ガブリエル・デールマン

カナダのフィギュアスケート選手

ガブリエル・デールマン英語: Gabrielle Daleman1998年1月13日 - )は、カナダ出身のフィギュアスケート選手(女子シングル)。2014年ソチオリンピック2018年平昌オリンピックカナダ代表。2015年カナダ選手権優勝。2017年世界選手権3位。2017年四大陸選手権2位。平昌オリンピック団体戦金メダル。

ガブリエル・デールマン
Gabrielle Daleman
Figure skating pictogram.svg
2018 Winter Olympics - Gabrielle Daleman - 3.jpg
選手情報
生年月日 (1998-01-13) 1998年1月13日(22歳)
代表国 カナダの旗 カナダ
出生地 オンタリオ州トロント
身長 155 cm
体重 46 kg
コーチ リー・バーケル
元コーチ ブライアン・オーサー
アンドレイ・ベレジンツェフ
インガ・ズセフ
ケント・グライス
振付師 ローリー・ニコル
ケイトリン・ウィーバー
元振付師 アンドレイ・ベレジンツェフ
所属クラブ Richmond Training Centre
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 214.15 2017 国別対抗戦
ショート 72.70 2016 フランス杯
フリー 142.41 2017 国別対抗戦
 
獲得メダル
フィギュアスケート
主要な国際競技会
大会 1 2 3
オリンピック 1 0 0
世界選手権 0 0 1
四大陸選手権 0 1 0
世界国別対抗戦 0 1 0
合計 1 2 1
オリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
2018 平昌 団体戦
世界選手権
2017ヘルシンキ 女子シングル
四大陸選手権
2017 江陵 女子シングル
世界国別対抗戦
2013札幌 団体
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

経歴編集

4歳でスケートを始める。

2012-2013シーズン、ジュニアグランプリシリーズに出場。カナダ選手権はシニアクラスに初出場で銀メダルを獲得した。世界ジュニア選手権では6位に入った。

2013-2014シーズン、ジュニアグランプリシリーズのバルティック杯で銅メダルを獲得。カナダ選手権では2年連続の2位で、ソチオリンピックの代表に決定した。初出場の世界選手権では13位だった。

2014-2015シーズン、シニアクラスへ移行。スケートカナダオータムクラシックで国際大会初優勝。グランプリシリーズにも参戦した。カナダ選手権では初優勝した。世界選手権は前年より大きく順位を下げ、21位に終わった。シーズン終了後、長年指導を受けたアンドレイ・ベレジンツェフとインガ・ズセフの元を離れた。トロントに練習拠点を移し、リー・バーケルとブライアン・オーサーにコーチを変更した。

2015-2016シーズン、カナダ選手権では3位のケイトリン・オズモンドを0.12の僅差でかわし、銀メダルを獲得。四大陸選手権は怪我のために欠場した[1]

2016-2017シーズン、ネーベルホルン杯で3位に入り、GPシリーズでは スケートアメリカでSP.FS共に4位。総合でも4位となりGPシリーズの自己最高順位を更新した。続くフランス杯ではSPで自己ベストを大きく更新し72.70を獲得、自身初の70点越えを果たし2位につけた。しかし、FSでジャンプが乱れ6位でトータル4位と惜しくも表彰台を逃した。 カナダ選手権ではオズモンドに敗れるも、前年に続き銀メダルを獲得。2度目の挑戦となった四大陸選手権はパーソナルベストを更新し銀メダルを獲得。世界選手権では銅メダルを獲得し、カナダの女子選手としてジョアニー・ロシェット以来、8年ぶりに表彰台に立った。また、2位のオズモンドと共に、カナダの女子フィギュアスケート史上初のダブル表彰台の快挙を達成し、平昌オリンピック及び2018年世界選手権の出場枠「3」の獲得に貢献した。

2017-2018シーズン、初戦のISUチャレンジャーシリーズフィンランディア杯では、転倒が相次ぎ6位。GPシリーズにおいて、中国杯ではSP1位で躍進を期待されるもFSでは7位と沈み総合6位、スケートアメリカでも総合6位に終わる。カナダ選手権ではSP、FS共にミスのない完璧な演技で3年ぶりの優勝を果たし、平昌オリンピックの代表に決まった。平昌オリンピックでは、団体戦のFSに出場しカナダの金メダルに貢献した。しかし女子シングルではFSのミスが相次ぎ15位、その後の世界選手権も7位でシーズンを終えた。

