メインメニューを開く

ガリシア統一左翼[1]ガリシア語: Esquerda Unida、EU)はスペインの全国政党(連合)統一左翼ガリシア州での連合組織。2012年の自治州議会選挙において5議席を獲得した。また、自治州内の自治体議会において14議席を有する(カンブレフェネフェロルムガルドスネダビベイロビラガルシーア・デ・アロウサオ・グローベ、他)。

 ガリシア州の政党連合
ガリシア統一左翼

Esquerda Unida(EU)
代表者 ジョランダ・ディアス
創立 1986年
合併元 ガリシア共産党(PCG)、社会主義行動党(PASOC)(注1)、ガリシア共和主義左翼(ERG)(注2)、ガリシア人民共産党(PCPG)(注3)、緑の党(Os Verdes)
政治的思想 連邦主義社会主義共産主義、エコ社会主義、ガリシア民族主義民族自決主義
政治的立場 左翼
国内連携 統一左翼(IU)
選挙連合 アルテルナティーバ・ガレーガ・デ・エスケルダ(AGE)
自治州議会議席
5 / 75
AGE内)
自治体議会議席
14 / 3,811
公式サイト
http://www.esquerdaunida.org/

注1:2001年政党連合を離脱。
注2:2002年政党連合を離脱。
注3:1989年政党連合を離脱。

歴史編集

結成編集

1986年、スペインのNATOへの残留をめぐって国内で激しく議論が交わされている時、ガリシア共産党(PCG、スペイン共産党のガリシア支部政党組織)、社会主義行動党スペイン語版のガリシア支部組織、共和主義左翼スペイン語版(ガリシア共和主義左翼)、ガリシア人民共産党スペイン語版(PCPG、スペイン人民共産党スペイン語版のガリシア支部組織)などと特定の政治勢力に参加していない人々によって、選挙連合として結成された。1989年政治、社会運動体に転換した。初代代表者(Coordinador Xeral)はPCGの書記長アンショ・ゲレイロが就いた。

1995年、1993年の総選挙自治州選挙において選挙連合を組んで、議席を得ることはかなわなかったものの、ガリシア統一左翼の歴史の中で最高の結果をもたらしたガリシア社会党=ガリシア左翼スペイン語版(PSG-EG)の一部が加入した。また、同年の自治体選挙においても、ルーゴフェロルで3議席を獲得し、ガリシア統一左翼の歴史始まって以来の最高の結果であった。

内部分裂編集

1997年5月25日、代表アンショ・ゲレイロ(全国レベルでは新左翼民主党スペイン語版に支持された)率いる全国編成評議会、全国会議で採択された決定に反して、同年の州議会選挙においてガリシア社会主義者党(PSdeG)と共闘することを決定した[2]

ルーゴ自治体議会議員カルロス・ダフォンテを中心とする一派とガリシア共産党書記長マヌエル・ペーニャ=レイに率いられたグループは集会を招集、全国組織Izquierda Unidaとこれまで同様の関係を維持すること、次期州議会選挙においてIzquierda Unidaの名称で臨むこと(選挙委員会がガリシア語での名称Ezquerda Unidaの使用中止を決定したことによる)、そしてマヌエル・ペーニャ=レイを選挙での自治州首相候補とすることを決めた。そして翌1998年マヌエル・ペーニャ=レイを代表代行に選出した。

その後、アンショ・ゲレイロに率いられたグループはガリシア左翼スペイン語版を結成した。そして裁判所は最終的に統一左翼(Izquierda Unida)のガリシア支部政党連合にたいしてEsquerda Unida(ガリシア語で統一左翼の意)の名称の使用を認めた。今日政党ガリシア左翼は存在せず、またそのメンバーの多くは再びガリシア統一左翼(EU-IU)のメンバーとなっている。

