メインメニューを開く

地理編集

国立公園の面積は約40km2であり[1]、6自治体にまたがっている。国立公園の名称は、ラ・ゴメラ島の最高峰である標高1487mのガラホナイ峰英語版に因んでいる。ガラホナイ峰は標高790mから1400mの小規模な高原を有する。

歴史編集

1981年にはスペインの国立公園に指定された[1]。カナリア諸島では1954年にテネリフェ島テイデ国立公園ラ・パルマ島カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園英語版が、1974年にランサローテ島ティマンファヤ国立公園英語版が指定されており、諸島として4番目の国立公園だった。

1986年には国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産自然遺産)に登録された。スペイン初の自然遺産であり、カナリア諸島初の世界遺産である。2012年にはラ・ゴメラ島全体が生物圏保護区に指定された[2]

2012年8月には森林火災が発生し[3][4]、国立公園の18%に相当する747ヘクタールが焼失した[5]

動植物編集

国立公園の区域内には、マデイラ島の照葉樹林と並んで、マカロネシアを代表する照葉樹林(遺存型照葉樹林)が分布する。

爬虫類ではカナヘビ科Gallotia bravoana英語版トカゲ科Chalcides viridanus英語版などが生息している。両生類ではアマガエル属Hyla meridionalis英語版などが生息している。鳥類の固有種にはゲッケイジュバト英語版カナリーバト英語版などがいる。

世界遺産編集

  ガラホナイ国立公園
スペイン
 
ガラホナイ国立公園内の森林
英名 Garajonay National Park
仏名 Parc national de Garajonay
面積 3,984ha
登録区分 自然遺産
IUCN分類 II(国立公園)
登録基準 (7), (9)
登録年 1986年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。

脚注編集

  1. ^ a b Garajonay National Park, Spain”. ナショナル・ジオグラフィック. 2017年5月14日閲覧。
  2. ^ La Gomera”. 国際連合教育科学文化機関(UNESCO). 2017年5月14日閲覧。
  3. ^ Fire in Spain's Canary Islands forces La Gomera exodus”. BBC (2012年8月13日). 2017年5月14日閲覧。
  4. ^ Canaria Island forest fires”. インデペンデント (2012年9月28日). 2017年5月14日閲覧。
  5. ^ El Cabildo de La Gomera ve una 'planificación malévola' tras el incendio”. エルムンド (2012年8月7日). 2017年5月14日閲覧。

外部リンク編集