メインメニューを開く

ガブリエル・デ・ヘイスース・ガルシアGabriel de Jesus Garcia1989年5月11日 - )は、ベネズエラ出身のプロ野球選手投手)。

ガブリエル・ガルシア
Gabriel Garcia
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ミランダ州クリストバルロハス市チャラジャベ
生年月日 (1989-05-11) 1989年5月11日(30歳)
身長
体重
180 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

アストロズ傘下時代編集

2007年、アマチュアFAでヒューストン・アストロズと契約[1][2][3][4][5]

2008年まで、ベネズエラン・サマーリーグのアストロズ・ルーキー級でプレーした。

2009年に渡米し、ルーキー級グリーンビル・アストロズ英語版に異動した。8月19日に、ドーピング検査で筋肉増強剤の一種、アナボリックステロイドであるナンドロロンの陽性反応を示し、50試合の出場停止処分を科せられた[6]。オフには、母国ベネズエラベネズエラン・ウィンターリーグでプレーしている(ナベガンテス・デル・マガリャーネス所属 )。以降、毎年オフには帰国して同リーグに参加している[7]

独立リーグ時代編集

2013年は、6月下旬から独立リーグユナイテッドリーグ・ベースボールテキサス・サンダー英語版、7月中旬からはアメリカン・アソシエーショングランドプレーリー・エアーホッグス英語版と、2球団を渡り歩いた[7]

2014年、独立リーグパシフィック・アソシエーションソノマ・ストンパーズ英語版でプレー[7]

2015年は再びアメリカン・アソシエーションに戻り、ジョプリン・ブラスターズ英語版に所属[7]。ブラスターズでは後に中日ドラゴンズでプレーするレイソン・セプティモとチームメイトになった[8]

2016年、日本の独立リーグ四国アイランドリーグplus徳島インディゴソックスに入団。2016年前期は9試合に登板し、7勝1敗 防御率1.31の成績(前期リーグの最多勝・最優秀防御率)を残した[9]。その後リーグでは規定投球回数以上でガルシアを上回る防御率の選手が現れず、途中退団にもかかわらず最優秀防御率のタイトルを獲得した[10]

読売ジャイアンツ時代編集

前期終了後の同年6月3日より読売ジャイアンツ(巨人)3軍の練習に合流し[11]、6月9日に読売ジャイアンツと支配下登録での契約が発表された[9]。すでに巨人には同姓のホセ・ガルシアがいたため、登録名は「ガブリエル」となった。巨人3軍キャンプ合流時のインタビューでは「制球力が売り。一日でも早く契約してもらえるよう頑張りたい」と語っている[11]。ツイッターでは、「偉大なチームに入れてうれしい。」と述べている[12]。しかし一軍登板はなく、シーズン終了後の12月2日、自由契約公示された[13]

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 28 (2016年)

脚注編集

  1. ^ Gabriel Garcia - Baseball reference
  2. ^ Gabriel Garcia - The Official Site of Minor League Baseball
  3. ^ Gabriel Garcia - Baseball America
  4. ^ 2009 Greeneville Astros Grandstand #14 Gabriel Garcia Miranda Venezuela VZ Card - ebay(オークションサイトに出された野球カード)
  5. ^ Astros fall one out shy of no-hitter -The Rookie Appalachian League公式サイト(2010年8月20日)
  6. ^ “Gabriel Garcia news, rumors and stats:Astros Garcia suspended”. KFFL (USA TODAY SPORTS MEDIAGROUP). (2009年8月19日). http://www.kffl.com/player/21967/mlb 2016年6月13日閲覧。 
  7. ^ a b c d Gabriel Garcia Register Statistics & History > Teams Played For”. Baseball Reference.com. 2016年6月13日閲覧。
  8. ^ 2015 Joplin Blasters”. Baseball Reference.com. 2016年6月13日閲覧。
  9. ^ a b ガブリエル・ガルシア選手 NPB読売巨人軍移籍のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年6月9日)
  10. ^ 四国アイランドリーグplus2016個人タイトル確定 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年9月16日)。なおリーグでは過去にやはりNPB移籍で途中退団したアレッサンドロ・マエストリ(香川)が最多セーブのタイトルを獲得した例がある(2012年)
  11. ^ a b “独立リーグのガルシア、巨人・三軍の練習に合流”. 読売新聞. (2016年6月3日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20160603-OYT1T50069.html 2016年6月9日閲覧。 
  12. ^ https://twitter.com/GaboGarcia96/media
  13. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集