 - 1919年2月21日)は、ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯家英語版の公子。全名はカール・アントン・フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルートヴィヒKarl Anton Friedrich Wilhelm Ludwig)。ホーエンツォレルン侯レオポルトの三男。

カール・アントン・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン
Karl Anton von Hohenzollern-Sigmaringen
KarlAntonHohenz.jpg

出生 (1868-09-01) 1868年9月1日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国ジグマリンゲン
死去 (1919-02-21) 1919年2月21日(50歳没)
ドイツの旗 ドイツ国プロイセン自由州ライン州マイエン郡ナメディ
配偶者 ジョゼフィーヌ・ド・ベルジック
子女 シュテファニー
マリー=アントニエッテ
アルブレヒト
ヘンリエッテ
家名 ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン家
父親 ホーエンツォレルン侯レオポルト
母親 アントニア・マリア・フォン・ポルトゥガル
テンプレートを表示

生涯編集

1868年9月1日、ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯世子であったレオポルトと、その妻でポルトガル女王マリア2世の王女であったアントニアの間に第三子として、プロイセン王国ホーエンツォレルン州(現ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州ジグマリンゲン郡)のジグマリンゲンで生まれた。兄にホーエンツォレルン侯を嗣いだヴィルヘルムルーマニア王となったフェルディナントがいる。

1919年2月21日ドイツ国プロイセン自由州ライン州マイエン郡ナメディ(Namedy、現ドイツ連邦共和国ラインラント=プファルツ州マイエン=コブレンツ郡アンダーナハ)で死去した。

子女編集

カール・アントンは、1894年5月28日ブリュッセルフランドル伯フィリップの娘で母方の従妹にあたるジョゼフィーヌと結婚した。二人の間には以下の一男三女が生まれた。