ガジェット通信

ガジェット通信
Gadget News
URL getnews.jp
使用言語 日本語
タイプ ニュースサイト
運営者 東京産業新聞社
設立者 未来検索ブラジル
アレクサ
ランキング
世界 7,412位
日本の旗 634位
(2016年3月現在)
設立日 2008年9月30日
現状 現在運営中

ガジェット通信(ガジェットつうしん)は、東京産業新聞社が運営する日本ニュースサイト

目次

概要編集

2ちゃんねる検索」などのサービスを提供している未来検索ブラジルにより2008年平成20年)9月30日に「未来検索ガジェット通信」の名称で開設され、同年11月にニュースサイトとしてテストオープンした。テストオープンの当初より2ちゃんねる開設者・元管理人の西村博之(ひろゆき)が記者として参加している[1]2009年(平成21年)2月より未来検索ブラジルの子会社、東京産業新聞社に運営が移管され、サイト名を現在の「ガジェット通信」とする。過去には電子掲示板2ちゃんねる(2ch.net)のトップページに当サイトへのリンクが張られていた。

開設当初よりデジタル家電ガジェット)の新製品紹介やレビューに力を入れているが、東京産業新聞社の運営となって以降は特にデジタル家電と関係の無い一般ニュースも取り上げるようになっている。特徴的な取り組みとして、2ちゃんねるやTwitterで話題になっている個人のブログ記事をサイトへの「寄稿」と言う形で掲載している他[2]、姉妹サイト「連載.jp」に登録された市民記者(ガジェット通信では「ウェブライター」と呼ばれる)が投稿した記事より編集部が選んだものがガジェット通信に掲載される場合がある。

東京産業新聞社編集

株式会社 東京産業新聞社
Tokyo Sangyo shimbun Inc.,[3]
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地   日本
101-0021
東京都千代田区外神田3-16-12
アキバCOビル2F
設立 2003年平成15年)4月10日
業種 情報・通信業
事業内容 ニュースサイトの管理・運営
代表者 深水英一郎(代表取締役)
資本金 300万円
主要株主 (有)未来検索ブラジル
関係する人物 西村博之
外部リンク http://tokyosangyo.jp/
テンプレートを表示

ガジェット通信の運営会社である株式会社東京産業新聞社(とうきょうさんぎょうしんぶんしゃ)は、2003年(平成15年)に設立された未来検索ブラジルの子会社である。「ペーパーレス新聞社」を標榜しており、社名に冠された『東京産業新聞』なる新聞はもとよりいかなる紙媒体の定期刊行物も発行していない。ガジェット通信とその関連ニュースサイト以外のサービスでは、2ちゃんねるが唯一公認するまとめサイト「コピペちゃんねる」の運営を行っている[4]

代表取締役は未来検索ブラジル社長の深水英一郎が兼務しており、編集部も同じビルに入居している。編集部は此ノ木よしる漫画SE』(白泉社ヤングアニマル』連載)で、主人公の職場のモデルとなっている[5]

沿革編集

  • 2008年(平成20年)
    • 9月 - (有)未来検索ブラジルにより「未来検索ガジェット通信」として開設される。
    • 11月 - テストオープン。
  • 2009年(平成21年)2月 - (株)東京産業新聞社の運営となり、サイト名を「ガジェット通信」に改称。
  • 2011年(平成23年)
    • 1月 - ニフティと提携し姉妹サイト「夕刊ガジェット通信」を開設。
    • 6月 - ウェブライター参加投稿型の姉妹サイト「Aニュース」(現「連載.jp」)を開設。
    • 11月 - 麻薬特例法違反幇助容疑で編集部が警視庁捜索を受ける。
  • 2012年(平成24年)
  • 2013年(平成25年)2月 - 2件の捜索につき「いずれの事件とも無関係」として、未来検索ブラジルと共同で国家賠償法に基づく訴訟を起こす[6]
  • 2014年(平成26年) - 「夕刊ガジェット通信」終了。
  • 2016年(平成28年) - 親会社の未来検索ブラジルと共に本社を渋谷区から千代田区に移転。

姉妹サイト編集

以下の姉妹サイトに掲載された記事はガジェット通信とその提携配信先のニュースサイトにも掲載される場合がある。

ヴァラエティ・ジャパン
映画芸能関連ニュース。バラエティ』の日本版。
オタ女
オタクな女性向けニュース。
ホラー通信
映画・漫画アニメ・コンピュータゲームなどホラー全般を取り上げる他、怪奇系のニュースを取り上げる。
連載.jp
旧称・Aニュース。ウェブライター投稿型ニュースサイト。

更新終了編集

まめち!
「豆知識共有サイト」としてトリビアに属するニュースを取り上げる。更新頻度は低く、2013年6月にガジェット通信本体へ統合された。
夕刊ガジェット通信
ガジェット通信編集部の協力でニフティが運営。時事論説やスポーツ、芸能関連など夕刊紙的なテイストの記事を中心に扱っていた。
ガジェット通信ゲームズ
コンピュータゲーム関連のニュースおよび読者投稿型レビュー。
ゴールドラッシュ
エンターテインメント系ニュース。主執筆者は後に独立して「ゴゴ通信」を立ち上げている。
GETOTAKU.com
英語。日本の漫画・アニメ・コンピュータゲーム・VOCALOID他のサブカルチャー全般を扱っていた。

主な提携企業・サイト編集

五十音順

一般ニュース提供編集

その他の記事提供編集

ガジェット通信より記事配信編集

2012年6月よりlivedoor ニュースに掲載された記事のうちクリエイティブ・コモンズのCC-BY-ND(表示-改変禁止)ライセンス適用記事をガジェット通信に掲載する相互配信を行っていたが[8]、現在は実施されていない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ■記者プロフィール ひろゆき
  2. ^ ■記者プロフィール 寄稿
  3. ^ “Gadget Tsushin” about us.
  4. ^ “2ちゃんねる公式まとめサイト「コピペちゃんねる」オープン”. ITmedia. (2009年2月16日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/16/news102.html 2013年3月12日閲覧。 
  5. ^ “女子高生が作る“とんでもないモノ”とは? ガジェ通が逆取材を受けた前代未聞のSE漫画!”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2013年2月23日). http://getnews.jp/archives/290683 2013年3月12日閲覧。 
  6. ^ “「徹底的に戦う」 未来検索ブラジル、「不当な捜索」賠償訴訟の訴状を全文公開”. ITmedia. (2013年2月20日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1302/25/news117.html 2013年3月12日閲覧。 
  7. ^ 日刊VOCALOIDガイド提供記事以外にガジェット通信編集部独自の「ネギマガ」でもVOCALOID関連のニュースを扱っている。
  8. ^ “ガジェット通信、livedoorニュースコンテンツ掲載開始”. 東京産業新聞社 (ガジェット通信). (2012年6月8日). http://getnews.jp/archives/224548 2013年3月12日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集