メインメニューを開く

ガルフストリーム G650

ガルフストリーム G650

ガルフストリーム G650

ガルフストリーム G650 (Gulfstream G650) は、ガルフストリーム・エアロスペースによる双発のビジネスジェットである[2]。このモデルは、Gulfstream GVI として型式証明を受けており[3]、11名から18名の乗客を運ぶのに適している。ガルフストリーム社はG650計画を2005年に開始し、2008年に公表した。G650は最高速度がマッハ0.95で、ガルフストリーム社の最大最速のビジネスジェットである。

この航空機プロジェクトは、「航空機の性能、客室の快適さ、安全性に重要な技術的進歩をもたらし、ビジネスジェット業界をより強固にした」として、2014年にCollier Trophy英語版を受賞している[4]。G650ERは、G650の航続距離を伸ばしたバージョンである[5]

目次


開発編集

 
2012年のEBACEで展示された未塗装のプロトタイプ
 
プロトタイプのキャビン
 
G650のコックピット

ガルフストリームG650は、2005年5月に社内プロジェクトとして公式に開始され、2008年3月13日に公表された。公表の際、ガルフストリーム社の幹部は、「新モデルは市場投入する当社の最大最速、そして最も高価なビジネスジェットになるだろう」と述べた[6]

翼のデザインは2006年に仕上がり、計1,400時間の風洞実験が2008年までに完了した。気圧試験用の胴体が作られ、最大気圧18.37psiを含む実験が行われた[7]

G650は2009年9月26日に、初めて自分の動力で地上を移動した[8]。そして同年9月29日に一般披露の祝典が開かれ[9]、11月25日に初飛行を行った[10]

最大運用速度(マッハ0.925)の飛行試験が、2010年5月2日に実施された[11]。また、1800時間に及ぶ飛行試験計画の一部として、降下時にマッハ0.995の最大速度を達成したと、同年8月26日に公表された[12]。2011年4月に、G650は離陸直後に墜落した。原因は、片側エンジンを停止させた状態で離陸しようとした際のスピードにあると判断された。G650の他の試験機は、試験飛行に戻ることが許された2011年5月28日まで地上に留まらざるを得なかった[13][14]

2012年9月7日、G650はアメリカのFAA(連邦航空局)から型式証明を受けた[15]。最初のデリバリーは、2012年12月27日にPreston Henn[16]というアメリカの顧客に行われた[17]

2013年時点で、G650には6,450万ドルの定価が付けられていた[18]が、デリバリーを待つ顧客リストは既に3年待ちになっていた。2013年にデリバリーされたいくつかの機体は、すぐにデリバリーを受けたい買い手に7,000万ドル以上の値段で転売された[19]

2014年5月には、ガルフストリームはG650がアメリカ空軍のE-8C JSTARS(空対地の監視・ターゲティング機)の更新に提供されるだろうと認めた。その更新の要件は、10~13人が搭乗でき、胴体の下に長さが3.9~6mのレーダーを搭載できることを求めている[20]

デザイン編集

 
搭乗口を開いたG650
 
飛行中のG650
 
離陸するG650

G650は、最大速度がマッハ0.925、巡航速度がマッハ0.85~0.9、航続距離が最大13,000km(7,000海里)である。また、フル装備のキッチンとバーを持ち、衛星電話や無線インターネットなどの多様なエンターテイメント機能を装備できる。同機は、二つのロールスロイス製BR725エンジンを搭載し、各エンジンが17,000ポンド(75.6kN)の最大推力を生み出す[21]。ガルフストリーム社は、同機は重量が45.4t(100,000 lb)を下回るので、世界中で混雑空港を避け、小規模の空港に着陸可能であると述べている。

ガルフストリームのデザイナーは、内部容積を有効利用するため、円形の胴体を用いることを拒み、底部が平らな楕円型を支持した[22]。キャビンは、幅が2.59m(8ft 6in)、高さが1.96m(6ft 5in)あり[23]、11~18人の乗客を乗せる構成に適している。胴体は金属製で、尾翼やウィングレット、後部圧力隔壁、エンジンのカウリング、キャビンの床構造、多くのフェアリングには複合材が用いられている。胴体の各側面に8個ずつある卵形の窓は、幅が71cm(28in)ある。パネルはリベット接合ではなく接着が用いられ、G550に比べてパーツ数が減っている[24]

翼の後退角は、従来のガルフストリーム機(例えばG550の翼なら27度)に比べて、より大きな36度になっている。最先端の高揚力装置は用いず、後部のフラップ支持材は翼の輪郭の中に完全に格納されている。翼の前面は連続的に変化する曲線状で、翼の形は付け根からウィングレットを含む先端まで連続的に変化している。

機体制御は完全にフライ・バイ・ワイヤになっており、パイロットと動翼の間に機械的な制御は存在しない。動翼は二重の油圧系統で動かされる。G650は、G550と共通の型式限定を得るために、G550の操縦桿を共用している[22]。多くの旅客機フライ・バイ・ワイヤを用いているが、ビジネス・ジェットでは、G650はダッソーファルコン 7Xに次ぐ2番目の導入であり、エンブラエルレガシー 500が3番目である[25]

