ガンマカメラは、ガンマ線を可視化するカメラ

概要編集

放射性同位体中性子捕獲反応で生じるガンマ線を可視化するために使用される。

ガンマカメラにはシンチレーション検出器があり、前面には穴に平行に入射するガンマ線のみを通過するためのコリメータと呼ばれる小さい穴が多数開いたまたはタングステン製の板が置かれ、その後ろにシンチレータとしてイオン結晶であるヨウ化ナトリウムの一枚板の結晶があり、その後部には数十本の光電子増倍管が並んでいてシンチレータに到達したガンマ線は光に変換され、さらに光電子増倍管によって電気信号に変換される[1][2]。光電子増倍管の配列は1次元または2次元に配置され、ガンマ線の空間分布を可視化する[3]

用途編集

関連項目編集

脚注編集