2000年に開催された党大会で、ガリシア共産党(PCG)のカルロス・ダフォンテ書記長が代表に選出され、2002年7月にPCGの書記長を辞するまでその地位にあった[3]。2003年の党大会ではフェロル地区の責任者であり、ムガルドスPSdeGBNGと連立し、自治体政府の一翼を担っていたが、その後与党を離脱したピラール・ディアスがEU-IU代表に選出された。

2004年の総選挙では、得票31,908(1.74%)で、州内では第3勢力であるBNGと大差をつけられた第4勢力に終わった[4]。その後、代表のピラール・ディアスは支援者の支持を十分集めることができず、辞任、そして2005年の次期大会開催まで暫定委員会が組織を率いることとなった。2005年大会でフェロルの自治体議会議員のジョランダ・ディアスが新代表に選出された。

ジョランダ・ディアス代表編集

2005年の自治州議会選挙では、自治州首相候補にジョランダ・ディアスを掲げたが得票12,000票あまり(得票率0.8%)で、第4党に終わった。2007年の自治体選挙では全ガリシアで22,587票(得票率1.37%)を得て、14議席を獲得[4]した(前回の2003年の選挙では19,643票、得票率1.17%、獲得議席11であった[4])。特に代表のジョランダ・ディアスが出馬したフェロルで4議席、そしてビラガルシーア・デ・アロウサで3議席と躍進した[4][5]。フェロルではガリシア社会主義者党(PSdeG)のビセンテ・イリサーリと連立政権を組織、2008年10月に連立を解消するまで、市政運営に携わった。

2008年の総選挙では、24,308票(1.37%)を獲得、州内の第4勢力にとどまった[4]。2009年の州議会選挙では、前回に比して好調に選挙運動は推移していたが、結果は6位と惨敗した。同年の欧州議会選挙もほぼ同じ結果に終わった(14,956票、1.31%)[4]

左翼勢力の再結集編集

2010年6月5日サンティアゴ・デ・コンポステーラのテアトロ・プリンシパルにおいて左翼勢力再結集大会が挙行された。この大会にはガリサ人民戦線(FPG)スペイン語版や、労働者統一セントラル(CUT)ガリシア語版労働者委員会(CCOO)教育労働者組合連合(STEG)スペイン語版などの労働組合、世界女性行進ガリシア語版、Sinerxiaなどの市民団体や個人が参集した[6]。また、フェロル、ビーゴア・コルーニャをはじめ、各地で再結集大会が行われた。

2011年3月11日に行われた地方選挙(Elecciones municipales de España de 2011)では、得票30,177、得票率1.91%、獲得議席14という1993年以来の最高の結果であった[4]。県別では、ア・コルーニャ県11、ポンテベドラ県3、7都市[7]では、フェロル2、ア・コルーニャ、ビーゴ各1であった。

同年11月に行われた総選挙においても、得票数67,751、得票率4.12%で1993年以来の最高の結果を得た[4]

2012年7月14日サンティアゴ・デ・コンポステーラにおいて、アノーバ=イルマンダーデ・ナショナリスタエンコントロ・イルマンディーニョ、ガリサ人民戦線、モベメント・ポラ・バセなどの団体によって構成)が結成され[8][9]、ガリシア統一左翼との共闘を進めることが発表された[10]。一方EUの側からは"Syriza galega"との名称のガリシア反資本主義勢力戦線について、ANOVA、FPG、エコソシャリスタ・ダ・ガリサとの間で会合がもたれるとの発表がなされた。同年8月ガリシア統一左翼とFPGとの間で、革新性とガリシアの民族自決を基調とし、より広範囲にこの計画を一致して推し進めることが合意された[11][12]

2013年に予定されていた自治州議会選挙が前倒して行われるという発表がなされた後、ANOVAはガリシア統一左翼を含めた左派による広範な選挙連合の組織化を推進することを公式声明として発表した[13]。同年9月4日にはガリシア統一左翼の政治委員会はANOVAの提案に同意した[14]。またエコロジスト政党EQUOスペイン語版もこの提案に参加する意思のあることを発表した[15]

