ガトウィック空港駅

イングランドの鉄道駅

ガトウィック空港駅 英語: Gatwick Airport railway station)はイギリス鉄道駅である。ガトウィック空港の最寄り駅であり、ロンドン・ヴィクトリア駅から43 km、途中ノンストップのガトウィック・エクスプレスで約35分の距離に位置する。

ガトウィック空港駅
Unit 387205 at Gatwick Airport.jpg
ガトウィック空港駅に停車中のガトウィック・エクスプレスの列車
Gatwick Airport Station
所在地 ウェスト・サセックス
クローリー
所属事業者 ネットワーク・レール
電報略号 GTW
ホーム 4面7線
開業年月日 1891年
テンプレートを表示

この駅は空港の南ターミナルと直結しており、徒歩で移動できる。北ターミナルに向かう場合は新交通システムであるガトウィック空港トランジットに乗り換える。

列車はゴヴィア・テムズリンク・レールウェイ(ガトウィック・エクスプレス、サザン、テムズリンクの3つのブランドの列車が停車)とグレート・ウェスタン・レールウェイが運行する。

歴史編集

1891年ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道のガトウィック駅として開業した。この土地にはさらに昔から駅があったが、1876年に閉鎖されていた。1946年に駅の近くにあった競馬場にちなみ、ガトウィック競馬場駅 (Gatwick Racecourse) に改称した。競馬場の南にはガトウィック空港があった。1950年代後半に空港の大規模な拡張工事が行われ、競馬場は拡張用地となり消滅した。1958年、新しく建設された空港ターミナルビルに合わせて、駅は北に1 kmほど移設され、ガトウィック空港駅に改称された。

年表編集

発着列車編集

 
ガトウィック空港駅で並ぶガトウィック・エクスプレスとテムズリンクの列車

ゴヴィア・テムズリンク・レールウェイが運行する3ブランドの列車はいずれもブライトン本線英語版を走行する。

ガトウィック・エクスプレスはロンドン・ヴィクトリア駅ブライトン駅英語版の間を途中ガトウィック空港駅のみに停車して、30分毎に運行されている。なお、ピーク時には後述のサザンの列車を補完するため停車駅が増加する。

サザンの列車は毎時8本(平日オフピーク時)が北はロンドン・ヴィクトリア駅、南はブライトン駅(2本)、リトルハンプトン駅英語版(2本)、イーストボーン駅英語版(1本)、オア駅英語版(1本)、ボグナー・レジス駅英語版ポーツマス・ハーバー駅英語版(1本)、ボグナー・レジス駅/サウサンプトン・セントラル駅英語版(1本)へ運行されている。

テムズリンクの列車は平日オフピーク時には北方向に毎時8本、南方向に毎時6本が運行されている。これらは全てロンドン・ブリッジ駅セント・パンクラス駅を経由してロンドン北部へと直通しており、内訳はベッドフォード駅英語版 - ブライトン駅、ベッドフォード駅 - ガトウィック空港駅、ケンブリッジ駅 - ブライトン駅、ピーターバラ駅英語版 - ホーシャム駅英語版がそれぞれ毎時2本ずつである。

グレート・ウェスタン・レールウェイはガトウィック空港駅からギルフォード駅英語版を経由してレディング駅までを結ぶノース・ダウンズ線英語版の列車を毎時1本運行している。

利用状況編集

  • 2004/05年 - 7.976百万人
  • 2005/06年 - 8.585百万人
  • 2006/07年 - 11.889百万人

隣の駅編集

ナショナル・レール
ガトウィック・エクスプレスゴヴィア・テムズリンク・レールウェイ
ロンドン・ヴィクトリア駅 - ガトウィック空港駅 - ブライトン駅 (ピーク時には停車駅が増加)
サザン(ゴヴィア・テムズリンク・レールウェイ)
イースト・クロイドン駅 - ガトウィック空港駅 - スリー・ブリッジズ駅ヘイワーズ・ヒース駅
テムズリンク(ゴヴィア・テムズリンク・レールウェイ)
イースト・クロイドン駅/ホーリー駅 - ガトウィック空港駅 - スリー・ブリッジズ駅
グレート・ウェスタン・レールウェイ
レッドヒル駅 - ガトウィック空港駅

将来計画編集

ネットワーク・レールによるガトウィック空港駅の大規模な再開発では、3000万ポンドを掛けてこの駅を通過する列車本数を増加させ、乗客処理能力を改善する計画になっている。この計画では、ガトウィック・エクスプレス用の新しいプラットホームを建設すると共に、空港バスを乗り入れられるようにして、完全に統合された公共交通を提供することになっている。2012年ロンドンオリンピックまでに完成されることになっている。

しかしながら、鉄道規制庁(ORR: the Office of the Rail Regulator)が900万ポンドしかガトウィック空港駅の再開発に割り当てなかったため、計画は危機にさらされている。鉄道規制庁は最終的な結論を2008年10月30日に発表する予定である[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集