メインメニューを開く

ガチバンシリーズ

日本のヤンキーアクション映画シリーズ
ガチバンから転送)

ガチバンシリーズは、日本のヤンキーアクション映画シリーズ。2008年から映画オリジナルビデオ合わせて23作品が製作されている。窪塚俊介佐野和真窪田正孝荒井敦史柾木玲弥陳内将が歴代主演を務めている。

ガチバンシリーズ
監督 城定秀夫(1)
元木隆史(2-4,7,8,10-12,14-)
西海謙一郎(5,6)
渡辺武(9)
権野元(13)
脚本 イケタニマサオ
製作 永森裕二藤岡修
製作総指揮 桶狭間信長
出演者 窪塚俊介(1,2)
佐野和真(2-6,9,11,12,16-18,20)
窪田正孝(7-14,16,20,21)
荒井敦史(14,15,17,20)
柾木玲弥(19)
陳内将(22,23)
音楽 鷹尾勇樹
主題歌 元木隆史
撮影 田中一成
製作会社 AMGエンタテインメント
ハピネット
配給 AMGエンタテインメント
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

歴代シリーズ編集

『ガチバン』
2008年7月19日劇場公開。窪塚俊介主演。監督: 城定秀夫
出演:窪塚俊介(八重樫拓海)、深水元基(城島秀人)、秋山奈々(北白川アヤ)、南圭介(沢村亮)、沖原一生古田真也)、松浦祐也(出口大河)、佐藤二朗伊佐山ひろ子
窪塚俊介主演のヤンキー映画。生まれながらに喧嘩の強い拓海は、古沢と三上の3人で“三羽カラス”として恐れられていた。中学を卒業し、別々の高校に進んだ3人は、それぞれの学校で番長になると誓いを立てるが、拓海の通う衣笠高校には停学中の最強の不良・城島が帰ってきて……。
『ガチバンII 最凶決戦』
2008年12月26日DVD発売。窪塚俊介主演。監督: 元木隆史
出演:窪塚俊介(八重樫拓海)、深水元基(城島秀人)、秋山奈々(北白川アヤ)、南圭介(沢村亮)、沖原一生(古田真也)、松浦祐也(出口大河)、佐野和真(森紋児)、佐藤二朗、伊佐山ひろ子
名だたる不良たちを倒してヤンキー軍団「ぶらっくドクロ団」の団長となった衣笠高校の八重樫拓海。3年生に進級し自身の将来を考えるようになった拓海は、留年した大河に団長の座を譲ることを決意する。そんな矢先、ぶらっくドクロ団を簡単に潰せるほどの実力を持つという最強の「ヤンキィ」、モリモリモンジこと森紋児が転校してくる。
『ガチバンIII 武闘宣戦』
2009年4月17日DVD発売。佐野和真主演。監督: 元木隆史
出演:佐野和真(森紋児)、脇知弘(ガフ)、中山卓也(早乙女怜)、末野卓磨(青山弘)、岡本奈月(森由加里)、荒井美恵子金山一彦風間トオル
ヤンキー軍団「ぶらっくドクロ団」の団長の座を拓海から引き継いだ森紋児は全国制覇を目指すが、すっかりだらけてしまった団員たちに不安を覚える。そんな中、北海道で名を馳せた不良、早乙女怜が転校してくる。怜の熱い生きざまに触発された紋児と団員たちは、他校の不良たちを次々となぎ倒していくが……。
『ガチバンIV 最狂戦争』
2009年DVD発売。佐野和真主演。監督:元木隆史
出演:佐野和真(森紋児)、波岡一喜(竜哉)、タモト清嵐(政宗)、中山卓也(早乙女怜)、末野卓磨(青山弘)、岡本奈月(森由加里)、荒井美恵子、風間トオル