最終的に選挙連合の名称はアルテルナティーバ・ガレーガ・デ・エスケルダに決定した[16]。他の政治団体、政党にも広く門戸を開くため、主権主義や、EQUOが提唱する反資本主義などについても盛り込まれた。コンプロミソ・ポル・ガリシア(CxG)スペイン語版を構成する諸党も同連合への参加をすでに決定していたが[17]、最終的な合意には至らず[18]、このことを受けてエスパソ・エコソシャリスタ[19]はCxGを脱退した。

2012年10月21日に行われたガリシア自治州議会選挙では、選挙連合アルテルナティーバ・ガレーガ・デ・エスケルダは得票率13.99%で大躍進し、9議席を獲得、ガリシア民族主義ブロック(BNG)を抜いて議会第3党となった。獲得議席9のうち5議席がガリシア統一左翼に配分された。

選挙結果編集

下院議員選挙
ガリシア州での統一左翼の選挙結果
選挙 選挙での名称(ガリシア語 得票 得票率 議席
1986年 Plataforma Galeguista e de Esquerda Unida 14,614 1.14% 0
1989年 Esquerda Unida 43,645 3.28% 0
1993年 Esquerda Unida - Unidade Galega(es 74,605 4.71% 0
1996年 Esquerda Unida - Esquerda Galega 62,253 3.63% 0
2000年 Esquerda Unida - Izquierda Unida 21,127 1.28% 0
2004年 Esquerda Unida - Izquierda Unida 31,908 1.74% 0
2008年 Esquerda Unida - Izquierda Unida - Alternativa 25,308 1.37% 0
2011年 Esquerda Unida - Os Verdes[20] 67,182 4.12% 0
ガリシア自治州議会選挙
ガリシア統一左翼の選挙結果
選挙 選挙での名称(ガリシア語) 首相候補 得票 得票率 議席
1989年 Esquerda Unida (EU-IU) アンショ・ゲレイロ 19,774 1.49% 0
1993年 Esquerda Unida - Unidade Galega カミーロ・ノゲイラ 44,902 3.09% 0
1997年 Izquierda Unida a マヌエル・ペーニャ=レイ 13,964 0.88% 0
2001年 Esquerda Unida - Izquierda Unida カルロス・ダフォンテ 10,431 0.68% 0
2005年 Esquerda Unida - Izquierda Unida ジョランダ・ディアス 12,418 0.74% 0
2009年[21] Esquerda Unida - Izquierda Unida ジョランダ・ディアス 16,441 0.99% 0
2012年 Alterenativa Galega de Esquerda b ショセ・マヌエル・ベイラス 200,101 13.99% 5(9)[22]

a Esquerda Unida - Esquerda Galegaという名称はガリシア社会主義者党(PSdeG) 、緑の党(Os Verdes)と選挙連合を組んだアンショ・ゲレイロ側(Esquerda de Galicia)によって使用された。
b ガリシア統一左翼(Esquerda Unida)、アノーバ=イルマンダーデ・ナショナリスタ(Anova)、EQUO、エスパソ・エコソシャリスタ(Espazo Ecosocialista Galego)による選挙連合。

歴代代表編集

代表職名はCoordinador Xeral。

  • 1986-1997: アンショ・ゲレイロ(Anxo Guerreiro)
  • 1998-2000: マヌエル・ペーニャ=レイ(Manuel Peña-Rey)
  • 2000-2002: カルロス・ダフォンテ(Carlos Dafonte)
  • 2003-2004: ピラール・ディアス(Pilar Díaz)
  • 2004-2005: 暫定委員会
  • 2005-: ジョランダ・ディアス(Yolanda Díaz)

