メインメニューを開く

ガッポリ建設(ガッポリけんせつ)は、WAHAHA本舗内セクション・WAHAHA商店所属のお笑いコンビ。一般的知名度は高くないが、芸人の間には人気がある元落語家の二人組。「ガッポリ一門」(下述)と言われる弟子を三人抱えており、その弟子たちの所属する事務所『ホームラン教室』を主宰している。

メンバー編集

  • 室田 稔(むろた みのる、1976年1月29日 - )
    栃木県出身。
    肩書きは「ガッポリ建設主任」。
    身長185.5 cm、体重88kg、A型。
    5代目鈴々舎馬風に入門し、「鈴々舎たけ馬」「鈴々舎馬賀」「鈴々舎馬賀正」の高座名を名乗っていた。前座で名前が三回変わるという落語界の記録をもっている。
    TBSチャンネル2ナマイキ!あらびき団」には妻とのコンビ「室田夫妻」として出演。

概説・芸風編集

  • 1997年3月に結成。当初はトリオだったが、2002年4月に一人脱退し、現在のコンビとなる。2003年4月からWAHAHA商店に所属。
  • 基本的な衣装は、前に「ガッポリ建設」と書かれたランニングシャツに、「○の中にガ」のマークが入ったヘルメット。下の作業着は小堀が青、室田が赤のものをそれぞれ着ている。
  • 演じるのは漫才ショートコントなど。色々な大人の行動をネタにしたコントや、「30秒で笑わせるコント」などがある。
  • ネタの始めにフリートークから入ることが多く、ネタのテーマに行くまでのトークが長いこともある。
  • 終わりに「3、2、1! ガッポリ、ガッポリ!」と言うことがある。
  • 渋谷駅ハチ公像前、横浜駅西口の相鉄ジョイナス前などで路上ライブを行っていたこともある。
  • 2004年8月の24時間テレビで芸人100組の中から優勝して武道館サライを歌う。サライの意味はというクイズに「人サライ」と答え大問題を起こした事がある。
  • あらびき団』『キャラ☆キング』などで、全身ジャイアントパンダの着ぐるみでパンダーズとして出演することがある。ここでは、動物園のパンダ舎でのジャイアントパンダの生態を模した芸と動きを演じているが、時々、ただ横になっているだけということがあり、『あらびき団』で東野幸治に「やる気ないな~」と言われたこともある。
    • パンダーズとして宇都宮動物園から「子供に人気が出そうだから」という理由で営業の仕事が来たことがあり、特設のパンダ舎の中でパンダになりきって動くというものだった。この模様は『あらびき団』の2008年9月3日放送の回で紹介されたが、大人にはウケていたものの子供には不評だったというものだった。
    • パンダのメスを出したいということから、2009年5月20日放送の回では室田の妻も出演した。
    • 「パンダーズだけでは出られない」という理由からU字工事エリック・ワイナイナも一緒に出演したことがある。
  • 同じWAHAHA本舗所属の猫ひろし松竹芸能安田大サーカスの団長や吉本興業レギュラーとは旧知の仲である。
  • 2009年度の第2回お笑い全日本カップで優勝。
  • 2011年2月21日、上野動物園にパンダの『ビーリー』と『シィエンニュ』が来日した際、二人が動物園に見に行った時の様子が各メディアで取り上げられた。
  • 2018年末WAHAHA本舗から戦力外通告

弟子編集

ガッポリ一門と言われる弟子は次の通り。全員が『ホームラン教室』という事務所の所属である。

  • 一番弟子 – 魔法使い太郎ちゃん
  • 二番弟子 – ポンちゃん人形
  • 三番弟子 – ☆ぴょんぴょん☆
  • 一時期ロッキーひだおも弟子にいた。一門にいた当時の芸名は「うっかり六兵衛」。[1]

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

映画編集

ライブ編集

  • 東京ビタミン寄席
  • お笑い新宿スタジオアルタライブ
  • ラ・ママ新人コント大会
  • 倉庫の二階 興行
    • 2005年9月「コント、その深い味わい」
    • 2006年4月「とてもラテン」
    • 2007年6月17日「エイムズの部屋」

外部リンク編集