メインメニューを開く

ガンマン無頼』(ガンマンぶらい、原題:Texas, Addio、米題:Goodbye Texas)は、1966年イタリアスペイン西部劇映画。 監督はフェルディナンド・バルディイタリア語版、出演はフランコ・ネロコレ・キトッシュイタリア語版など。 父親の仇を捕えるためにメキシコにやって来たテキサス保安官とその弟を描いている。

ガンマン無頼
Texas, Addio
監督 フェルディナンド・バルディイタリア語版
脚本 フェルディナンド・バルディ
フランコ・ロゼッティイタリア語版
原案 フェルディナンド・バルディ
フランコ・ロゼッティ
製作 マノロ・ボロニーニイタリア語版
出演者 フランコ・ネロ
コレ・キトッシュイタリア語版
エリザ・モンテススペイン語版
ホセ・スアレススペイン語版
音楽 アントン・アブリルスペイン語版
撮影 エンツォ・バルボーニイタリア語版
編集 セルジオ・モンタナリイタリア語版
製作会社 B.R.C. Produzione Film, Roma
Estela Film, Madrid
配給 イタリアの旗 EIFイタリア語版
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 イタリアの旗 1966年8月28日[1]
日本の旗 1967年5月20日[2]
上映時間 93分
製作国 イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ストーリー編集

テキサス保安官を務めるバートは7歳の頃に父親を無法者のシスコに殺された過去を持っている。 ある日、バートはシスコを捕らえて裁判にかけるためにメキシコに向かうが、弟のジムが強引に同行する。 メキシコではシスコの名前を出しただけで無法者たちに絡まれ、シスコの息のかかったマクレオドやミゲル市長からはテキサスに帰るように命じられる。 それでも何とかシスコの屋敷にたどり着き、単身でシスコと対峙したバートは、シスコからジムの実の父親は自分であると告げられる。 苦悩したバートはジムをシスコの屋敷に残し、シスコに命じられるままテキサスに戻ろうとするが、そこにシスコに反旗を翻した町の人々が現れ、彼らに協力してシスコの部下らと戦うことになる。 一方、ジムはシスコから息子であることを告げられ、激しいショックを受ける。

シスコの部下らを倒し、シスコの屋敷に乗り込んだバートだったが、シスコはジムを人質に取り、ジムを巻き込んだバートを責めて撃ち殺そうとする。 ジムはそれをとっさに妨害するが、その場にかけつけたシスコの部下に撃たれてしまう。 激しい怒りにかられたバートはジムを撃った男を殺すが、ジムはバートの腕の中で「テキサスに戻ったら、さようならテキサスと伝えてくれ」と言い残し、息絶える。 バートは激しい銃撃戦の末にシスコを倒すと、テキサスに帰る。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
TBS NET テレビ東京
バート・サリヴァン フランコ・ネロ 小林清志
ジム・サリヴァン コレ・キトッシュイタリア語版 関根信昭 富山敬 石丸博也
ムラータ(混血女性) エリザ・モンテススペイン語版 白井裕子 佐々木優子
シスコ ホセ・スアレススペイン語版 久松保夫 森山周一郎 大塚周夫
マクレオド ホセ・グアルディオラスペイン語版 仁内建之
ミゲル市長 リヴィオ・ロレンツォンイタリア語版 加藤治
ペドロ ヒューゴ・ブランコ 金井大 村松康雄

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Texas, addio (1966) - Release Info” (英語). IMDb. 2012年4月2日閲覧。
  2. ^ ガンマン無頼”. KINENOTE. 2019年10月13日閲覧。

外部リンク編集