メインメニューを開く
中央通り側入口
ドーム広場

ガレリア竹町(ガレリアたけまち)は、大分県大分市中心部の中央町にあるアーケード商店街である。

目次

概要編集

2004年(平成16年)に百周年を迎えた大分県で最も古い商店街である。「ガレリア」は、イタリア語で「屋根付き商店街」を意味する[1]

場所編集

大分市中心街を南北に走る目抜き通りの中央通りから、西に延びてOASISひろば21に至る延長349m[2]の商店街である(google マップ)。途中で南北に延びる商店街のセントポルタ中央町と交差する。

なお、竹町通り自体は、OASISひろば21からさらに西に延びて、大分市王子新町の大分大学教育福祉科学部附属中学校にまで至る通りであり、大分駅の高架化前には東春日町の竹町通りと日豊本線とが交差する箇所に竹町通り踏切が存在していた(高架化に伴い、2012年7月に撤去)[3]

構造編集

中央通り側入口からセントポルタ中央町との交差点までの部分は広場になっており、この部分に架かるアーケードは、高さ18m、幅24mで、断面積は日本最大[4]。ガレリア竹町とセントポルタ中央町との交差部には開閉式ドームが設けられており、この広場はこれにちなんでドーム広場と呼ばれる。

広場には、1994年ポルトガル帆船のモニュメントが設置されていた。このモニュメントは上下に揺れる仕掛けを備えていたが後に故障し、2015年に老朽化及びドーム広場の有効利用のために撤去された[5][6]。撤去後の帆船は、2017年に大分県由布市の博物館岩下コレクションに譲渡された[7]

ガレリア竹町とOASISひろば21の間の歩道には、2015年3月30日にシェルターが完成し、雨天でもぬれずにOASISひろば21まで通行できるようになった[8][9]

歴史編集

 
2014年の改修前の中央通り側入口(2007年12月)
 
ポルトガル帆船のモニュメント(2015年に撤去)
 
ドーム広場 ポルトガル帆船 撤去後
  • 1905年(明治38年) - 竹町通りの商店による商店会竹町尚栄会が設立された[10]
  • 1929年(昭和4年) - 大分県で初めてのアスファルト舗装が施された。
  • 1934年(昭和9年)10月 - 大分県初の百貨店である一丸デパートが開店。
  • 1945年(昭和20年)7月 - 大分空襲により全焼。
  • 1953年(昭和28年) - 初代アーケード及びカラー舗装が完成[11][12]
  • 1993年(平成5年) - 日本・ポルトガル友好450周年を記念し、全長約8mのポルトガル帆船のモニュメントが設置された。
  • 1994年(平成6年) - 開閉式ドームを備える新アーケードや磁器タイル貼りのカラー舗装が完成。これに合わせて名称を竹町通商店街からガレリア竹町に改めた。
  • 2014年(平成26年) - アーケード天井を改修するとともに、LED照明を採用。
  • 2015年(平成27年)
    • 1月 - ポルトガル帆船のモニュメントを撤去。
    • 2月28日 - ドーム広場の改修が完成し完成セレモニーを開催[6]
  • 2018年(平成30年)3月30日 - Google ストリートビュー撮影用の自動車が歩行者専用のアーケード内を無許可走行。道路交通法通行禁止)違反容疑で大分中央警察署の摘発を受けた[13][14]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ガレリア竹町 大分市
  2. ^ 大分市 竹町商店街 カミムラアーケード
  3. ^ 夜間工事のお知らせ (PDF) 大分県大分駅周辺総合整備事務所他
  4. ^ 大分市竹町商店街 Fujitaka カミムラアーケード事業部
  5. ^ 帆船の引受先「早く決まって」 お別れセレモニー 大分合同新聞、2014年11月30日
  6. ^ a b ガレリア竹町ドーム広場がさらに広く使えるようになります ~「ガレリア竹町ドーム広場及び中央町アーケード完成セレモニー」を開催します~ 大分市
  7. ^ “大分)ガレリア竹町の帆船、湯布院の博物館に譲渡”. 朝日新聞. (2017年4月27日). https://www.asahi.com/articles/ASK4V3S02K4VTPJB00C.html 72018-04-0閲覧。 
  8. ^ 商店街―オアシスに屋根、大分市設置へ : 県都再生おおいた : 特集 読売新聞(YOMIURI ONLINE)、2014年12月21日
  9. ^ 「雨の日でも快適 シェルターが完成」 竹町アーケードから県立美術館へ向かう歩道にシェルターを設置しました 大分市
  10. ^ ガレリア竹町のあゆみ ガレリア竹町
  11. ^ 工藤健太の祝ぅちょくれ!|ハロー大分 テレビ大分、2007年10月13日
  12. ^ 市報おおいた 平成17年10月15日号 (PDF) 大分市
  13. ^ “グーグル車、無許可走行か 大分の歩行者道、県警捜査”. 日本経済新聞. (2018年3月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28813800Q8A330C1ACYZ00/ 72018-04-0閲覧。 
  14. ^ “グーグル撮影車両の運転手を通行禁止容疑で摘発”. 大分合同新聞. (2018年4月2日). https://oita-press.co.jp/1010000000/2018/04/02/131501188 72018-04-0閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集