メインメニューを開く

ガリナ・ボスコボワGalina Voskoboeva, ロシア語: Галина Олеговна Воскобоева, 1984年12月18日 - )は、ロシアモスクワ出身でカザフスタンの女子プロテニス選手。これまでにWTAツアーでダブルス5勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス42位、ダブルス26位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

ガリナ・ボスコボワ
Galina Voskoboeva
Tennis pictogram.svg
Voskoboeva RG13 (22) (9377137454).jpg
ガリナ・ボスコボワ
基本情報
フルネーム Galina Olegovna Voskoboeva
国籍 ロシアの旗 ロシア (2002–2008)
 カザフスタン (2009–現在)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
居住地  カザフスタンアスタナ
生年月日 (1984-12-18) 1984年12月18日(34歳)
身長 183cm
体重 67kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2002年
ツアー通算 5勝
シングルス 0勝
ダブルス 5勝
生涯獲得賞金 4,746,923 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2009・12)
全仏 2回戦(2008・09・13)
全英 2回戦(2012)
全米 2回戦(2012・13)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2007)
全仏 ベスト8(2008・13)
全英 3回戦(2012)
全米 3回戦(2006・11・13)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 ベスト4(2012)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 42位(2012年5月7日)
ダブルス 26位(2012年8月20日)
2018年10月28日現在

来歴編集

6歳でテニスを始め、2002年にプロに転向。

4大大会では2004年全米オープンのダブルスで初出場した。シングルスでは2006年全豪オープンで初出場。シングルスでは3回戦進出が最高成績である。ダブルスでは2007年全豪オープン2008年全仏オープンアシュリー・ハークルロード英語版と、2013年全仏オープンクリスティナ・ムラデノビッチとペアを組み3度ベスト8に進出している。

ボスコボワは2008年にカザフスタン国籍に変更した。

シングルスでは2011年9月のソウル大会の準優勝が唯一の決勝進出でありWTAツアータイトルの獲得はないが、ダブルスでは5勝を挙げている。2012年5月7日付のランキングで自己最高のシングルス42位を記録している。

ボスコボワはロンドン五輪リオデジャネイロ五輪の2大会でカザフスタン代表としてオリンピックに出場している。ロンドンではシングルス1回戦でハンガリーのティメア・バボシュに 4-6, 2-6 で、ヤロスラワ・シュウェドワと組んだダブルスも2回戦でロシアのマリア・キリレンコ&ナディア・ペトロワ組に 3-6, 2-6 で敗退した。リオではシュウェドワとのダブルスのみに出場したが、ベルギーのキルステン・フリプケンス&ヤニナ・ウィックマイヤー組との1回戦を途中棄権している。


WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 1回 (0勝1敗)編集

大会グレード
2008年以前 2009年以後
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
ティア I (0–0) プレミア・マンダトリー (0-0)
プレミア5 (0-0)
ティア II (0–0) プレミア (0–0)
ティア III (0–0) インターナショナル (0–1)
ティア IV & V (0–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2011年9月25日   ソウル ハード   マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス 6–7(0), 6–7(2)

ダブルス: 17回 (5勝12敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2005年10月9日   タシケント ハード   アナスタシア・ロディオノワ   マリア・エレナ・カメリン
  エミリー・ロワ
3–6, 0–6
準優勝 2. 2006年10月15日   モスクワ カーペット (室内)   イベタ・ベネソバ   フランチェスカ・スキアボーネ
  クベタ・ペシュケ
4–6, 7–6, 1–6
準優勝 3. 2007年1月6日   ゴールドコースト ハード   イベタ・ベネソバ   ディナラ・サフィナ
  カタリナ・スレボトニク
3–6, 4–6
優勝 1. 2011年3月6日   クアラルンプール ハード   ディナラ・サフィナ   ノッパワン・ラトチェワカーン
  ジェシカ・ムーア
7–5, 2–6, [10–5]
優勝 2. 2011年4月30日   エストリル クレー   アリサ・クレイバノワ   エレニ・ダニリドゥ
  ミハエラ・クライチェク
6–4, 6–2
優勝 3. 2011年5月21日   ブリュッセル クレー   アンドレア・フラバーチコバ   クラウディア・ヤンス
  アリシア・ロソルスカ
3–6, 6–0, [10–5]
準優勝 4. 2011年7月23日   バクー ハード   モニカ・ニクレスク   マリヤ・コリツェワ
  タチアナ・ポウチェク
3–6, 6–2, [8–10]
準優勝 5. 2011年9月25日   ソウル ハード   ベラ・ドゥシェビナ   ナタリー・グランディン
  ブラディミラ・ウーリロバ
6–7(5), 4–6
準優勝 6. 2011年10月22日   モスクワ ハード
(室内)
  アナスタシア・ロディオノワ   バニア・キング
  ヤロスラワ・シュウェドワ
6–7(3), 3–6
準優勝 7 2012年5月5日   エストリル クレー   ヤロスラワ・シュウェドワ   荘佳容
  張帥
6-4, 1-6, [9-11]
優勝 4. 2013年2月23日   メンフィス ハード
(室内)
  クリスティナ・ムラデノビッチ   ソフィア・アルビドソン
  ヨハンナ・ラーション
7–6(5), 6–3
準優勝 8. 2013年9月21日   広州 ハード   バニア・キング   謝淑薇
  彭帥
3-6, 6-4, [10-12]
準優勝 9. 2014年1月4日   ブリスベン ハード   クリスティナ・ムラデノビッチ   アーラ・クドゥリャフツェワ
  アナスタシア・ロディオノワ
3-6, 1-6
優勝 5. 2014年3月1日   アカプルコ ハード   クリスティナ・ムラデノビッチ   ペトラ・チェトコフスカ
  イベタ・メルツァー
6–3, 2–6, [10–5]
準優勝 10. 2017年2月26日   ブダペスト ハード
(室内)
  アリーナ・ロディオノワ   謝淑薇
  オクサナ・カラシニコワ
3–6, 6–4, [4–10]
準優勝 11. 2018年7月29日   モスクワ クレー   アレクサンドラ・パノワ   アナスタシア・ポタポワ
  ベラ・ズボナレワ
0–6, 3–6
準優勝 12. 2019年4月14日   ルガーノ クレー   ベロニカ・クデルメトワ   アンドレア・ミトゥ
  ソラナ・チルステア
6–1, 2–6, [8–10]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 通算成績
全豪オープン A LQ 2R 1R A 3R 1R A 3R 1R 2R A A 1R 6–8
全仏オープン A LQ 1R LQ 2R 2R LQ A 1R 2R A A 1R A 3–6
ウィンブルドン A LQ LQ LQ 1R 1R A LQ 2R 1R A A A A 1–4
全米オープン LQ LQ 1R A 1R 1R A 1R 2R 2R A A A A 2–6

外部リンク編集