メインメニューを開く

GiRLPOP(ガールポップ:和製造語)は、エムオン・エンタテインメント(旧ソニー・マガジンズ)から発行されている音楽雑誌。

また、1990年代から2000年代中盤にかけてソニー・マガジンズを中心に提唱された、日本の若手女性ポップス歌手シンガーソングライターを盛り立てていこうというメディアミックスムーブメントの名称でもある。当時は音楽ジャンル名(関連:ガールグループ)のような使われ方もされ、テレビ・ラジオ番組名にも使われた。

「GiRLPOP」は、女性(girl)とポップス(pops)を合成した造語であり、アクセントとして「i」が小文字になっている。GiRLとPOPの間に空白が入る場合もあったが、入らないものが正式となったようである。

休刊期間をはさんで雑誌の性格が大きく変化しており、#初代(1992年 - 2006年)#2代目(2011年 - )に分けられる。

初代(1992年 - 2006年)編集

1990年代初頭、音楽業界は音楽番組終了が乱発した冬の時代に入っていた。数少ないミリオンセラーアーティストを除いてはCDが売れない状況であり、特に女性歌手に関しては、1980年代に隆盛を誇ったアイドル歌手も下火となっていた。そのような状況の中、谷村有美永井真理子森高千里久宝留理子森川美穂松田樹利亜など、アイドル性を持ちながら、自ら作詞,作曲を行う若手の女性歌手、シンガーソングライターが数多くデビューを遂げており、これに目を付けたソニー・マガジンズでは、これらのアーティストを指す名称を造語し、各メディアで盛り上げていくことを計画、音楽雑誌「WHAT's IN?」の増刊扱いとして1992年には雑誌での発行を開始した。当初は季刊誌で、1994年から隔月刊誌となった。

20世紀末に入り、安室奈美恵浜崎あゆみなど、歌姫と呼ばれるようなアーティストの出現もあって、音楽業界はミリオンセラーアーティスト乱発、バブル景気衰退で鎮静化した日本に一縷の望みをもたらし、音楽業界に関しては復権を印象付ける状態になった。当初は女性ボーカリストが台頭していたが、21世紀に入ると、ダウンロード配信の台頭を中心にしたマルチメディア化により、CDが再び売れなくなる。さらに男性アーティストも台頭するようになったことに加え、音楽番組自体の視聴率も低迷するようになる。その影響もあり、雑誌もよりアイドル色の強いアーティスト、女性声優まで幅広く取り上げるような方針転換を行ってきたが、15年目を迎えた2006年春に発行した第79号休刊という形を取って事実上廃刊。

代表的アーティスト編集

雑誌「GiRLPOP」の第1号には、以下のアーティストが掲載されている。ベテランのアーティストや、アイドル色の強かった歌手、後に歌手以外の分野で実力をあげたアーティストを除くと、そのほとんどが初期の代表的存在と言える。

