メインメニューを開く

カール (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公)

カール・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルクドイツ語: Karl von Schleswig-Holstein-Sonderburg-Glücksburg, 1813年9月30日 - 1878年10月24日)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公(在位:1831年 - 1878年)。デンマーク語名はカール・ア・スレースヴィ・ホルステン=セナーボー=グリュクスボーCarl af Slesvig-Holsten-Sønderborg-Glücksborg)。デンマーク王クリスチャン9世の長兄にあたる。

カール
Karl
1813 Carl von Glucksburg.jpg
グリュックスブルク公カール
グリュックスブルク公
配偶者 ヴィルヘルミーネ・フォン・デーネマルク
家名 グリュックスブルク家
父親 フリードリヒ・ヴィルヘルム
母親 ルイーゼ・カロリーネ
出生 (1813-09-30) 1813年9月30日
デンマークの旗 デンマーク王国
シュレースヴィヒ公国シュレースヴィヒ、ゴットルフ城
死亡 (1878-10-24) 1878年10月24日(65歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国、ルイーゼンルント
宗教 キリスト教ルーテル教会
テンプレートを表示

生涯編集

グリュックスブルク公フリードリヒ・ヴィルヘルムとその妻のヘッセン=カッセル公女ルイーゼ・カロリーネの長男としてゴットルフ城英語版で生まれる。

1831年にフレゼリク6世からオレンボー歩兵連隊の大尉に任じられ、その3週間後の父の死に伴ってシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公爵位を相続した。

1838年5月19日、コペンハーゲンアマリエンボー宮殿で従姉のデンマーク王女ヴィルヘルミーネ・マリーエ(フレゼリク6世の六女)と結婚した。ヴィルヘルミーネ・マリーエは再従兄のフレゼリク王子(後のデンマーク王フレゼリク7世)と離婚しており、カールとは再婚であった。

第一次シュレースヴィヒ戦争英語版の際、カールはドイツ連邦側に与したため、デンマーク王室との関係が悪化した。戦争勃発時はキールに居住していたが、すぐにドレスデンに移った。1852年にデンマーク王室と和解した後はデンマークに戻り、夏はルイーゼンルント英語版、冬はグリュックスブルク城英語版に居住した。

ヴィルヘルミーネとの間に子供はなく、1878年にルイーゼンルントで死去した。死後は次弟のフリードリヒが後を継いだ。

脚注編集