ガスタン・デ・オルレアンス (ウー伯)

ルイス・フィリペ・マリア・フェルナンド・ガスタン・デ・オルレアンス・エ・サクセ=コブルゴ=ゴータ(ポルトガル語Luís Filipe Maria Fernando Gastão de Orléans e Saxe-Coburgo-Gota, 1842年4月28日 - 1922年8月28日)は、ブラジル皇女イザベル・ド・ブラジルの夫。フランス王族。ウー伯フランス語名は、ガストン・ドルレアンLouis Philippe Ferdinand Gaston d'Orléans, comte d'Eu et prince du Brésil)。

ガスタン・デ・オルレアンス
Gastão de Orléans
ブラジル帝国
ブラジル皇太女配
ウー伯爵
Gaston d’Orléans, comte d’Eu.jpg
ウー伯爵ガスタン

全名 ルイス・フィリペ・マリア・フェルナンド・ガスタン・デ・オルレアンス
Luís Filipe Maria Fernando Gastão de Orléans
称号 ウー伯
敬称 Sua Alteza Imperial(殿下)
出生 (1842-04-28) 1842年4月28日
Flag of France.svg フランスヌイイ=シュル=セーヌ
死去 (1922-08-28) 1922年8月28日(80歳没)
大西洋
埋葬 ブラジルの旗 ブラジルペトロポリスペトロポリス大聖堂
配偶者 イザベル・ド・ブラジル
家名 オルレアン家
父親 ルイ・シャルル・ドルレアン
母親 ヴィクトワール・ド・サクス=コブール=コアリー
サイン Signature of Prince Gaston, Count of Eu, husband of Isabel, Princess Imperial of Brazil.png
テンプレートを表示
ガスタン、イザベル、長男ペドロ

生涯編集

ヌムール公ルイ・シャルル(フランス王ルイ・フィリップの次男)とその妃ヴィクトワールの長男としてヌイイで誕生した。

1864年10月、ブラジル皇位継承者イザベルと結婚した。三国同盟戦争では司令官を務めて有能さを見せたが、義父にあたるブラジル皇帝ペドロ2世は喜ばなかったという。

1889年の帝政廃止により、妻子を連れてフランスへ亡命する。1922年に共和国政府より入国禁止措置が解かれたため、1921年に亡くなっていたイザベルの棺とともにブラジルへ渡るが、その途上船上で急逝した。

皇位継承者ルイス・マリアら子孫は、オルレアンス・エ・ブラガンサ(casa de Orléans e Bragança)の姓を名乗っている。