無敵のヤンキー軍団「ぶらっくドクロ団」の団長・森紋児は、全国制覇を目指してケンカに明け暮れる毎日を送っていた。そんなある日、歌舞伎町へと乗り込んだ紋児らは、政宗率いるギャング集団「デルヘル」と遭遇。冷酷な政宗に拳銃を突きつけられてしまい……。
『ガチバンV 竜虎炎上』
2009年DVD発売。佐野和真主演。監督: 西海謙一郎
出演:佐野和真(森紋児)、松田悟志(赤城万太)、中山卓也(早乙女怜)、末野卓磨(青山弘)、南圭介(沢村亮)、夏目鈴(難波美奈)、岡本奈月(森由加里)、荒井美恵子、風間トオル
ぶらっくドクロ団を率いて愛知県を制覇した森紋児。続いて全国制覇を目指す紋児らの前に、修学旅行で名古屋を訪れた関西のヤンキー、赤城万太率いる猛虎軍団が現われる。一色触発状態の中、ケンカに巻き込まれそうになった万太の幼なじみ・美奈を紋児が救う。これをきっかけに急接近する紋児と美奈だったが、美奈に片思い中の万太は大激怒。男のプライドをかけた闘いの火蓋が切られる。
『ガチバンVI 野獣降臨』
2009年DVD発売。佐野和真主演。監督: 西海謙一郎
出演:佐野和真(森紋児)、遠藤要(黒鉄丈)、末野卓磨(青山弘)、深水元基(城島秀人)、夏目鈴(難波美奈)、本宮泰風(阿南)、岡本奈月(森由加里)、荒井美恵子、風間トオル
衣笠高校の番長・森紋児は、ぶらっくドクロ団の仲間たちとともにケンカに明け暮れる毎日を送っていた。三者面談で新担任の阿南から将来について聞かれるも、番長道を突き進むことしか考えられない紋児。そんなある日、少年院から出所したばかりの“クリスタルジョー”こと黒鉄丈が、衣笠高校にお礼参りにやってくる。共演に『クローズZERO』の遠藤要。
『ガチバンMAX』
2010年8月14日劇場公開。ヒューマントラストシネマ渋谷でMAX・MAX2を2週連続単館レイトショー上映。窪田正孝主演。監督: 元木隆史
出演:窪田正孝(黒永勇人)、鈴之助(吉田義男)、鎌田奈津美(淡路法子)、矢吹卓也(和田修平)、山口祥行(苺谷宏)、西村ミツアキ(清水)、北代高士(山崎)、加藤良輔(石松)、藤間宇宙(杉下晃)、阿部亮平(末次世紀)
歴代シリーズで主人公を演じた窪塚俊介、佐野和真に代わり、窪田正孝が主演を務める。東京の西の外れに位置する若王子地区で最強と恐れられるヤンキー・黒永勇人は、不良道を突き進むべく高校を自主退学。ヤンキーの聖地・渋谷で頂点を極めたという不良の先輩・義男のもとを訪れるが……。
『ガチバンMAX2』
2010年8月21日劇場公開。ヒューマントラストシネマ渋谷でMAX・MAX2を2週連続単館レイトショー上映。窪田正孝主演。監督: 元木隆史
出演:窪田正孝(黒永勇人)、鈴之助(吉田義男)、鎌田奈津美(淡路法子)、小柳心(金子昌司)、松崎裕(哀川晃司)、村松利史(田原坂俊彦)、斎藤工(友情出演)、渋江譲二(友情出演)
渋谷で激闘の末にヤンキー軍団を壊滅させた黒永勇人は、義男やのんのんと共に歌舞伎町へと拠点を移す。そこでは歌舞伎町高校のヤンキーたちが街を支配しており、金の力でヤクザやホステスを操って悪事の限りを尽くしていた。そんな彼らの横暴が許せずケンカを売る勇人だったが、事態はやがて歌舞伎町全体を揺るがす大事件へと発展していく。
『ガチバン アルティメット』
2011年1月8日劇場公開。佐野和真、窪田正孝W主演。監督: 渡辺武
