ガイウス・アウレリウス・コッタ (紀元前252年の執政官)

ガイウス・アウレリウス・コッタ(Gaius Aurelius Cotta)は共和政ローマプレブス(平民)出身の政治家・軍人。紀元前252年紀元前248年執政官(コンスル)を務め、第一次ポエニ戦争で軍の指揮を執った。紀元前241年には監察官(ケンソル)に就任している。

ガイウス・アウレリウス・コッタ
C. Aurelius L.f. C.n. Cotta
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 アウレリウス氏族
官職 執政官(紀元前252年、紀元前248年)
監察官(紀元前241年)
テンプレートを表示

経歴編集

ガイウス・アウレリウス・コッタはプレブスであるアウレリウス氏族の出身であり、カピトリヌスのファスティよると、父のプラエノーメン(第一名、個人名)はルキウス、祖父はガイウスである[1]

コッタに関する最初の記録は、紀元前252年に執政官に就任した時点である。同僚執政官はパトリキのプブリウス・セルウィリウス・ゲミヌスであった[2]。この頃は第一次ポエニ戦争の最中であり、両執政官は共同して海軍の作戦の指揮を執ることとなった。コッタは軍を率いてシケリア(シチリア)での作戦に従事した。コッタはシケリア北岸のカルタゴ最後の拠点であったテルマエ・ヒメレンシスを占領し[3]、続いてエオリア諸島リーパリに上陸、これを包囲した。その直後にコッタは、鳥占いのためにメッセナ(現在のメッシーナ)戻る必要ができ、軍を親戚のトリブヌス・ミリトゥム(高級士官)であるプブリウス・アウレリウス・ペクニオラに委ねてリーパリを離れた。しかし、コッタの留守中にローマ軍野営地は焼き討ちにあい、ローマ軍全体が捕虜となる寸前となってしまった。コッタはペクニオラを鞭打ち刑に処し、さらに一兵士に降格させた[4][5]。その後すぐにリーパリは陥落した。その年のうちにコッタはローマに帰還し、凱旋式を実施した[6]

紀元前248年に二度目の執政官に就任。今回の同僚執政官も前回と同じゲミヌスであった[7]。また翌年の執政官の一人はルキウス・カエキリウス・メテッルスであった。E. Badianはアウレリウス氏族、セルウィリウス氏族、カエキリウス・メテッルス家の強い結びつきを示唆している。この関係は紀元前2世紀の終わりまで継続した[8]

第一次ポエニ戦争は続いており、両執政官はシケリアでの作戦を実施したが、大きな成果は得られなかった。両国共に長引く戦争に疲弊しており、軍事行動も緩慢になっていた。カルタゴはリリュバイウム(現在のマルサーラ)とドレパナ(現在のトラパーニ)から動かず、コッタもゲミヌスもこれを攻略できなかった[9]

紀元前241年、コッタは監察官(ケンソル)に就任。位は執政官の方が上であるが、当時の慣習で監察官に就任できるのは執政官経験者であったため、実質的にはこれがコッタの最高職となった。同僚監察官はパトリキ出身のマルクス・ファビウス・ブテオであった[10]センサス(人口調査)では、ローマの人口(市民権を有する成人男子のみ)は、260,000[11]または250,000[12]とされている。

コッタに関する最後の記録は紀元前231年のものである。この年に独裁官(ディクタトル)ガイウス・ドゥイリウスマギステル・エクィトゥム(副官)に就任しているが、戦争のためではなく選挙の管理のためであった[9][13]

E. Badianによると、コッタには二人の息子があったと推定している。紀元前216年のレガトゥスであったガイウス・アウレリウス・コッタ、同年の按察官(アエディリス)を務めたマルクス・アウレリウス・コッタである。紀元前200年の執政官ガイウス・アウレリウス・コッタは孫にあたる[14]

脚注編集

  1. ^ カピトリヌスのファスティ
  2. ^ Broughton R., 1951 , p. 212.
  3. ^ Rodionov E., 2005, p. 112.
  4. ^ ウァレリウス・マクシムス、II, 4, 7.
  5. ^ フロンティヌス、IV, 1, 31.
  6. ^ Clebs E. "Aurelius" 94, 1896 , s. 2481.
  7. ^ Broughton R., 1951, p. 215.
  8. ^ Bédian E., 2010 , p. 167-168.
  9. ^ a b Clebs E. "Aurelius" 94, 1896, s. 2482.
  10. ^ Broughton R., 1951, p. 219.
  11. ^ エウセビオス『年代記』、Arm. sub Ol.134.3
  12. ^ ヒエロニムス『年代記』、sub Ol.134.1
  13. ^ Broughton R., 1951 , p. 226.
  14. ^ Bédian E., 2010 , p. 169.

参考資料編集

古代の資料編集

研究書編集

  • Bédian E. Cepion and Norban (notes on the decade of 100-90 BC) // Studia Historica. - 2010. - number X . - P. 162-207 .
  • Egorov A. Julius Caesar. Political biography. - St. Petersburg. : Nestor-History, 2014. - 548 p. - ISBN 978-5-4469-0389-4 .
  • Rodionov E. Punic Wars. - St. Petersburg. : SPbGU, 2005. - 626 p. - ISBN 5-288-03650-0 .
  • Broughton R. Magistrates of the Roman Republic. - New York, 1951. - Vol. I. - P. 600.
  • Clebs E. Aurelius 94 // RE. - 1896. - T. II, 2 . - С. 2481-2482 .

関連項目編集

公職
先代:
グナエウス・セルウィリウス・カエピオ I
ガイウス・センプロニウス・ブラエスス
執政官
同僚:プブリウス・セルウィリウス・ゲミヌス
紀元前252年
次代:
ルキウス・カエキリウス・メテッルス
ガイウス・フリウス・パキルス
先代:
プブリウス・クラウディウス・プルケル
ルキウス・ユニウス・プッルス
執政官
同僚:プブリウス・セルウィリウス・ゲミヌス II
紀元前248年
次代:
ルキウス・カエキリウス・メテッルス II
マルクス・ファビウス・ブテオ
先代:
アウルス・マンリウス・トルクァトゥス・アッティクス
アウルス・アティリウス・カラティヌス
紀元前247年
監察官
同僚:マルクス・ファビウス・ブテオ
紀元前241年
次代:
ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス
クィントゥス・ルタティウス・ケルコ
紀元前236年