キタ

大阪府大阪市北区の一地区を指し示す呼称

キタは、大阪府大阪市北区梅田北新地を中心とした繁華街の総称である。難波を中心としたミナミと並ぶ大阪の2大繁華街の一角をなす。

高層ビルが立ち並ぶ梅田の風景

概要編集

難波駅周辺をミナミと呼ぶのに対して、大阪駅周辺をこう呼ぶ。キタではなく単に梅田や北新地と呼ばれることも多いため、難波周辺の広範囲の繁華街を指すミナミと比べると使用頻度は低い。

1685年に拓かれた堂島新地歓楽街大坂城下の北の外れであったことから「キタの遊里」「キタの新地」などと呼ばれるようになったのが発祥とされる。また、梅田駅東側一帯が摂津国西成郡北野村であったことから、キタと呼ばれるようになったという説もある。

18世紀に入ると、堂島は米取引の場となって歓楽街は曾根崎新地北新地)へ移り、明治以降は駅の出来た梅田の発展で繁華街は更に北へと拡大していった。

地域編集

交通機関編集

関連項目編集