ガンジス河でバタフライ

ガンジス河でバタフライ』(ガンジスがわでバタフライ)は、たかのてるこのエッセイ。また、それを原作として、名古屋テレビ放送(メ〜テレ)制作テレビ朝日系列2007年10月5日6日に放送されたテレビドラマ

目次

概要編集

テレビドラマ編集

名古屋テレビ放送(メ〜テレ)開局45周年記念ドラマとして、2007年10月5日(金)と6日(土)の2夜連続で、テレビ朝日系列において長澤まさみ主演により放送された。脚本は宮藤官九郎。制作局のメ〜テレではスーパーJチャンネルの16時54分-17時までを差し替えて16時57分から予告を放送した。

視聴率、23:15-前編(10月5日 7.6%)・23:00-後編(10月6日 6.2%)

ドラマの放送を前に、宮藤と原作者のたかのがインドを訪れ、シナリオハンティングを敢行する『「ガンジス河でバタフライ」ができるまで〜宮藤官九郎 史上最悪のインド・シナハン旅へ〜』も放送された。

ドラマのクライマックスは、長澤本人がガンジス河バタフライを泳ぐシーン。長澤は両親にインド行きを心配されたようで、インドロケ前に行われた会見で「に止められまして、けんかをしました(笑い)」と話した。また、長澤の水泳指導には、元日本代表選手で、現在は発展途上国の支援にもかかわるスポーツライター・井本直歩子も参加した。

なお、たかのは現役の東映社員であり、単に原作者としてだけではなく、自らも東映代表のプロデューサーとして制作に深くかかわった。

ストーリー編集

平凡な女子大生の高野てるこは、就職活動の面接で落とされそうになったはずみになぜか「ガンジス河でバタフライしました、私」とつい口をすべらせてしまい、インドを旅することになった。初めての海外「インド」へひとりで旅立ち、さまざまなカルチャーショックを受けるが、旅を続けていき、様々な体験をしていく。

出演編集

「捜索バラエティー・フクロのネズミ」関係者(後編のみ)

スタッフ編集

たかのは通常制作者としては本名で参加するが、このドラマに関しては原作者であり自身が長澤演じる主人公である特殊性から、プロデューサーとしても名義を「たかのてるこ」に統一した。

ネット局編集

関連項目編集

外部リンク編集