ガイウス・カルプルニウス・ピソ (紀元前180年の執政官)

ガイウス・カルプルニウス・ピソ(Gaius Calpurnius Piso、- 紀元前180年)は、紀元前2世紀初頭の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前180年執政官(コンスル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
ガイウス・カルプルニウス・ピソ
C. Calpurnius C. f. C. n. Piso in m. m. e.
出生 不明
死没 紀元前180年
出身階級 プレブス
氏族 カルプルニウス氏族
官職 法務官紀元前186年
前法務官紀元前185年-184年
執政官紀元前180年
指揮した戦争 ローマ・ガリア戦争
テンプレートを表示

出自編集

ピソはプレブス(平民)であるカルプルニウス氏族の出身である。最も古い氏族のひとつであり、第2代ローマ王ヌマ・ポンピリウスの息子カルプス (Calpus) を始祖としているとされる(ヌマの子孫と称する氏族は他にピナリウス氏族ポンポニウス氏族アエミリウス氏族がある)[1]。カピトリヌスのファスティによると、父も祖父もプラエノーメン(第一名、個人名)はガイウスである[2]。父ガイウスは紀元前211年にプラエトル(法務官)を務めている[3]。弟のルキウスは紀元前198年レガトゥス(軍団副官)を務めているが、その子孫は第四名としてフルギを名乗っている[4]。なお、ピソは氏族としては最初の執政官である。

経歴編集

ピソが資料に登場するのは紀元前186年であり、この年に法務官を務めている[3][5]。ピソの担当地域はヒスパニア・ウルテリオルとされた。同僚のルキウス・クィンクティウス・クリピヌスと共に、カルペタニ人の土地に侵攻し、最初はディポンとトレトゥムで敗北を喫したものの、その後タホ川の近くで大勝した。ティトゥス・リウィウスによると、勝利を決定づけたのは、ピソ自身が率いる騎兵の突撃であった[6]。ピソとクリピヌスは引き続きプロプラエトル(前法務官)としてインペラトル(軍事指揮権)を保持し、ヒスパニア・ウルテリオルに留まった[7]紀元前184年、二人は軍と共にローマに戻ることを求めたが、法務官のプブリウス・センプロニウス・ロングスとアウルス・テレンティウス・ウァッロが反対した。執政官の一人と護民官の一人はピソとクリピヌスを支持したが、結局は軍を現地に残したままローマに戻ることとなった[8]。ローマに戻ったピソとクリスピヌスは、ルシタニア人とケルティベリア人に対する勝利を祝い、それぞれ凱旋式を挙行した(凱旋式のファスティではこの部分は欠落)[3]。ピソの凱旋式では金冠83個と銀12,000ポンドが運ばれた[9]

紀元前181年、ピソはエトルリアに新植民都市グラウィスカエを建設するための三人委員会に得ればれた。他の委員はプブリウス・クラウディウス・プルケルとガイウス・テテンティウス・イストラであった[10]紀元前180年、ピソは執政官に就任する。同僚のパトリキ(貴族)執政官はアウルス・ポストゥミウス・アルビヌス・ルスクスであった。ピソはアルビヌス・ルスクスと共にリグリアに出征する予定であったが、就任後すぐに不慮の死を遂げた。妻ホスティリアの連れ子であるクィントゥス・フルウィウス・フラックスが補充執政官に選出されたが、ローマではホスティリアが毒を盛ったという噂が広まった。

アルビヌスとピソが執政官として宣言された後、「選挙で敗れたフラックスは、彼の母親から3回も立候補しながら落選したことを非難され、さらには彼女は選挙の準備をしており、2ヶ月以内にフラックスを執政官にするために何とかすると言った」と主張する証人が現れた。

リウィウス『ローマ建国史』、XL, 37, 6[11]

ホスティリアは有罪となったが、フラックスは執政官に留まった[12]

カエサレアのプリスキアヌスの『文法学教程』にはピソに触れた大カトの一節が掲載されている[3]。カトは「この嵐で私の敵は全ていなくなった」[13]。ただ、この一節がどのような演説の一部なのかは不明である[3]

子孫編集

紀元前148年の執政官ルキウス・カルプルニウス・ピソ・カエソニヌスはピソの養子と思われる[3]

脚注編集

  1. ^ プルタルコス対比列伝ヌマ・ポンピリウス、21』
  2. ^ カピトリヌスのファスティ
  3. ^ a b c d e f Calpurnius 62, 1897, s. 1376.
  4. ^ Druman
  5. ^ Broughton, 1951 , p. 371.
  6. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXXIX, 7, 8—9.
  7. ^ Broughton, 1951 , pp. 373; 376.
  8. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXXIX, 38.
  9. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXXIX, 42, 2—3.
  10. ^ Broughton, 1951 , p. 386.
  11. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XL, 37, 6
  12. ^ Fulvius 60, 1910 , s. 246.
  13. ^ Trukhina, 1986 , p. 176.

参考資料編集

古代の資料編集

研究書編集

  • Trukhina N. Politics and Politics of the Golden Age of the Roman Republic. - M .: Publishing House of Moscow State University, 1986. - 184 p.
  • Broughton R. Magistrates of the Roman Republic. - N. Y. , 1951. - Vol. I. - P. 600.
  • Münzer F. Calpurnius 62 // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1897. - Bd. III, 1. - Kol. 1376.
  • Münzer F. Fulvius 60 // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1910. - Bd. VII, 1. - Kol. 246.

関連項目編集

公職
先代:
プブリウス・コルネリウス・ケテグス
マルクス・バエビウス・タンピルス
執政官
同僚:アウルス・ポストゥミウス・アルビヌス・ルスクス
補充:クィントゥス・フルウィウス・フラックス

紀元前180年

次代:
ルキウス・マンリウス・アキディヌス・フルウィアヌス
クィントゥス・フルウィウス・フラックス