G650ER編集

ガルフストリーム G650ERはG650の燃料搭載量を増やし、航続距離を伸ばしたモデルである。

ガルフストリーム社は、G650ERと呼ぶ航続距離を伸ばしたモデルを開発していることを、2014年5月18日にEBACE(ヨーロッパ・ビジネス航空博覧会)で明らかにした。ERは、Extended-Rangeの略である。G650ERは、マッハ0.85で13,900km(7,500海里)の飛行が可能であり、これはノーマルのG650よりも900km(500海里)長い[26]

G650ERは、公表前の2014年3月に、世界記録となるスピード記録を作っていた。往路はロサンゼルスからオーストラリアのメルボルンまで、12,866kmの距離を平均速度マッハ0.86で飛び、14時間58分かけて到達した。帰路は香港からニュージャージー州のテターボロ空港まで、13,879kmの距離を平均速度マッハ0.865で飛び、14時間7分で到達した。また、この飛行能力により、ビジネスジェットでは初めて西ヨーロッパからオーストラリアまでノンストップで到達可能となる[26][27]

G650ERは2014年10月に型式証明を受け、目標としていた2015年よりも早く、2014年後半にデリバリーされた[28]。その後、G650ERは地球を一周する最短記録を成し遂げた。往路はニューヨークから北京まで平均速度マッハ0.87で13時間20分かけて飛び、帰路は北京からジョージア州のサバンナへ平均速度マッハ0.89で12時間で飛んだ[29]

2014年の価格は6,650万ドルであった。既存のG650は、燃料システムを変更することでG650ERに改修できるが、それには200万ドルかかる改造が必要となる[30]

事故編集

2011年4月2日、G650の試験2号機がニューメキシコ州のロズウェル国際航空センター英語版から離陸する際に墜落し、搭乗していた4人のガルフストリーム社員(二人のパイロットと二人の試験エンジニア)が死亡した。その機は、右エンジンの推力を失うトラブルをシミュレーションする離陸性能試験を行っていた[31]。G650は、右翼端を滑走路にぶつける前、高角度の迎え角で飛ぶ状態になっていた。そして地上を滑り、火に包まれた[32]

NTSB(国家運輸安全委員会)は、適切に加速して離陸速度を確保するのに失敗したことと、低すぎるV2速度を何とかしようと積極的に試みたことによって、機体の空力的失速を招いたことが墜落原因であると結論づけた。事故の後、ガルフストリーム社は、G650のV2速度を時速250km(135ノット)から時速280km(150ノット)に引き上げた[31]。NTSBは、ガルフストリーム社が情報を提供しないと批判したが、同社は否定した。NTSBは、調査中のガルフストリーム社の法律顧問の使い方についても批判した[33]

スペック編集

モデル G650[34] G650ER[35]
乗員 パイロット2名+予備パイロット1名+アテンダント1名
乗客数 最大19名
全長 30.41 m (99 ft 9 in)
全幅 30.36 m (99 ft 7 in)
全高 7.82 m (25 ft 8 in)
最大離陸重量 45,178 kg (99,600 lb) 46,992 kg (103,600 lb)
最大着陸重量 37,875 kg (83,500 lb)
最大 無燃料重量 27,442 kg (60,500 lb)
基本運航重量 24,494 kg (54,000 lb)、乗員4名
最大積載量 2,948 kg (6,500 lb)
最大燃料時の積載量 816 kg (1,800 lb)
最大燃料 20,049 kg (44,200 lb) 21,863 kg (48,200 lb)
エンジン(ターボファン)(2×) ロールスロイス製 BR725
離陸推力 (2×) 75.20 kN (16,900 lb)
航続距離
(マッハ 0.85、乗客8名、乗員4名)
12,964 km (7,000海里) 13,890 km (7,500海里)
高速巡航時の速度 マッハ 0.90、956 km/h (516 kn/h)
長距離巡航時の速度 マッハ 0.85、904 km/h (488 kn/h)
最高速度 マッハ 0.925、982 km/h (530 kn/h)
離陸距離(SL, ISA, MTOW) 1,786 m (5,858 ft) 1,920 m (6,299 ft)
着陸距離(SL, ISA, MLW) 不明 914 m (3,000 ft)
初期巡航高度 12,497 m (41,000 ft)
最大巡航高度 15,545 m (51,000 ft)
キャビン 長 14.27 m (46 ft 10 in)
キャビン 高 1.96 m (6 ft 5 in)
キャビン 幅 2.59 m (8 ft 6 in)
キャビン 容積 60.54 m3 (2,138 ft3)
荷物室 5.52 m3 (195 ft3)