2018-2019シーズン、初戦のISUチャレンジャーシリーズUSクラシックでは6位。競技後に数々の病気を発症し年内の競技は棄権し休養に入る。カナダ選手権ではSP1位で折り返し復活をアピールするも、FSでは3度の転倒で8位と崩れ総合5位となったものの、実績から世界選手権への派遣が決定。世界選手権では、総合11位となるも、23位[2]アレーヌ・シャルトランと合わせて27ポイントだったために、辛うじて来季のカナダ選手団の2枠は死守した。

技術・演技編集

アクセルを除く5種類の3回転ジャンプを跳ぶことができる。 コンビネーションジャンプは3T+3T、 3Lz+3T、2A+3Tなどを成功させている。特に3T+3Tは速度、高さ、幅、流れ全てが高水準であり、2016-2017シーズンは、3T+3Tを跳んだほぼすべて試合のSP、FSとも全員がGOE満点である「+3」をつけるほどである。

ダイナミックな演技が特徴の選手であり、それを生かした選曲が多い。

主な戦績編集

大会/年 2010
-11
2011
-12
2012
-13
2013
-14
2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
冬季オリンピック 17 15
世界選手権 13 21 9 3 7 11 TBD
四大陸選手権 7 2
世界国別対抗戦 11
カナダ選手権 6 N 1 J 2 2 1 2 2 1 5
GP NHK杯 6 WD
GP中国杯 5 6 WD
GPフランス杯 6[3] 4
GPスケートカナダ 5 WD 10
GPスケートアメリカ 4 6
CSフィンランディア杯 6 13
CSネーベルホルン杯 3
CSネペラ杯 4
CS USクラシック 6
CSオータムクラシック 1 WD
世界Jr.選手権 6
JGPタリン杯 4
JGPバルティック杯 3
JGP B.シュベルター杯 5
JGPオーストリア 6
チャレンジカップ 2 J
  • N - ノービスクラス
  • J - ジュニアクラス

詳細編集

2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケロウナ 5
63.94
11
100.40
10
164.34
2019年10月11日-13日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 15
45.82
11
93.07
13
138.89


2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月18日-24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 11
69.19
12
123.48
11
192.67
2019年1月14日-20日 カナダフィギュアスケート選手権セントジョン 1
70.18
8
96.74
5
166.92
2018年9月12日-16日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 3
63.28
7
105.87
6
169.15
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月19日-25日 2018年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 6
71.61
8
125.11
7
196.72
2018年2月21日-23日 2018年平昌オリンピック平昌 7
68.90
19
103.56
15
172.46
2018年2月9日-12日 平昌オリンピック 団体戦(平昌 - 3
137.14
1
団体
2019年1月8日-14日 カナダフィギュアスケート選手権バンクーバー 1
77.88
1
151.90
1
229.78
2017年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズスケートアメリカレークプラシッド 3
68.08
8
121.06
7
189.14
2017年11月3日-5日 ISUグランプリシリーズ中国杯北京 1
70.65
7
126.18
6
196.83
2017年9月22日-24日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 5
60.72
7
114.11
6
174.83
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年4月20日-23日 2017年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 4
71.74
4
142.41
4
団体
(214.15)
2017年3月27日-4月2日 2017年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 3
72.19
3
141.33
3
213.52
2017年2月14日-19日 2017年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 1
68.25
3
128.66
2
196.91
2017年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 2
75.04
2
136.05
2
211.09
2016年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ フランス杯パリ 2
72.70
6
119.40
4
192.10
2016年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカシカゴ 4
64.49
4
122.14
4
186.63
2016年9月22日-24日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 3
60.15
3
115.25
3
175.40
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年4月22日-24日 2016年コーセー・チームチャレンジカップスポケーン 5
68.45
8
115.93
[4]
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 8
67.38
9
128.30
9
195.68
2016年1月18日-24日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 3
64.44
1
133.55
2
197.99
2015年11月13日-15日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 6
55.35
中止 6
2015年10月30日-11月1日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダレスブリッジ 8
54.13
3
116.20
5
170.33
2015年9月30日-10月4日 ISUチャレンジャーシリーズ オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 4
60.76
4
110.96
4
171.72
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年4月16日-19日 2015年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 8
57.59
8
98.87
4
団体
2015年3月23日-29日 2015年世界フィギュアスケート選手権上海 21
48.13
20
85.44
21
133.57
2015年2月9日-15日 2015年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 8
55.25
6
111.84
7
167.09
2015年1月19日-25日 カナダフィギュアスケート選手権キングストン 1
62.91
2
123.11
1
186.02
2014年11月28日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯門真 7
53.46
6
111.28
6
164.74
2014年11月7日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 4
58.49
5
102.77
5
161.26
2014年10月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ スケートカナダオータムクラシックバリー 1
59.38
2
106.21
1
165.59
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 14
55.72
11
109.06
13
164.78
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 19
52.61
16
95.83
17
148.44
2014年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 3
58.38
2
124.09
2
182.47
2013年10月9日-13日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 5
51.62
4
96.27
4
147.89
2013年9月18日-22日 ISUジュニアグランプリ バルティック杯グダニスク 5
46.77
3
101.52
3
148.29
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月11日-14日 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 12
48.82
11
92.00
11
140.82
2013年2月25日-3月3日 2013年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミラノ 8
50.70
6
98.69
6
149.39
2013年1月13日-20日 カナダフィギュアスケート選手権ミシサガ 5
51.80
2
112.10
2
163.90
2012年10月10日-13日 ISUジュニアグランプリ ブラエオン・シュベルター杯ケムニッツ 4
52.00
6
86.33
5
138.33
2012年9月12日-15日 ISUジュニアグランプリ オーストリアリンツ 7
48.55
5
91.22
6
139.77
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年3月8日-11日 2012年チャレンジカップ ジュニアクラス(ハーグ 3
47.06
2
84.52
2
132.48
2012年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(モンクトン 1
47.59
1
82.98
1
130.57
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月17日-23日 カナダフィギュアスケート選手権 ノービスクラス(ビクトリア 12
30.55
3
61.27
6
91.82

