カール・ラール(Carl Rahl、または Karl Rahl、1812年8月13日 - 1865年7月9日)は、オーストリアの画家。装飾画、歴史画、肖像画を描いた。

カール・ラール
Karl Rahl - Maler.jpg
原語名Carl Rahl
生誕1812年8月13日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ウィーン
死没 (1865-07-09) 1865年7月9日(52歳没)
墓地ウィーン中央墓地
著名な実績装飾画、歴史画、肖像画

略歴編集

ウィーンで生まれた。父親のカール・ハインリヒ・ラールドイツ語版は版画家である。ウィーン美術アカデミーで学び、19歳のとき、アカデミーの留学奨学金のついた賞を受賞し、ミュンヘンシュツットガルトハンガリーを旅し、1836年にイタリアを訪れた。イタリアに1843年まで滞在し、ヴェネチアローマの画家たちに学んだ。

1850年にウィーン美術アカデミーの教授に任じられるが、すぐに解任された。私塾を開き、人気を集め多くの画家がラールから学んだ。ラールから学んだ画家には、タン・モールアントン・ロマコセーケイ・ベルタランらがいる。弟子のエドゥアルト・ビッターリヒドイツ語版アウグスト・アイゼンメンゲルドイツ語版と、聖三位一体ギリシャ正教会ドイツ語版トデスコ宮殿ドイツ語版などの建物の装飾画の仕事もした。

作品編集

カール・ラールに学んだ画家編集

参考文献編集

  • "Rahl". Meyers Konversations-Lexikon (in German). 13 (4th ed.). 1890. p. 556.