メインメニューを開く

ガスト (ゲームブランド)

ガスト: GUST)は、コーエーテクモゲームスゲームソフトブランドであり、同社エンタテインメント事業部に属する5つのブランド別組織の一つ[1]長野県長野市に事業所を置く。代表作にロールプレイングゲーム「アトリエシリーズ」がある。

ガストブランド
GUST
Gust headquarters.jpg
ガストが入居するケイケンビル
種類 ブランド別組織
本店所在地 日本の旗 日本
380-0823
長野県長野市南千歳1-17-4
ケイケンビル
設立 1993年10月1日(株式会社ガスト)
業種 情報・通信業
事業内容 ゲームソフトウェアの企画・開発・販売
代表者 ブランド長 鯉沼久史[1]
副ブランド長 菊地啓介[2]
売上高 12億51百万円(2011年6月期)
営業利益 4億86百万円(2011年6月期)
経常利益 4億86百万円(2011年6月期)
純利益 3億16百万円(2011年6月期)
純資産 12億94百万円(2011年6月期)
総資産 18億42百万円(2011年6月期)
所有者 株式会社コーエーテクモゲームス エンタテインメント事業部
外部リンク http://www.gust.co.jp/
テンプレートを表示

歴史編集

創業編集

1993年10月1日、長野県でソフトウェア開発を行うケイケンシステムのアミューズメントソフトウェア開発部門を分社化して株式会社ガスト: GUST CO.,LTD.)が設立された。当時、長野県初のゲームメーカーとして雑誌に紹介され、同雑誌にて処女作であるPC-9801版『アレス王の物語』を発表した。

当初はパーソナルコンピュータ(PC)でのゲームソフト開発からスタートしたが、翌1994年には早くも家庭用ゲーム機であるプレイステーション(PS)への参入を発表し、1995年にはプレイステーションでの処女作『ファルカタ 〜アストラン・パードマの紋章〜』を発売。その後は家庭用ゲーム機での開発にシフトしていった。

1997年に発売された『マリーのアトリエ 〜ザールブルグの錬金術士〜』はヒットしてシリーズ化され、解散するまでガストの看板作品となっていた。

2011年7月27日、アトリエシリーズとして同年6月23日に発売した作品『メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜』において、CEROレーティングにおける審査に不適切な箇所があったとして、同作品の一時出荷停止と再審査が実施され、コンピュータエンターテインメントレーティング機構 (CERO) より規定に基づく懲戒処分を受けた。

コーエーテクモグループへ編集

2011年12月7日に、コーエーテクモホールディングスに子会社化されることが発表され[3]12月13日をもって同社の完全子会社となった。コーエーテクモとしてはガストのゲームソフトウェアの国内流通を子会社であるコーエーテクモネットが取り扱っていたため、コーエーテクモグループとの取引関係は存在していた。またガストとしても『メルルのアトリエ』でのCEROレーティングに関わる問題を期に開発体制の見直しも兼ねていた[要出典]。これに伴い、2012年4月以降に発売されたゲームソフトのパッケージには、コーエーテクモグループのロゴマークを併記している。

2014年10月1日付で株式会社コーエーテクモゲームスに吸収合併され解散した。組織は同社のガスト長野開発部となり、「ガスト」ブランドも承継された[4]

2016年4月1日、京都開発部とガスト長野開発部を統合してガストブランド(俗にいうコーエーテクモゲームス長野スタジオ)となる[1]

主なゲームソフト編集

アトリエシリーズ編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 組織変更及び人事異動に関するお知らせ (PDF)”. コーエーテクモゲームス (2016年2月18日). 2016年5月31日閲覧。
  2. ^ 子会社の人事異動に関するお知らせ”. コーエーテクモホールディングス (2016年3月14日). 2016年5月31日閲覧。
  3. ^ 株式会社ガストの株式取得(子会社化)に関するお知らせ PDF コーエーテクモホールディングスニュースリリース 2011年12月7日
  4. ^ コーエーテクモゲームスとガスト 合併のお知らせ (PDF)”. コーエーテクモホールディングス ニュースリリース (2014年7月28日). 2014年7月28日閲覧。

外部リンク編集