脚注編集

  1. ^ 組織名はガリシア語で統一左翼を意味するEsquerda Unida、あるいは全国組織の名称でカスティーリャ語で同義のIzquierda Unidaを前述のガリシア語名とハイフンでつないだEsquerda Unida - Izquierda Unida)ものが使われる。略号はガリシア語のEU、あるいはカスティーリャ語の略称をハイフンでつないだEU-IUが使われる。本記事では日本語訳名としては地域名を冠したガリシア統一左翼とする。
  2. ^ Esquerda Unida respalda por abrumadora mayoría el pacto con el PSOE en Galicia” (スペイン語). El País (1997年5月25日). 2013年3月6日閲覧。
  3. ^ Dafonte dimite como coordinador de EU e denuncia intentos de desmontar o partido” (ガリシア語). La Voz de Galicia (2002年8月20日). 2013年3月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h Consulta de Resultados Electorales” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior, Subsecretaría Dirección General de Política Interior. 2013年3月7日閲覧。
  5. ^ Terra Galega consolídase como a cuarta forza, fronte a EU e o Partido Galeguista” (ガリシア語). La Voz de Galicia (2007年5月28日). 2013年3月6日閲覧。
  6. ^ Cara a un programa mínimo común” (ガリシア語). Vieiros (2010年6月6日). 2013年3月6日閲覧。
  7. ^ ガリシア州では、人口上位7番目までの自治体をcidade、「市」、「都市」という言い方で呼ぶ。
  8. ^ Novo Proxecto se constituye en asamblea sin el independentismo y con una candidatura de consenso con Beiras y Noriega” (スペイン語). Europa Press (2012年7月13日). 2013年3月8日閲覧。
  9. ^ エンコントロ・イルマンディーニョは2012年2月まで、モベメント・ポラ・バセは2009年3月までガリシア民族主義ブロックを構成政党であった。
  10. ^ Abalo pugnará para que IU en Galicia participe en Anova-Irmandade Nacionalista” (スペイン語). Faro de Vigo (2012年7月16日). 2013年3月8日閲覧。
  11. ^ Xuntanza da FPG con Esquerda Unida (EU)” (ガリシア語). Frente Popular Galega (2012年8月22日). 2013年3月8日閲覧。
  12. ^ Xuntanza coa FPG” (ガリシア語). Esquerda Unida (2012年8月22日). 2013年3月8日閲覧。
  13. ^ Beiras expón unha «alianza estratéxica» para as eleccións galegas a BNG, EU e Compromiso por Galicia” (ガリシア語). La Voz de Galicia (2012年8月31日). 2013年3月9日閲覧。
  14. ^ Esquerda Unida acepta presentarse en coalición con Beiras ás eleccións galegas” (ガリシア語). La Voz de Galicia (2012年9月4日). 2013年3月9日閲覧。
  15. ^ Equo se suma a la 'Syriza gallega' con Xosé Manuel Beiras e Izquierda Unida” (スペイン語). El Mundo (2012年9月5日). 2013年3月9日閲覧。
  16. ^ Anova e IU se presentarán como 'Alternativa Galega de Esquerda'” (スペイン語). Europa Press (2012年9月11日). 2013年3月9日閲覧。
  17. ^ Compromiso por Galicia apuesta por una "coalición técnica" con EU y Beiras” (スペイン語). El País (2012年9月6日). 2013年3月9日閲覧。
  18. ^ Compromiso por Galicia se descuelga del pacto de izquierdas” (スペイン語). El País (2012年9月8日). 2013年3月9日閲覧。
  19. ^ Espazo Ecosocialista Galegoはエコ社会主義(Eco-socialism)政党で、コンプロミソ・ポル・ガリシア創設政党のひとつ。
  20. ^ Elecciones Generales de 2011” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior (2011年11月22日). 2013年3月9日閲覧。
  21. ^ Resultados definitivos de las elecciones al Parlamento de Galicia de 2009 en el Diario Oficial de Galicia, nº. 60 del 27 de marzo de 2009
  22. ^ アルテルナティーバ・ガレーガ・デ・エスケルダの獲得議席9のうちの5議席がガリシア統一左翼に割り当てられた。

外部リンク編集