出演:佐野和真(森紋児)、窪田正孝(黒永勇人)、内野謙太(釜田清志)、鈴之助(吉田義男)、松澤仁晶、岡本奈月(森由加里)、夏目鈴(難波美奈)
先輩の裏切りにより関東中央少年院に入れられた勇人は、院内でも変わらず暴れまわっていた。一方、全国制覇を目指す途中で仲間のために少年院に入った紋児は、その面倒見の良さから少年院のボスに君臨。お互いのヤンキー道を貫く2人はやがて対峙することになるが……。
『ガチバン MAXIMUM』
2011年6月3日DVD発売。窪田正孝主演。監督:元木隆史
出演:窪田正孝(黒永勇人)、鈴之助(吉田義男)、長澤奈央(油谷潤)、伊崎央登(本田英雄)、高野八誠
関東中央少年院での長い刑期を終え、ついに自由の身となった黒永勇人は、義男が働く歌舞伎町の韓流ホストクラブで働きはじめるが、金のために女に媚びることが我慢できず、すぐにやめてしまう。一方、義男は客がつくった借金を背負わされ、地下賭けファイト「闇拳倶楽部」に出場するハメに。そんな義男を救うため、闇拳倶楽部に乗り込む勇人だったが……。
『ガチバン アルティメイタム』
2011年8月6日劇場公開。佐野和真、窪田正孝W主演。監督:元木隆史
出演:佐野和真(森紋児)、窪田正孝(黒永勇人)、崎本大海(大和田銀次)、小沢和義
新宿歌舞伎町でヤクザに囲まれた勇人は、金ドクロの皮ベストを着たバイカー集団「ゴールドスカル」の一匹狼・銀次に助けられる。一方、少年院から出所した紋児は、自分を少年院送りにした男にかたをつけようと動き出すが、その相手こそが銀次だった。
『ガチバン アルティメイタム2』
2011年9月10日劇場公開。佐野和真、窪田正孝W主演。監督:元木隆史
出演:佐野和真(森紋児)、窪田正孝(黒永勇人)、崎本大海(大和田銀次)、星野あかり竹財輝之助(大和田金次)
バイカー集団「ゴールドスカル」の極悪非道な頭・金次が出所し、チームの絆と誇りを汚した「BBBD団」を探し始める。一方、銀次との死闘で傷ついた紋児と、紋児を見守る勇人は息を潜めていたが、ゴールドスカルの急襲で紋児の仲間がさらわれてしまう。
『ガチバン SUPER MAX』
2012年3月31日劇場公開。窪田正孝主演。監督:権野元
出演:窪田正孝(黒永勇人)、鈴之助(吉田義男)、やべきょうすけ(天野光圀)、遠藤雄弥(佐竹京平)、近野成美(みゆき)、八木菜々花森羅万象
歌舞伎町から逃れるようにして北関東の田舎町にたどりついた黒永勇人と先輩の義男は、「飛羅睨悪(ピラニア)」という不良グループに遭遇。一触即発の空気が漂うが、飛羅睨悪の初代ヘッド・天野光圀が現れてその場を収める。勇人は光圀に敵意を抱きつつも、35歳でも現役のつっぱりを貫く姿に共感も覚える。そんな時、飛羅睨悪の現ヘッド・佐竹の恋人が別のヤンキー軍団にさらわれてしまう事件が起こり……。
『ガチバン WORST MAX』
2012年9月1日劇場公開。窪田正孝主演。監督:元木隆史
出演:窪田正孝(黒永勇人)、鈴之助(吉田義男)、荒井敦史(紅井レオ)、尾崎ナナ(綿谷三保)、宗像大介廣瀬智紀(羽野良太)、永倉大輔諏訪太朗
怪しげなモデル事務所でカリスマモデル・紅井レオのボディガードをすることになった黒永勇人だったが、レオにはモデルとして名をはせる華やかな顔とは別に、闇金融業を生業にする裏の顔があった。「金がこの世を支配する」と言い切るレオは、債務者から非情に借金を巻き上げていく。債務者の女性・綿谷三保に対し、体を売らせて暴力をふるうレオに怒りを覚えた勇人は、三保を助けようとするのだが……。
