ガゴメコンブ

ガゴメコンブ籠目昆布学名Saccharina sculpera)は、コンブ科コンブ属褐藻の1種。潮下帯付近の岩に付着して生育する海藻である。葉全体に雲紋状の凹凸模様があるのが特徴で、その外見が籠目に似ていることから名付けられた。ガゴメとも呼ばれる。

コンブ科
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
階級なし : ディアフォレティケス Diaphoretickes
階級なし : SARスーパーグループ Sar
階級なし : ストラメノパイル Stramenopiles
: 不等毛植物門 Heterokontophyta
: 褐藻綱 Phaeophyceae
: コンブ目 Laminariales
: コンブ科 Laminariaceae
: コンブ属 Saccharina
: ガゴメコンブ S. sculpera
学名
Saccharina sculpera Lane, Mayes, Druehl et Saynders[1]
シノニム

Kjellmaniella crassifolia, Saccharina crassifolia[1]

和名
ガゴメコンブ[1]

フコイダンを多く含むことでも知られる[2]

目次

分布編集

日本近海では道南域から下北半島北側に分布し、さらに樺太南部、間宮海峡付近及び朝鮮半島東海岸北部に分布する[3]

利用編集

食用になる。北海道函館市では、「がごめ飯」の名称で産官学共同で商品化し、新たな名産品として提供されている[4]

脚注編集

  1. ^ a b c 吉田忠生・吉永一男 (2010) 日本産海藻目録(2010年改訂版), 藻類 Jpn.J.Phycol. (Sorui) 58:69-122, 2010
  2. ^ 清水健志、加藤省伍、井上晶、八十川大輔、2008、「ミトコンドリアDNA分析による褐藻ガゴメ判別技術の開発」、『北海道立工業技術センター研究報告』10号、北海道立工業技術センター、ISSN 0917-1851NAID 120005208551 pp. 1-5
  3. ^ 川嶋昭二「Kjellmaniella crassifolia Miyabe (ガゴメ)」『藻類の生活史集成 第2巻 (褐藻・紅藻類)』 堀輝三 編、内田老鶴圃、1993年、初版、ISBN 4-7536-4058-2、p.122-123
  4. ^ 渡島・産学官連携ウェブサイト”. 北海道庁渡島振興局. 2014年12月9日閲覧。

外部リンク編集