ガンギエイ目、雁木鱝目 Rajiformes は、軟骨魚綱板鰓亜綱の下位分類群で、エイのグループのひとつ。

ガンギエイ目
Big skate seaworld.jpg
ガンギエイ科の一種 Big skate
Raja binoculata
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ガンギエイ目 Rajiformes
英名
Skate
(本文参照)

Nelson (1994) の分類において、このグループはガンギエイ亜目 (Rajoidei) としてエイ目の下に置かれ、ガンギエイ科 (Rajidae) の3科が設置されている。Nelson (2006) の分類ではサメ・エイ2分説が採用され、エイ目はエイ亜区 (Batoidea) になり、ガンギエイ亜目を含む4亜目はそれぞれ目に格上げされている。

分類編集

ガンギエイ科編集

 
メガネカスベ Beringraja pulchra(ガンギエイ科)。日本の北海道では単にカスベとも呼ばれ、漁業の対象になり食用にする。
 
Big skate Beringraja binoculata(ガンギエイ科)の。卵生であるガンギエイ類は特徴的な形状の卵を産む。
 
Raja laevis (Dipturus laevis)の骨格

ガンギエイ科 (: Skate、学名:Rajidae)は、17属162種を含む本目最大のグループ。多くはカスベと呼ばれる。胸鰭は扇のように大きく広がり、体は上下に扁平で底生生活に適した形状となる。尾部は細長く、背鰭、尾鰭は小さいか存在しない場合もある。

ホコカスベ科編集

ホコカスベ科 (: Smooth skate、学名:Anacanthobatidae)は、5属14種を含むグループ。北西大西洋、南インド洋、西太平洋に分布し、水深200m未満の大陸斜面に生息する底生魚が属する。背面には小歯型突起をもたない。

ヒトツビレカスベ科編集

ヒトツビレカスベ科 (: softnose skates、学名:Arhynchobatidae)は、13属108種を含むグループ。北極海や南極海を含む全ての海洋に分布し、浅い沿岸棚から深海にかけて生息する底生魚が属する。吻は柔らかく、極端には尖らない。

オッポカスベ科編集

オッポカスベ科 (: Pygmy skates、学名:Gurgesiellidae)は、3属19種を含むグループ。尾鰭が非常に長い種を含む。

参考文献編集

  • Joseph S. Nelson, Fishes of the world, 4th edition: Wiley & Sons, Inc., 2006

関連項目編集