『ガチバン TRIBAL』
2012年9月29日劇場公開。荒井敦史主演。監督:元木隆史
出演:荒井敦史(紅井レオ)、ウダタカキ、宗像大介、廣瀬智紀(羽野良太)、田所二葉、永倉大輔、諏訪太朗、佐藤永典(川崎心愛)
前作「ガチバン WORST MAX」にライバル役として登場した、カリスマモデルと闇金融業者という2つの顔を持つ男・紅井レオを主人公に描く。流浪の最強ヤンキー・黒永勇人に敗れたレオは、モデル事務所にやってきた川崎心愛とコンビを組むようになる。レオと心愛は、毎晩のように借金の取立てと売春の斡旋で荒稼ぎをするが、やがてテリトリーを荒らされた暴力団から目をつけられてしまう。主演は若手俳優集団「D2」の荒井敦史。
『ガチバン スプレマシー』
2013年4月13日劇場公開。佐野和真、窪田正孝W主演。監督:元木隆史
出演:佐野和真(森紋児)、窪田正孝(黒永勇人)、鈴之助(吉田義男)、加藤諒鈴木身来樋口夢祈五十嵐麻朝伊藤梨沙子
衣笠高校の番長・森紋児は、いまだ跡目が見つからず、留年2年目になっても後継者を探すためケンカに明け暮れていた。一方、社会人になっていた黒永勇人は、学のなさが災いして仕事でミスばかり。上司に罵倒された挙句にクビになり、これまでのケンカばかりの人生に限界を感じた勇人は、生まれて初めて勉強に励むようになるが……。
『ガチバン スプレマシー2』
2013年5月18日劇場公開。佐野和真、荒井敦史W主演。監督:元木隆史
出演:佐野和真(森紋児)、荒井敦史(紅井レオ)、加藤諒、上鶴徹、伊藤梨沙子、鈴木身来、樋口夢祈、ウダタカキ、佐藤永典(川崎心愛)
オラオラ系カリスマモデルで闇金の取り立て屋だった紅井レオは、組織から裏切られ、今は無職で一文無しの生活を送っていた。そんなレオの前に、生活保護不正受給中の父親が現れ、教育支援費目当てにレオに高校入学を勧める。嫌々ながらも定時制の衣笠高校に通いはじめたレオは、留年を繰り返し高校3年生3年目という最強番長・森紋児と出会い……。
『ガチバン エクスペンデット』
2013年10月19日劇場公開。佐野和真主演。監督:元木隆史
出演:佐野和真(森紋児)、遠藤雄弥(佐竹京平)、近野成美(みゆき)、加藤翔生島勇輝佐野泰臣増本庄一郎仁科克基
かつての仲間でいまはヤクザの構成員になっている中島に誘われ、東京にやってきた紋児は、中島が先輩組員からひどいシバキを受けているのを見かねて助けに入るが、誤って組員を刺してしまう。その組員は組長の息子で、紋児は落とし前として生き埋め必至という危機的状況に陥る。しかし、番長であることに誇りを持ち、20歳になっても学ランを着続けている紋児に感銘を受けたヤクザの京平が、助けの手を差し伸べる。
『ガチバンZ 代理戦争』
2013年11月9日劇場公開。柾木玲弥主演。監督:元木隆史
出演:柾木玲弥(渋若剛毅)、鈴之助(吉田義男)、やべきょうすけ(天野光圀)、松浦祐也(出口大河)、加藤諒、上鶴徹
