キジオライチョウ

キジオライチョウ(雉子尾雷鳥、学名:Centrocercus urophasianus)はキジ目ライチョウ科キジ科に分類されることもある。この場合キジ科、ライチョウ亜科となる)に分類される鳥類の一種である。

キジオライチョウ
キジオライチョウ
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: ライチョウ科 Tetraonidae
: Centrocercus
: キジオライチョウ
C. urophasianus
学名
Centrocercus urophasianus
和名
キジオライチョウ
英名
Greater Sage-grouse

分布編集

北アメリカ中西部に分布する。

形態編集

全長オス80cm、メス55cm。雌雄異型で、オスは先端が尖った細長い尾羽(和名はこの尾羽がキジのそれに似ている事に由来)と毛髪状の冠羽、胸部によく膨らむ肉質の空気袋を持つ。

生態編集

草原に生息し、住環境としてセージサルビア)の生い茂る藪を好み、これが英名の由来となっている。

雑食性で、セージの葉や芽、昆虫類などを食べる。

繁殖時は、雄は数百羽集まり集団求愛場(レック)を形成する。雄の雌に対する、胸を膨らませて尾羽を広げる特徴的な求愛行動が有名である。

繁殖期は3-5月で、セージの茂みの中の地面に窪みを作り、1腹7-13個の卵を産む。抱卵期間は25-27日である。

人間との関係編集

生息地の開発が進んだことにより、個体数が減少しつつある。

参考文献編集

  • 『世界の動物|分類と飼育 キジ目』、財団法人東京動物園協会、1987年、54頁


関連項目編集