カール・ミヒャエル・コンマ

カール・ミヒャエル・コンマ(Karl Michael Komma、1913年12月24日 - 2012年9月23日)は、ドイツ作曲家

ズデーテン地方アシュ出身。プラハのドイツアカデミーでジョージ・セルらに師事したのち、1934年からハイデルベルク音楽学を学び、1936年に18世紀の作曲家ヤン・ツァハの研究で博士号を得た。その間作曲ヴォルフガング・フォルトナーに師事し、1938年にズデーテン地方がドイツに併合されると祝典合唱曲を作曲した。1940年から1945年にかけてライヒェンベルク(現在のリベレツ)の音楽学校の校長を務めた。

戦後は1954年から1989年までシュトゥットガルト音楽演劇大学音楽史・作曲・和声の教授を務めた。

作品編集

管弦楽編集

  • ピアノ協奏曲第1番(1957)
  • ピアノ協奏曲第1番(1982)
  • トリスタンの嘆き
  • イングリッシュホルンとオーケストラのためのエレジーとスケルツォ(1999)
  • 大いなる平和の舞曲~明仁天皇と美智子皇后のために(1993)
  • 皇太子御成婚慶祝曲~徳仁皇太子と皇太子妃雅子のために(1994)

声楽曲編集

  • 詩篇カンタータ
  • 無伴奏合唱のためのマタイ受難曲
  • 無伴奏合唱のためのヘンデルへのオマージュ