カール・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=テシェン

カール・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=テシェンKarl Ferdinand von Österreich-Teschen, 1818年7月29日 - 1874年11月20日)は、オーストリアの皇族。

カール・フェルディナント
Karl Ferdinand
ハプスブルク=テシェン家
Archduke Karl Ferdinand of Austria.jpg

称号 オーストリア大公
出生 (1818-07-29) 1818年7月29日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
死去 (1874-11-20) 1874年11月20日(56歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国モラヴィア、ジドロホヴィツェ、ジドロホヴィツェ宮殿
埋葬 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーンカプツィーナー納骨堂
配偶者 エリーザベト・フランツィスカ
子女
父親 カール
母親 ヘンリエッテ・アレクサンドリーネ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

テシェン公カールや兄アルブレヒト大公と同様に軍人として活躍した。

生涯編集

 
カール・フェルディナント大公(右)と兄アルブレヒト大公

1818年、オーストリア皇帝フランツ1世の弟テシェン公カールとその妻ヘンリエッテ・アレクサンドリーネの次男として生まれた。 「アスペルンの英雄」カール大公の息子であるカール・フェルディナントは、ブルノの歩兵第57連隊から軍歴が始まった。その後、イタリアで旅団の指揮を執り、1848年にプラハで反乱軍と戦った。1859年にモラヴィアシレジアの将軍となり、1860年にブルノに戻った。

1854年4月18日、ウィーンで同族の従妹であるエリーザベト・フランツィスカと結婚した。ハンガリー宮中伯英語版ヨーゼフ・アントン大公の娘であるエリーザベト・フランツィスカはモデナ公子フェルディナント・カールの未亡人で、前夫との間に後にバイエルン王妃となったマリア・テレジアを儲けていた。

2人の間には6人の子供が生まれた。