3代目番長・森紋児が全国制覇の遠征に出て不在の衣笠高校に、北関東愚連隊「飛羅睨悪(ピラニア)」の狂犬と恐れられる渋若剛毅が現れ、手当たりしだいに暴れまわる。残っていた不良たちは喧嘩も知らないゆとりヤンキーばかりで、今の衣笠に剛毅の暴走を止めることができるヤンキーはいなかった。困り果てた後輩たちが伝説のヤンキー軍団につながる電話番号を見つけて助けを求めると、自称・幻の2代目番長という出口大河がやってくる。同時に剛毅を追いかけてきた飛羅睨悪の初代総長・天野光圀も現れ、もう1人の狂犬・黒永勇人を呼びだそうとするが……。
『ガチバン クロニクル』
2014年3月22日劇場公開。佐野和真、窪田正孝、荒井敦史トリプル主演。監督:元木隆史
出演:佐野和真(森紋児)、窪田正孝(黒永勇人)、荒井敦史(紅井レオ)、上鶴徹、鈴木身来、草野イニ松岡佑季一ノ瀬ワタル
佐竹京平との死闘を終えたばかりの森紋児が衣笠高校に戻ってくるが、紋児が不在の間に、飛羅睨悪(ピラニア)の狂犬・渋若剛毅によって、衣笠のヤンキーたちは打ちのめされていた。後輩たちの不甲斐なさに憤りを覚える紋児だったが、そんな時、謎のヤンキー専用動画投稿サイト「FUCK BOOK」を通して、衣笠の汚名が広められていることを知る。紋児は、定時制に通う猛毒ヤンキーの紅井レオらとともに衣笠の名誉を回復するプロモーションビデオの制作に乗り出すが、そこへ流浪のヤンキー・黒永勇人が現れ、事態は思わぬ方向へと進んでいく……。
『ガチバン ULTRA MAX』
2014年4月12日劇場公開。窪田正孝主演。監督:元木隆史
出演:窪田正孝(黒永勇人)、鈴之助(吉田義男)、永野芽郁(星良)、山口祥行、山田裕貴(安藤忠臣)
場末のスナックで用心棒として働いていた黒永勇人は、スナックに遊びにきた大山彦組の組長に気に入られるが、組の構成員・安藤忠臣はそれが気に入らず、勇人と忠臣は事あるごとにいがみ合うようになっていた。そんな中、勇人は、先輩の吉田義男を通じて知り合ったザビエル女学院中学に通う星良と距離を縮めていくが……。
『ガチバン NEW GENERATION』
2015年1月31日劇場公開。陳内将主演。監督:元木隆史
出演:陳内将(大友斗氣雄)、大悟(馬場)、岩井ジョニ男多和田秀弥米原幸佑
大友斗氣雄は西川口出身の埼京線系金髪ヤンキー、ちなみに童貞。喧嘩は無敵じゃないが根っからの負けず嫌い。そんな斗氣雄が一念発起、一旗揚げて、金をつかんで、童貞捨てようとやって来たのは、彼にとっては都会の池袋。手っ取り早く、ラブホの清掃員のバイトについた斗氣雄だが、そこはやはりヤクザな世界。清掃員の仕事もそこそこに、危ない仕事を押し付けられる。
『ガチバン NEW GENERATION2』
2015年2月14日劇場公開。陳内将主演。監督:元木隆史
出演:陳内将(大友斗氣雄)、大悟(馬場)、尾花貴絵チェン・チュー、山田裕貴(安藤忠臣)
池袋の騒動から北戸田に逃げ帰った斗氣雄。しかし、893な世界はそう簡単に見逃してはくれなかった。馬場のしのぎを壊滅させた斗氣雄を執拗に追いかける馬場。脅され、池袋に舞い戻った斗氣雄に待っていたのは、中国人の風俗女への日本語教育。覚えの悪い女たちにヤンキー用語を教えまくる。そしてそこには昔世話になった先輩の忠臣が仕切っていた。ヤクザになった忠臣は、斗氣雄にもヤクザになれと誘うが、斗氣雄はにべもなく断る。そんな時、斗氣雄の甘さから中国女が逃げ出す事態に。落とし前をつけなければならなくなった斗氣雄に待っていたのは……。

