メインメニューを開く

カール・フリードリヒ (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公)

幼少期のカール・フリードリヒ

カール・フレデリクまたはカール・フリードリヒデンマーク語:Karl Frederik;ドイツ語:Karl Friedrich, 1700年4月30日ストックホルム - 1739年6月18日ロールフスハーゲンドイツ)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公(在位:1702年 - 1739年)。フレデリク4世(フリードリヒ4世)と、その妻でスウェーデンカール11世の娘であるヘドヴィグ・ソフィアの一人息子。デンマークノルウェーフレデリク1世の三男アドルフに始まるホルシュタイン=ゴットルプ家の当主で、ロシア皇帝ピョートル3世の父。スウェーデン王アドルフ・フレドリクは従弟に当たる。

生涯編集

カール・フリードリヒは2歳で父親を亡くし、その公爵位を引き継いだ。幼い公爵は摂政となった母と一緒にストックホルムに住み、公国の統治は叔父のクリスティアン・アウグストに任された。当時は大北方戦争の最中で、当初は1700年に結ばれたトラヴェンタール条約によって領国の安全は保証されていたが、スウェーデンがロシアに敗れた1709年以降、デンマークは反スウェーデン同盟に復帰し、デンマーク軍はカール・フリードリヒの領国を侵略してその北部地域を征服した。この時、ホルシュタイン=ゴットルプ公爵の代々の居城であるゴットルプ城も奪われた。

1718年に母方の叔父であるスウェーデン王カール12世が死ぬと、その最近親の男子であるカール・フリードリヒはスウェーデン王位の相続人に推された。しかし対抗馬だった叔母のウルリカ・エレオノーラが王位についたため、カール・フリードリヒはスウェーデンを出国することを余儀なくされ、その後ロシア帝国に移住した。その後もスウェーデンにおけるカール・フリードリヒ支持者であるホルシュタイン派は、カール・フリードリヒを王位に就けるための運動を進めていた。ホルシュタイン派は子供のないウルリカ・エレオノーラ女王の死後を待ってカール・フリードリヒを国王にしようと画策していたが、カール・フリードリヒは叔母よりも早く亡くなったため、その構想は実現しなかった。

1720年、スウェーデンとデンマーク=ノルウェーフレデリクスボー条約を締結し、スウェーデンはホルシュタイン=ゴットルプ公国に対する支援を打ち切ることを誓約した。カール・フリードリヒがこの和約に反対すると、スウェーデン政府はカール・フリードリヒが自分のスウェーデン王位継承権を持ちだして反逆的な態度をとっていると見なすようになった。この条約締結により、公爵が領国の北部地域に相当するシュレースヴィヒを回復することは事実上不可能になった。1762年、カール・フリードリヒの息子ピョートル3世はロシア皇帝に即位すると、父が失ったシュレースヴィヒを回復するためロシア軍を動員してデンマークとの戦争の準備をしているが、妻で女帝エカチェリーナ2世クーデターで廃位され実現しなかった。

1725年5月21日、ロシア皇帝ピョートル1世とその妻の女帝エカチェリーナ1世の娘アンナ・ペトロヴナと結婚した。夫妻は間に息子を1人もうけた。

  • カール・ペーター・ウルリヒ(1728年 - 1762年) - ロシア皇帝ピョートル3世

サンクトペテルブルク宮廷の近衛隊長及び最高枢密院議員を務めていたカール・フリードリヒは、1727年に姑のエカチェリーナ1世が死ぬと、妻のアンナを後継のロシア女帝に即位させようと画策したが、実現しなかった。この計画は失敗したものの、夫妻の一人息子が1762年にピョートル3世としてロシアの帝位を継ぐことになる。

1739年、ザクセン地方の小村ロールフスハーゲンで亡くなった。

先代:
フレデリク4世
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
1702年 - 1739年
次代:
カール・ペーター・ウルリヒ