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2019-2020 Jazz Man
歌:ベス・ハート
イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ
作詞・作曲:ジム・スタインマン
歌:セリーヌ・ディオン
2018-2019 ハバネラ 歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:ローリー・ニコル
歌劇『サムソンとデリラ』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:ローリー・ニコル
I Have Nothing
ボーカル:ホイットニー・ヒューストン
2017-2018 グラディエーター・ラプソディー 映画『グラディエーター』より
演奏:ラン・ラン
作曲:ハンス・ジマー
振付:ローリー・ニコル

ラプソディー・イン・ブルー
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
振付:ローリー・ニコル
2016-2017 歌劇『エロディアード』より
Acte IV Prelude
Scene XIV Ballet
作曲:ジュール・マスネ
振付:ローリー・ニコル
ラプソディー・イン・ブルー
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
振付:ローリー・ニコル
スカイフォール
曲:アデル
2015-2016 You'll Have to Swing It (Mr. Paganini)
作曲:サム・コスロウ
振付:ローリー・ニコル
タンゴオペラ『ブエノスアイレスのマリア』より
Tema de Maria
Yo Soy Maria
作曲:アストル・ピアソラ
振付:ローリー・ニコル
ブレイク・フリー
曲:アリアナ・グランデ
2014-2015[5] 夏と冬 『四季』より
作曲:アントニオ・ヴィヴァルディ
編曲:マックス・リヒター

アート・オン・アイス
作曲:エドウィン・マートン
振付:ローリー・ニコル
アランフェス協奏曲
作曲:ホアキン・ロドリーゴ
振付:ローリー・ニコル
Upside Down
曲:パロマ・フェイス
2013-2014 Canción Triste
演奏:ジェシー・クック
女海賊、アンジェリカ
作曲:ハンス・ジマー、エドゥアルド・クルス、ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ
振付:ローリー・ニコル
だったん人の踊り
弦楽四重奏曲第2番第3楽章
作曲:アレクサンドル・ボロディン
振付:ローリー・ニコル
Pure Imagination
ボーカル:グリーキャスト
パレードに雨を降らせないで
ボーカル:リア・ミシェル
2012-2013 映画『アバター』サウンドトラックより
作曲:ジェームズ・ホーナー
ピアノ三重奏曲第4番
作曲:アントニン・ドヴォルザーク
Papi
Let's Get Loud
ボーカル:ジェニファー・ロペス

参考文献編集

  1. ^ Gabrielle Daleman, Julianne Séguin and Charlie Bilodeau withdraw from 2016 ISU Four Continents Figure Skating Championships
  2. ^ 2枠の条件は上位二人で28ポイント。FSに進出し16位以下の順位の場合は、16ポイントで計算。
  3. ^ パリ同時多発テロ事件によるフリー種目の中止でSPの順位が最終結果となった。
  4. ^ 男女シングルSP団体2位、総合団体1位
  5. ^ Injury-free, Daleman eyes national title

外部リンク編集