テレビ番組「GiRLPOP '9*」編集

1994年1月から、tvkにて放送。スペースシャワーTVでも放送されていた時期がある。放送内容の詳細については#外部リンクを参照のこと。

ラジオ番組「GiRLPOP '9*」編集

1993年10月から、FM Fujibayfmにて、それぞれ別番組を放送した。1994年4月からは、CBCラジオにて「GiRL POP SLASH」が放送開始。

ライブイベント編集

日清パワーステーション(1998年6月末閉鎖)を中心に、「LIVE 'GiRLPOP'」の公演が行われた。

公演名称 公演日 会場 出演
act 1 1992年11月20日 日清パワーステーション 加藤いづみ篠原利佳久宝留理子、桃姫バンド(尾崎亜美今野登茂子谷村有美小原礼
act 2 1993年5月30日 日清パワーステーション 橘いずみ、篠原利佳、久宝留理子 with 井上昌己森川美穂佐藤聖子
act 3 1993年9月23日 日清パワーステーション チャカと昆虫採集JUDY AND MARY近藤名奈鈴木彩子、井上昌己
大阪 act 1 1993年11月28日 MIDシアター 久宝留理子、井上昌己、Chica Boom、佐藤聖子、チャカと昆虫採集
act 4 1993年12月19日 日清パワーステーション JUDY AND MARY、五島良子、佐藤聖子、白井貴子、森川美穂
act 5 1994年3月5日 日清パワーステーション 大阪パフォーマンスドール裕木奈江遠藤京子、井上昌己 with YOU
act 5 1994年3月6日 日清パワーステーション Chica Boom with 井上昌己、JUDY AND MARY、山下久美子 with Chara
大阪 act 2 1994年3月30日 COKE STEP HALL 五島良子、峠恵子、井上昌己、鈴木祥子
act 6 1994年6月18日 日清パワーステーション チャカと昆虫採集、区麗情米光美保樋口沙絵子久松史奈小比類巻かほる
act 6 1994年6月19日 日清パワーステーション 中島優子くま井ゆう子、裕木奈江、paris blue、白井貴子 with 久宝留理子
act 7 1994年9月23日 日清パワーステーション YOYOYO、佐藤聖子 with 加藤いづみ、今野登茂子、久宝留理子
大阪 act 3 1994年9月30日 W'OHOL 川崎真理子、paris blue、区麗情、白井貴子
act 8 1994年12月17日 日清パワーステーション 中島優子、石岡美紀 with 井上昌己、米光美保、小川美潮、鈴木祥子
act 8 1994年12月18日 日清パワーステーション 松田樹利亜藤生ゆかり川村かおり、久松史奈
大阪 act 4 1995年3月15日 W'OHOL VANILLA奥井亜紀、JUDY AND MARY
act 9 1995年3月17日 日清パワーステーション 近藤名奈
act 9 1995年3月18日 日清パワーステーション sinon、くま井ゆう子、かとうれいこ相馬裕子
act 9 1995年3月19日 日清パワーステーション VANILLA、エスカレーターズ濱田マリ、藤生ゆかり、中村あゆみ
act 10 1995年7月16日 日清パワーステーション VANILLA、鴨下泰子篠原涼子鈴里真帆、川村かおり
act 10 1995年7月23日 日比谷野外音楽堂 鈴里真帆、米光美保、近藤名奈、久宝留理子
act 11 1995年9月24日 日清パワーステーション 田嶋里香、鴨下泰子、奥井亜紀、樋口沙絵子、米光美保
大阪 act 5 1995年9月26日 W'OHOL VANILLA、森若香織、鴨下泰子、UA少年ナイフ
act 12 1995年12月16日 日清パワーステーション 黒田有紀チエ・カジウラ、川崎真理子、相馬裕子 with 近藤名奈
act 12 1995年12月17日 日清パワーステーション UA、東亜佐美かの香織大塚ジュンコ、井上昌己
大阪 act 6 1996年3月26日 W'OHOL 鈴里真帆、区麗情、CHAKA
act 13 1996年4月7日 日清パワーステーション 区麗情、鈴里真帆、かの香織、CHAKA with 坂本さとる
act 14 1996年7月6日 日清パワーステーション 谷村有美、山崎まさよし
act 14 1996年7月7日 日清パワーステーション 川村結花、川村かおり、國府田マリ子、中村あゆみ
act 15 1996年9月23日 日清パワーステーション 衛藤利恵、米光美保、藤生ゆかり、裕木奈江、鈴木祥子
act 16 1996年12月7日 日清パワーステーション Jungle Smile、相馬裕子、米光美保、CHAKA
act 16 1996年12月8日 日清パワーステーション 衛藤利恵、酒井麻友子、鈴木彩子、松田樹利亜
act 17 1997年3月30日 日清パワーステーション 久松史奈、天方直実CRIPTON、中村あゆみ
act 18 1997年7月6日 日清パワーステーション 大橋利恵、衛藤利恵、井上昌己、露崎春女
act 19 1997年9月28日 日清パワーステーション 鈴木結女Anna亜波根綾乃、加藤いづみ
act 20 1997年12月6日 日清パワーステーション 松田樹利亜、春原佑紀ミヒロリュウ、久宝留理子
act 20 1997年12月7日 日清パワーステーション 松雪泰子ABYSSRomi比屋定篤子、露崎春女
act 21 1998年3月7日 日清パワーステーション 猫沢エミ、Jungle Smile、ヒックスヴィル
act 22 1998年6月1日 日清パワーステーション Jack&Betty北川恭子、CHAKA、LINDBERG with 森高千里

2代目(2011年 - )編集

5年間の休刊を経て、初代発行から20年目を迎えた2011年6月、季刊の形で復活した。

2011年6月21日発売の夏号で復刊したが、これ以降はアイドル中心の構成になっており、以下のアーティストが掲載されている。なお、太字は表紙に掲載されたアーティスト。

テレビ番組「GiRLPOP TV」編集

Webサイト「GiRLPOP Scheduler」編集

2014年12月、アイドルスケジュールサイト「idolscheduler」の運営をエムオン・エンタテインメントが譲受。「GiRLPOP Scheduler」にリニューアルするとともに、URLを従来雑誌「GiRLPOP」の公式サイトであった「www.girlpop.jp」に変更した[8]。2015年10月現在、運営会社はTokyo Girls' Updateを運営するオールブルーに変更となり、サイトの名称も「Tokyo Girls' Scheduler」に変更されている。

ライブイベント編集

復刊後も雑誌と連動したライブイベント「LiVE GiRLPOP」を行っている。

公演名称 公演日 会場 出演
Vol.1 〜Colorful〜 2012年10月26日 Zepp Tokyo Dancing Dolls(オープニングアクト)、スマイレージ東京女子流乃木坂469nine
Vol.2 〜Spring Party〜 2013年4月21日 Zepp Tokyo アイドリング!!!bump.yさくら学院(科学部 科学究明機構ロヂカ? & クッキング部 ミニパティ)、Cheeky Paradeアップアップガールズ(仮)LinQ
Vol.3 〜flowery〜 2014年4月27日 中野サンプラザ 武藤彩未ベイビーレイズ、さくら学院、Juice=JuiceLittle Glee Monster東京パフォーマンスドール、東京女子流、スマイレージ

脚注編集

  1. ^ 裏表紙にも掲載。
  2. ^ a b 2011年8月にMIYUMAIKOTOMOKAの3人で2005年に解散以来、6年ぶりに再結成。当初は1ヶ月限定の活動を予定していたが、同月に赤坂BLITZで行った再結成ライブで年内いっぱいまでの活動延長を発表。その後10月を持ってTOMOKAが脱退(引退)したが、12月にZEPP TOKYOで行われたライブにおいてMIYU、MAIKOの二人で2012年以降も活動を継続することが発表された。
  3. ^ ポスター付録付き。
  4. ^ ポスター付録付き。
  5. ^ 裏表紙にも掲載。ポスター付録付き。
  6. ^ ポスター付録付き。
  7. ^ ポスター付録付き。
  8. ^ 新WEBメディア“GiRLPOP Scheduler”サービス開始! - 2014年12月5日 エムオン・エンタテインメント

外部リンク編集