参照編集

  1. ^ "Gulfstream G650ER Connects New York with Dubai in Record Time", Gulfstream, December 10, 2018. (2019年2月5日閲覧).
  2. ^ "Gulfstream Introduces the All-New Gulfstream G650". Gulfstream, March 13, 2008. (2017年8月10日閲覧).
  3. ^ "FAA Type Certificate No. T00015AT, Revision 4; Gulfstream GVI". (2017年8月10日閲覧).
  4. ^ Stephen, Pope. (March 13 2015), "Gulfstream G650 Wins Collier Trophy", Flying Magazine. (2017年8月10日閲覧).
  5. ^ "Gulfstream Introduces The New G650ER : Aircraft Now The World’s Longest-Range Business Jet", Gulfstream, May 19, 2014. (2017年8月10日閲覧).
  6. ^ New Gulfstream, Flying Magazine, Vol.135, No.5, May 2008, p.52.
  7. ^ Flying Magazine, Vol.135, No.5, May 2008, p.56.
  8. ^ "Photo Exclusive: The Gulfstream G650". The Enterprise Report.com, September 27, 2009. (2017年8月10日閲覧).
  9. ^ "Gulfstream Aerospace Rolls out New Flagship Aircraft, The All-New Gulfstream G650" , Gulfstream, September 29, 2009. (2017年8月10日閲覧).
  10. ^ "New Gulfstream G650 Completes First Flight", Gulfstream, November 25, 2009. (2017年8月10日閲覧).
  11. ^ "Gulfstream G650 Flies at Mach 0.925", Gulfstream, May 03, 2010. (2017年8月10日閲覧).
  12. ^ "Gulfstream G650 Reaches Mach 0.995 : Accomplishment Establishes G650 As World's Fastest Civil Aircraft", Gulfstream, August 26, 2010. (2017年8月10日閲覧).
  13. ^ "Gulfstream Resumes G650 Flight Testing", Gulfstream, May 28, 2011. (2017年8月10日閲覧).
  14. ^ Bethany, Whitfield. (June 1, 2011), "Gulfstream G650 Flight Testing Resumes Two Months After Fatal Crash", Flying Magazine. (2017年8月10日閲覧).
  15. ^ "Gulfstream G650 Receives Type Certificate", Gulfstream, September 07, 2012. (2017年8月10日閲覧).
  16. ^ "'Redneck' speed freak buys super-fast jet". CNN. (2017年8月10日閲覧).
  17. ^ "Gulfstream Begins Delivering Outfitted G650 Aircraft", Gulfstream, December 20, 2012. (2017年8月10日閲覧).
  18. ^ Whyte, Alasdair. (November 18, 2013), "Speculating on business jets". Corporate Jet Investor. (2017年8月10日閲覧).
  19. ^ Whyte, Alasdair. (November 22, 2013), "Second G650 trades". Corporate Jet Investor. (2017年8月10日閲覧).
  20. ^ Stephen, Trimble. (May 22, 2014), "Gulfstream to pitch G650 for JSTARS replacement". Flightglobal.com. (2017年8月10日閲覧).
  21. ^ "Rolls-Royce presents BR725 engine to power new Gulfstream G650", Rolls-Royce, March 13, 2008. (2017年8月10日閲覧).
  22. ^ a b Warwick, Graham. (13 March 2008), "Gulfstream G650 - in the cockpit", Flightglobal.com. (2017年8月10日閲覧).
  23. ^ Gulfstream G650 Specifications page. Gulfstream. (2017年8月10日閲覧).
  24. ^ Kerry, Lynch. (October 15, 2015), "Gulfstream Expansion Spurs Production Evolution", AINonline. (2017年8月10日閲覧).
  25. ^ Stephen, Pope. (April 23, 2014), "Fly by Wire: Fact versus Science Fiction", Flying Magazine. (2017年8月10日閲覧).
  26. ^ a b Donald, David. (May 19, 2014), "G650ER To Go Extra Miles, Available New Or Retrofit". AINonline. (2017年8月10日閲覧).
  27. ^ "Longer-ranging Gulfsteam G650ER visits Melbourne on record-breaking flight". Austrarian Aviation. May 20, 2014. (2017年8月10日閲覧).
  28. ^ Chad, Trautvetter. (November 18, 2014), "Gulfstream' s 7,500-nm G650ER Enters Service". AINonline. (2017年8月10日閲覧).
  29. ^ Andrew, Moseman. (Feb 20, 2015), "This Gulfstream Flew Around the World With Just One Fuel Stop"」. Popular Mechanics. (2017年8月10日閲覧).
  30. ^ Fred, George. (May 19, 2014) "Gulfstream Announces G650ER". Aviation Week. (2017年8月10日閲覧).
  31. ^ a b "Crash During Experimental Test Flight, Gulfstream Aerospace Corporation GVI (G650), N652GD, Roswell, New Mexico, April 2, 2011". (PDF), page.34, Conclusion on page.52, US National Transportation Safety Board, October 10, 2012. (2017年8月10日閲覧).
  32. ^ Jon, Ostrower. (06 April, 2011), "G650 was at high angle of attack prior to accident", FlightGlobal. (2017年8月10日閲覧).
  33. ^ Croft, John. (May 11, 2012), "Two wing-drop incidents preceded G650 crash – NTSB". FlightGlobal. (2017年8月10日閲覧).
  34. ^ "G650 Specifications". (PDF), Gulfstream. (2017年8月10日閲覧).
  35. ^ "G650ER Specifications". (PDF), Gulfstream. (2017年8月10日閲覧).

関連項目編集