派生作品編集

『闇金ドッグス』シリーズ編集

『闇金ドッグス』[1]
2015年8月1日劇場公開。監督: 土屋哲彦
出演:山田裕貴(安藤忠臣)、高岡奏輔津田寛治、古澤裕介、冨手麻妙大賀太郎紗綾青木玄徳、市オオミヤ、稲川実代子
罠にはめられヤクザから足を洗った安藤忠臣は懇意にしていた闇金屋に背負わされた借金を元手に闇金屋を始める。
『闇金ドッグス2』[2]
2016年4月9日劇場公開。監督: 土屋哲彦。
出演:山田裕貴(安藤忠臣)、青木玄徳(須藤司)、黒田大輔(岡林)、菅野莉央谷田歩十貫寺梅軒波岡一喜(塩田丸雄)、伊藤裕子(石川あざみ)
安藤はイケメンホストの須藤を雇い闇金稼業を続けている。恋人の手術費用として200万円が必要だという債務者の岡林のために追加融資を用立てるが、これまで真面目に返済していた岡林は資金繰りがうまくいかずに行方をくらましてしまう。
『闇金ドッグス3』[2]
2016年5月21日劇場公開。監督: 土屋哲彦。
出演:青木玄徳(須藤司)、MEGUMI(田中聖子)、冨手麻妙(姫野えりな)、松林慎司内田滋山崎直樹、山田裕貴(安藤忠臣)、波岡一喜(塩田丸雄)、津田寛治
ホストの須藤は、得意分野を生かして次々に女の債務者を増やしていた。そんな須藤の前に、夢をあきらめきれずに路上ライブ活動を続けている元アイドルのえりなが現れる。
『闇金ドッグス4』[3]
2016年12月10日劇場公開。監督: 元木隆史。
出演:山田裕貴(安藤忠臣)、升毅(豊田一樹)、高橋ユウ(那須元子)、坂田聡ジェントル瑛蓮百瀬朔副島淳木村祐一(塚西五郎)、青木玄徳(須藤司)
忠臣のヤクザ時代の大兄貴分・豊田は、ヤクザの世界から足を洗いカタギになろうと決意するが、元ヤクザへの厳しい世間の風当たりを感じていた。喫茶店の店員・元子は、そんな豊田が慣れない履歴書を書きながら就職先を探す姿を微笑ましく見守っていたが……。
『闇金ドッグス5』[4]
2017年1月14日劇場公開。監督: 元木隆史。
出演:青木玄徳(須藤司)、菅原大吉(沼岸光夫)、美谷和枝牧野ステテコ蒲生純一、副島淳、荒木宏文(五条礼)、山田裕貴(安藤忠臣)
戸籍上での結婚と離婚を繰り返し、街金から金をだまし取る日々を送っている司の元に、ローン会社からの電話が入った。戸籍上の妻が借金を踏み倒して逃げたため、夫の司に支払い義務があるという。困り果てた司は安藤に助けを求める。
『闇金ドッグス6』[5]
2017年8月5日劇場公開。監督: 元木隆史。
出演:山田裕貴(安藤忠臣)、西原亜希(伊良部未奈美)、長谷川忍山本竜二吉岡そんれい堀部圭亮、青木玄徳(須藤司)
債権ブローカーから400万円で買いとった焦げ付いた債券で、安藤は1000万円は引っ張れると踏んでいた。そんな折、安藤の前に10年以上前に別れた恋人の未奈美が現れる。
『闇金ドッグス7』[6]
2017年9月2日劇場公開。監督: 元木隆史。
出演:青木玄徳(須藤司)、逢沢りな(石垣エマ)、加藤歩藤田記子前山剛久ムートン伊藤佐藤貢三、山田裕貴(安藤忠臣)
数万円の借金で追い詰めたせいで、債務者が老いた母と無理心中してしまったことから、司は闇金という仕事に嫌気がさしていた。きっぱりと闇金稼業から足を洗い、場末のキャバクラでボーイとして働き始め、店のナンバーワンホステスであるエマとの距離を縮めていく。
『闇金ドッグス8』[7]
2018年4月14日劇場公開。監督: 元木隆史。
出演:山田裕貴(安藤忠臣)、仁科貴(湯澤賢一)、タモト清嵐(湯澤章太郎)、結城さなえ(湯澤佳代子)、佐藤日向(湯澤美穂)、小倉久寛(佐竹伴造)、青木玄徳(須藤司)
闇金の常連客である湯澤賢一は生活保護費のほとんどをパチンコなどで散財し、困れば借金をするという生活を繰り返していた。そんな湯澤の息子・章太郎はシルバー人材派遣会社の役員としてまじめに働いていたが、仕事のストレスで脳卒中を起こし、こん睡状態となってしまう。
『闇金ドッグス9』[2]
2018年7月25日 DVD発売(当初劇場公開予定だったが中止となった[8])。監督: 元木隆史。
出演:青木玄徳(須藤司)、長村航希(矢作まもる)、野中隆光龍野りな(間宮マミー)、大賀太郎、ダンカン、山田裕貴(安藤忠臣)
女の扱いに自信がある司は、女性専用の金融システム「ウィーメンダイヤル」で順調に債務者を増やしていた。次々と現れる女たちに司は気前よく金を貸すが、実態はデリヘルを仕切るヤクザの矢作が上納金に困った挙句、デリヘル嬢たちに素性を隠させて「ウィーメンダイヤル」で金を借りさせていただけだったため、回収に苦戦することとなる。

『我妻アベル』シリーズ編集

『ボーダーライン』[9]

2017年12月16日劇場公開。監督: 渡辺武。
出演:藤田玲荒井敦史(紅井レオ)、副島淳 (ジョン・キヴィマキー(『闇金ドッグス5』より))、 西川俊介遠藤要螢雪次朗甲本雅裕
「ガチバン」シリーズ、「闇金ドッグス」シリーズが“AMG・アウトロームービー・ユニバース”と命名され、両シリーズに続く第3弾として闇の運び屋“我妻アベル”を主人公に贈るカーアクション・クライム・サスペンス。
自動車整備工場で真面目に働く我妻アベルだったが、深夜になると修理中の客の車に乗り、元締めである遠藤からの依頼を請け負う闇稼業の運び屋をしていた。そんなある日、ひょんなことからヤクザに追われていた幼なじみの紅井レオと再会するアベルだったが…。

