ガンディー生誕記念日

ガンディー生誕記念日(ガンディーせいたんきねんび)は、インドの祝日で独立の父と称されるマハトマ・ガンディーの生誕を祝う記念日である[1]。毎年10月2日である。

Gandhi Jayanti
Gandhi Jayanti
挙行者 インド
趣旨 Honours Mohandas Karamchand Gandhi's role in Indian Independence.
日付 10月2日
行事 Community, historical celebrations.
関連祝日 共和国記念日
独立記念日
テンプレートを表示

2007年6月に国連総会で採択された国際非暴力デーもこの記念日に由来する[1]

生誕 150 周年記念イベント編集

2019 年のマハトマ ガンジー生誕 150 周年には、多くの賛辞が贈られた。

  • セントラル レイルウェイ ゾーンでは、生誕150周年を記念して、ディーゼル機関車に国章のトリコロールとガンジーの絵が描かれた[2]
  • インドのナレンドラモディ首相は 150ルピーの硬貨を発行した[3]。下院議員は、マハトマ・ガンジーのビジョンを前進させるために集団宣誓を行った。一方、インド人民党党首のアミット・シャーは、党の全国規模のガンジー・サンカルプ・ヤトラにフラグを立てた。夕方、モディ首相はグジャラート州のサバルマティアシュラムを訪れ、10,000 人のサルパンチに演説しました。彼はまた、インドが「野外排泄のない国」であると宣言し、クリーン・インディア・ミッションの成功を宣言し、プラスチック削減との戦いを開始した。
  • 生誕150周年とガンディーへの貢献を記念する「ガンジーの絵はがき」と題する展覧会が、ジャミアミリアイスラミアのアートギャラリーで開催された。[4][5]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b インドの子どもたちがガンジーに扮してお祝い、生誕150周年控え”. ロイター. 2022年8月15日閲覧。
  2. ^ indian-railways-pays-unique-tribute-to-mahatma-gandhi-on-his-150th-birth-anniversary-year”. www.livemint.com (2019年9月25日). 2019年10月9日閲覧。
  3. ^ PM Modi releases commemorative Rs 150 coins on Mahatma Gandhi's birth anniversary”. www.indiatoday.in (2019年10月2日). 2019年10月9日閲覧。
  4. ^ “postcard-exhibition-depicts-gandhi-s-ideas-of-environment-conservation”. Business Standard India. Press Trust of India (wap.business-standard.com). (2019年10月2日). https://wap.business-standard.com/article/pti-stories/postcard-exhibition-depicts-gandhi-s-ideas-of-environment-conservation-119100200831_1.html 2019年10月12日閲覧。 
  5. ^ The exhibition was conceived, designed and curated by Prof. Farhat Basir Khan”. www.outlookindia.com. 2019年10月12日閲覧。