メインメニューを開く

ガンマプロテオバクテリア綱(Gammaproteobacteria)とは真正細菌プロテオバクテリア門におけるの一つである。この綱の細菌はグラム陰性である。重要な病原菌を多く含む。

ガンマプロテオバクテリア綱
Vibrio cholerae.jpg
コレラ菌 Vibrio cholerae
分類
ドメ
イン
: 真性細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門 Proteobacteria
: ガンマプロテオバクテリア綱 Gammaproteobacteria
学名
Gammaproteobacteria
Garrity et al. 2005
  • Acidiferrobacterales
  • Acidithiobacillales
  • Aeromonadales
  • Alteromonadales
  • Arenicellales
  • Cardiobacteriales
  • Cellvibrionales
  • Chromatiales
  • Enterobacterales
  • Immundisolibacterales
  • Legionellales
  • Lysobacterales
  • Methylococcales
  • Nevskiales
  • Oceanospirillales
  • Orbales
  • Pasteurellales
  • Pseudomonadales
  • Thiotrichales
  • Vibrionales

特徴編集

ガンマプロテオバクテリア綱には医学的、社会的に重要な細菌を多く含む。腸内細菌科(Enterobacteriaceae)、ビブリオ科(Vibrionaceae)、シュードモナス科(Pseudomonadaceae)などである。重要な病原菌にはSalmonella spp.(腸炎腸チフスの原因菌)やYersinia pestisペスト)、Vibrio choleraeコレラPseudomonas aeruginosa日和見感染による緑膿菌感染症)、Escherichia coli食中毒がいる。重要な植物病原菌にはXanthomonas axonopodis pv. citri(ミカン類潰瘍病Pseudomonas syringae pv. actinidiae(キウイ)、Xylella fastidiosaがいる。クロマチウム属Chromatium)は光合成細菌であり、水の代わりに硫化水素を酸化し、硫黄を排出する。ガンマプロテオバクテリア綱の多くはメタン酸化細菌であり、一部は深海生物のチューブワームと共生している[1]

系統発生編集

Phylogeny of Gammaproteobacteria

Acidithiobacillus




Betaproteobacteria




Xanthomonadales




Chromatiales



Methylococcus



Beggiatoa




Legionellales



RuthiaVesicomyosociusThiomicrospiraDichelobacterFrancisella





MoraxellaceaeAlcalinovorax




Saccharophagus, Reinekea




Oceanospirillaceae




Marinobacter



Pseudomonadaceae








PseudoalteromonadaceaeAlteromonasIdiomarinaceae




Shewanellaceae




Psychromonadaceae




Aeromonas




Vibrionales




Pasteurellales



Enterobacteriales













ガンマプロテオバクテリア綱の系統発生図[2]。単系統ではないためPseudomonadales目やOceanospirillales目、Alteromonadales目は科と属を示す。単系統の目は属のみを示す。(目は-ales、科は-aceae)

ガンマプロテオバクテリア綱はベータプロテオバクテリア綱の側縁である。以下の属は、帰属させる目と科がいまだ不明である。Alkalimarinus属Alkalimonas属Arenicella属Gallaecimonas属Ignatzschineria属Litorivivens属Marinicella属Methylohalomonas属、Methylonatrum属、Plasticicumulans属Pseudohongiella属Sedimenticola属、Thiohalobacter属、Thiohalomonas属、Thiohalorhabdus属、Thiolapillus属およびWohlfahrtiimonas属[3]

脚注編集

  1. ^ http://comenius.susqu.edu/biol/202/EUBACTERIA/PROTEOBACTERIAE/gammaproteobacteria-frame.htm
  2. ^ Williams, K. P.; Gillespie, J. J.; Sobral, B. W. S.; Nordberg, E. K.; Snyder, E. E.; Shallom, J. M.; Dickerman, A. W. (2010). “Phylogeny of Gammaproteobacteria”. Journal of Bacteriology 192 (9): 2305–2314. doi:10.1128/JB.01480-09. PMC: 2863478. PMID 20207755. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2863478/. 
  3. ^ Classification of domains and phyla - Hierarchical classification of prokaryotes (bacteria) - Gammaproteobacteria”. List of Prokaryotic Names with Standing in Nomenclature. 2017年1月13日閲覧。

外部リンク編集