メインメニューを開く
カール2世

カール2世(Karl II., 1651年3月31日 - 1685年5月26日)は、プファルツ選帝侯(在位:1680年 - 1685年)。カール1世ルートヴィヒヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム5世の娘シャルロッテの間の長男。イギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ1世は従弟に当たる。妃はデンマークノルウェーフレデリク3世の娘ヴィルヘルミーネ・アーネスティーネ

父の死後選帝侯位を継いだが、わずか5年で死去した。嫡子がなかったためプファルツ=ジンメルン家の直系は絶え、その死後に選帝侯位は遠縁のプファルツ=ノイブルク公フィリップ・ヴィルヘルムが継承した。しかし、ルイ14世はカール2世の妹エリーザベト・シャルロッテがルイ14世の弟オルレアン公フィリップ1世と結婚していたことから弟の権利を主張し、プファルツ継承戦争が勃発した。

先代:
カール1世ルートヴィヒ
プファルツ選帝侯
1680年 - 1685年
次代:
フィリップ・ヴィルヘルム