キタイゴロドロシア語: Кита́й-го́род=キタイ・ゴーラット)はロシアモスクワの中心部にあるクレムリンから赤の広場を隔てた商業地区の名称で、以前は城壁に囲まれていたが今は一部を残すだけとなり、狭い道にグム百貨店ゴスチーヌイ・ドヴォールなどの建物が林立している。

現在唯一残っているイヴェルスキエ門(マネージュ広場 から赤の広場への入り口)

名称編集

キタイゴロドのゴロド(ロシア語: го́род=ゴーラット)は町の意味で、ロシア語のキタイは通常「契丹」を起源とする中国(ロシア語: Кита́й)のことであるがそれと関係なく、はっきりしたことは分からないが、初期の城壁は籠に土を入れて作っていたので、その籠を作った植物の古語とも言われている。

城壁編集

 
現在残る城壁の一部

城壁は1536~39年に作られて、 13の塔と6つの門からできていた。壁の高さは平均して6メートルであった。1930年には残された塔の最後の部分が壊されたが、今でも城壁の残り部分はザリャーディエ(Zaryadye)とオホートヌイ・リャート駅のそばの2か所に残っている。

広場編集

キタイゴロドには、「モスクワ中心部広場群」の劇場広場(ボリショイ劇場がある)~革命広場、ルビャンカ広場KGB本部がある)、スラヴャンスカヤ広場がある。

さまざまな建物編集

キタイゴロドにある建物は次の通り。

など

ギャラリー編集

(往時の建物も含む)

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集