ガイウス・マルキウス・ルティルス (紀元前357年の執政官)

ガイウス・マルキウス・ルティルスラテン語: Gaius Marcius Rutilus、生没年不詳)は紀元前4世紀共和政ローマの政治家・軍人。プレブス出身者として初めて独裁官(ディクタトル)と監察官(ケンソル)に就任し、執政官(コンスル)を四度務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
ガイウス・マルキウス・ルティルス
C. Marcius L. f. C. n. Rutilus[1]
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 マルキウス氏族
官職 執政官 I紀元前357年
独裁官紀元前356年
執政官 II紀元前352年
ケンソル紀元前351年
執政官 III紀元前344年
執政官 IV紀元前342年
後継者 ガイウス・マルキウス・ルティルス・ケンソリヌス
テンプレートを表示

経歴編集

紀元前357年に1回目の執政官に就任した。ガイウス・マルキウスはプリウェルヌムに対する作戦を実施し、これを占領、大量の戦利品を得た。戦利品は兵士に分配され、彼自身は凱旋式を実施している[2]

紀元前356年エトルリアが蜂起し、海岸沿いの製塩施設にまで侵攻すると、これに対処するためにガイウス・マルキウスが独裁官に任命された。ローマ軍はエトルリア軍野営地を奇襲し、8,000を捕虜とし、残りはローマ領から駆逐した[3]。この勝利にもかかわらず、元老院は凱旋式を認めなかったが、ローマ市民の手によって凱旋式が実施された[4][3]。但し、現代の歴史家の中には、独裁官就任は彼の子孫による創作であると考えるものもいる。

紀元前352年に再び執政官に就任[5]。任期の終わり頃、パトリキの反対にもかかわらず監察官に立候補し、その選挙に勝利している。紀元前344年[6]紀元前342年[7]にも執政官を務め、サムニウム戦争を戦った。

家族編集

同名の息子ガイウス・マルキウス・ルティルス・ケンソリヌス紀元前311年護民官に就任し、紀元前310年には執政官となっている[8]。この息子のケンソリヌスは、オグルニウス法の下、プレブス出身者としては初めてアウグル(鳥占官)となった。さらに監察官も紀元前294年紀元前265年の二度務めている[9]

脚注編集

  1. ^ Broughton, p. 122.
  2. ^ ティトゥス・リウィウスローマ建国史』、VII, 2, 16
  3. ^ a b Antony Kamm, The Romans, An Introduction, p. 13.
  4. ^ ティトゥス・リウィウスローマ建国史』、VII, 2, 17
  5. ^ ティトゥス・リウィウスローマ建国史』、VII, 2, 21.
  6. ^ ティトゥス・リウィウスローマ建国史』、VII, 2, 28.
  7. ^ ティトゥス・リウィウスローマ建国史』、VII, 2, 38.
  8. ^ T.P. Wisemanは、紀元前310年の執政官は息子ではなく本人であるとしている。"Satyrs in Rome?" Journal of Roman Studies 78 (1988), p. 4.
  9. ^ Fergus Millar, The Roman Republic and Augustan Revolution

参考資料編集

関連項目編集

公職
先代
ガイウス・ファビウス・アンブストゥス
ガイウス・プラウティウス・プロクルス
執政官 I
同僚:グナエウス・マンリウス・カピトリヌス・インペリオスス II
紀元前357年
次代
マルクス・ファビウス・アンブストゥス II
マルクス・ポピッリウス・ラエナス II
先代
ガイウス・スルピキウス・ペティクス IV
マルクス・ウァレリウス・ポプリコラ II
執政官 II
同僚:プブリウス・ウァレリウス・ポプリコラ
紀元前352年
次代
ガイウス・スルピキウス・ペティクス V
ティトゥス・クィンクティウス・ポエヌス・カピトリヌス・クリスピヌス II
先代
マルクス・ファビウス・ドルスオ
セルウィウス・スルピキウス・カメリヌス・ルフス
執政官 III
同僚:ティトゥス・マンリウス・インペリオスス・トルクァトゥス II
紀元前344年
次代
マルクス・ウァレリウス・コルウス III
アウルス・コルネリウス・コッスス・アルウィナ
先代
マルクス・ウァレリウス・コルウス III
アウルス・コルネリウス・コッスス・アルウィナ
執政官 IV
同僚:クィントゥス・セルウィリウス・アハラ III
紀元前342年
次代
ガイウス・プラウティウス・ウェンノ・ヒュプサエウス II
ルキウス・アエミリウス・マメルキヌス・プリウェルナス
公職
先代
マルクス・ファビウス・アンブストゥス
紀元前358年 XXI
監察官
同僚:グナエウス・マンリウス・カピトリヌス・インペリオスス
紀元前351年 XXII
次代
ルキウス・コルネリウス・スキピオ
プブリウス・コルネリウス・スキピオ
紀元前340年 XXIII