自由民主党の派閥 > ガネーシャの会

ガネーシャの会は、菅義偉(第26代自由民主党総裁・第99代内閣総理大臣)に近い自由民主党議員が集まって結成したグループである。
すがグループの中核をなす[1]。本稿では、おなじくすがグループとして扱われる[2]菅義偉を支える参議院議員の会令和の会についても述べる。

ガネーシャの会
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg
略称 菅(義偉)グループ
前身 偉駄天の会
設立 2015年(平成27年)[1]
設立者 菅義偉
種類 自由民主党の派閥
会員数
自由民主党所属国会議員
会長 坂井学[2]
特記事項
  1. ^ “総裁選支えた「菅グループ」 無派閥・非世襲の若手集う”. 日本経済新聞. (2020年9月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63999820X10C20A9000000/ 2020年10月18日閲覧。 
  2. ^ 沢田大典「【政界徒然草】自民党無派閥に広がる「菅グループ」 安倍首相3選当確目指す官房長官の深謀遠慮」『産経新聞』、2018年7月23日。2020年10月19日閲覧。
テンプレートを表示

ガネーシャの会編集

所属国会議員一覧編集

衆議院議員(16名)
菅義偉
(8回、神奈川2区
田中良生
(4回、埼玉15区
坂井学[3]
(4回、神奈川5区
山本朋広[4]
(4回、神奈川4区
星野剛士[5]
(3回、比例南関東神奈川12区
熊田裕通
(3回、愛知1区
大串正樹
(3回、兵庫6区
田中英之
(3回、京都4区
黄川田仁志[5]
(3回、埼玉3区
牧原秀樹[5]
(4回、比例北関東埼玉5区
藤井比早之
(3回、兵庫4区
武村展英
(3回、滋賀3区
秋本真利[5]
(3回、千葉9区
三谷英弘
(2回、比例南関東神奈川8区
木村哲也
(1回、比例南関東千葉4区
穂坂泰[6]
(1回、埼玉4区

菅義偉を支える参議院議員の会編集

所属国会議員一覧編集

参議院議員(11名)
松下新平
(3回、宮崎県
島村大
(2回、神奈川県
柘植芳文
(2回、比例区
阿達雅志
(2回、比例区
三宅伸吾
(2回、香川県
三原じゅん子
(2回、神奈川県
和田政宗
(2回、比例区
園田修光
(1回、衆院1回・比例区
小川克巳
(1回、比例区
徳茂雅之
(1回、比例区
朝日健太郎[7]
(1回、東京都

令和の会編集

所属国会議員一覧編集

衆議院議員(6名)
菅義偉
(8回、神奈川2区
菅原一秀
(6回、東京9区
城内実
(5回、静岡7区
鷲尾英一郎
(5回、新潟2区
石川昭政
(3回、茨城5区
木村弥生
(2回、比例近畿京都3区
参議院議員(4名)
自見英子
(1回、比例区
小川克巳
(1回、比例区
朝日健太郎
(1回、東京都
小鑓隆史
(1回、滋賀県

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

関連項目編集