『ダブルドライブ ~狼の掟~』[10]

2018年8月25日劇場公開。監督: 元木隆史
出演:藤田玲小宮有紗駒木根隆介、野中隆光、小國彰裕波岡一喜(塩田丸雄(『闇金ドッグス』シリーズより))、佐藤流司
本作の前日譚となる「ボーダーライン」の主人公・我妻アベルが再び登場するクライムカーアクション。
家族以上に親しかった仲間たちに非道な仕打ちをしたヤクザの広澤を殺してしまった我妻アベルは、少年院時代の兄貴分である村上大児のもとを訪れる。
村上が率いる愚連隊「サガミ連合」のメンバーである五十嵐純也とアベルはともに車好きということで意気投合するが、純也は大麻の取引に失敗し、そのペナルティとして闇金から多額の借金を背負うハメになる。
そして広澤の弟・狂介は、殺された兄の復讐のためアベルの行方を追っていた。

『ダブルドライブ ~龍の絆~』

2018年9月22日劇場公開。監督: 元木隆史
出演:佐藤流司木崎ゆりあ脇知弘内野智波岡一喜(塩田丸雄(『闇金ドッグス』シリーズより))、藤田玲
五十嵐純也と我妻アベルは純也の実家であるスクラップ工場に戻り、工場でバイトをすることとなった。
しかし、闇金からの借金を抱えている純也は高級車を盗み裏社会のルートで盗難車を換金する窃盗ビジネスに手を染めてしまう。
ある日、純也は高級車を盗むことに成功するが、そのトランクには手足を縛られた謎の美女・亜梨紗の姿があった。

スタッフ編集

  • 監督 - 元木隆史
  • 製作 - 永森裕二、藤岡修
  • 共同プロデューサー - 木村有一、金井隆治
  • 企画 - 前田茂司
  • 企画プロデューサー - 飯塚達介、北川光秀
  • プロデューサー - 向井達矢、山村淳史
  • キャスティングプロデューサー - 伊東雅子
  • 脚本 - イケタニマサオ
  • 撮影 - 田中一成J.S.C.
  • 照明 - 吉角荘介
  • 美術 - 松塚隆史
  • 録音 - 永口靖
  • 整音 - 吉田憲義
  • 音響効果 - 渋谷圭介
  • 音楽 - 鷹尾勇樹
  • 制作 - 楽映舎
  • 制作協力 - T-REX FILM
  • 製作 - AMGエンタテインメントハピネット
  • 配給 - AMGエンタテインメント

脚注編集

  1. ^ 山田裕貴&高岡奏輔が闇金業者役で共演!主人公は『ガチバン』の人気キャラ”. シネマトゥデイ (2015年6月30日). 2015年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c 「闇金ドッグス」続編が連続公開、パート2は山田裕貴、パート3は青木玄徳が主演”. 映画ナタリー (2016年3月16日). 2019年5月21日閲覧。
  3. ^ 【予告編】山田裕貴の闇金社長、ヤバ過ぎてシリーズ初の“15禁”!『闇金ドッグス4』”. Cinemacafe.net (2016年11月29日). 2019年5月21日閲覧。
  4. ^ 青木玄徳×山田裕貴の壮絶な取り立て!映画『闇金ドッグス5』予告解禁”. シネマズニュース (2017年1月9日). 2019年5月21日閲覧。
  5. ^ 山田裕貴の刺青姿も!「闇金ドッグス6」予告&新写真が解禁”. 映画ナタリー (2017年7月28日). 2019年5月21日閲覧。
  6. ^ 青木玄徳と逢沢りながキス寸前、「闇金ドッグス7」予告解禁”. 映画ナタリー (2017年8月30日). 2019年5月21日閲覧。
  7. ^ 「闇金ドッグス」8&9が来春公開、山田裕貴「今回もかなりヘビーです(笑)」”. 映画ナタリー (2017年12月19日). 2019年5月21日閲覧。
  8. ^ 青木玄徳が絶体絶命!?「闇金ドッグス9」予告到着、山田裕貴の姿も”. 映画ナタリー (2018年3月30日). 2019年5月21日閲覧。
  9. ^ 映画『ボーダーライン』公式サイト”. borderline-movie.com. 2019年1月17日閲覧。
  10. ^ 映画『ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~』公式サイト”. doubledrive-movie.com. 2019年1月23日閲覧。

外部リンク編集