メインメニューを開く

キタカラ

北海道稚内市にある複合施設

キタカラKITAcolor)は、北海道稚内市にある複合施設。名前は全国公募によって決定し、「北から創(はじ)める」「KITAcolorに染まる」「日本の一番北に位置する稚内から創まり、日本全国に…最終的には世界各国まで、稚内の色に染めていきたい」という意味が込められている[7][8]

キタカラ(KITAcolor)
Wakkanai station001.JPG
施設外観(2012年7月)
情報
設計者 北海道日建設計[1]
施工 藤建設・富田組JV[2]
建築主 稚内駅前地区市街地再開発組合[3]
管理運営 まちづくり稚内[4]
構造形式 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造
敷地面積 3,440 m² [5]
建築面積 2,338 m² [5]建蔽率68%)
延床面積 6,785 m² [5]容積率197%)
階数 地上5階
駐車台数 40台
着工 2009年[6]
竣工 2012年[6]
開館開所 2010年6月12日(バスターミナル、映画館など)
2011年4月3日(稚内駅)
2012年4月29日(全面開業)
所在地 097-0022
北海道稚内市中央3丁目6-1
座標 北緯45度25分01秒 東経141度40分36秒 / 北緯45.41694度 東経141.67667度 / 45.41694; 141.67667座標: 北緯45度25分01秒 東経141度40分36秒 / 北緯45.41694度 東経141.67667度 / 45.41694; 141.67667
テンプレートを表示

目次

概要編集

キタカラ(KITAcolor)は鉄道駅稚内駅)やバスターミナル(稚内駅前バスターミナル)を併設し、道の駅道の駅わっかない)機能を有する交通結節点になっているほか[9][10]売店飲食店コンビニエンスストア観光協会[11]、地域交流センター[12]映画館グループホーム、高齢者住宅が入居している。また、みなとオアシス「わっかない」を構成する施設になっている[13]

沿革編集

稚内市では水産加工業の衰退や人口減少に加え、稚内駅周辺の中心市街地から郊外化が進んでいたため[14][6]、2002年度(平成14年度)策定の「稚内市市街地総合再生ビジョン」から「稚内港マリンタウンプロジェクト」や第一副港地区での「稚内市第一副港地区シーグランド計画」との相互調整を図り[6]、2003年度(平成15年度)策定の「市街地総合再生計画」において稚内駅周辺を「複合交通ターミナル」と位置づけて「マチ」と「みなと」を結ぶ接続拠点として機能することを目指し、事業化に向けた検討を進めてきた[6]2006年平成18年)に都市計画決定した「稚内駅前地区第1種市街地再開発事業」は施設規模や事業採算性の再検討を経て[15]2008年(平成20年)に事業認可を受けて翌年に着工した[6]。かつての駅前ロータリー跡に複合施設の西側(バスターミナル、地域交流センター、映画館など)、旧稚内駅舎跡に稚内駅を新築した後に複合施設東側(グループホーム、高齢者住宅)を建設した[16]

年表

  • 2009年平成21年):第1期工事着工[16]。旧西條百貨店解体工事[16]
  • 2010年(平成22年):稚内駅2番線廃止[16]。第1期供用開始(高齢者住宅除く)[16]
  • 2011年(平成23年):稚内駅舎竣工[16]。第2期工事着工[16]。施設の名称が「キタカラ」(KITAcolor)に決定。
  • 2012年(平成24年):高齢者住宅竣工[16]。グランドオープン[16]

施設編集

JR稚内駅

稚内駅前バスターミナル

稚内市地域交流センター

  • 1F
  • 2F
    • 多世代交流ロビー
    • キッズルーム
    • 市民活動室

ショップ&グルメ

  • orange egg[オレンジ・エッグ]
  • CAFE[カフェ]
  • ワッカナイセレクト
  • お食事処 ふじ田

コンビニエンスストア

稚内観光協会

  • 観光案内所

T・ジョイ稚内

T・ジョイ稚内
T・JOY Wakkanai
情報
開館 2010年6月12日
客席数 250席(3スクリーン合計)
設備 4K SXRD
RealD(スクリーン2を除く)
用途 映画上映
運営 最北シネマ[17]
所在地 097-0022
北海道稚内市中央3丁目6-1
アクセス 北海道旅客鉄道(JR北海道)稚内駅、稚内駅前バスターミナル直結
外部リンク T・ジョイ稚内
T・ジョイ稚内 スクリーン詳細
スクリーンNo. 座席数 車椅子用スペース 備考
1 65 1 DIGITAL3D対応
2 85 1 DIGITAL・デジタルライブサウンド対応
3 97 1 DIGITAL・3D対応

グループホーム特定施設

  • ふれあいの里 グループホームわっかない 絆
    • ユニット数:2[18]
    • 入居定員:18名(各ユニット9名)[18]
    • 居室数:18室(全室個室)[18]
  • ふれあいの里 わっかない 風華
    • 入居定員:36名[19]
    • 居室数:36室(全室個室)[19]

受賞編集

  • 『平成25年度都市計画学会賞』計画設計賞[20][21]
  • 『平成25年度日事連建築賞』一般建築部門奨励賞[20][22]
  • 『平成25年度北海道福祉のまちづくり賞』[20][23]
  • 『2013年度グットトイレ』[20]

アクセス編集

  • 稚内フェリーターミナル、稚内港国際旅客ターミナルから車で約2分、徒歩約15分
  • 稚内空港から空港連絡バスで約30分
  • 旭川から車で約5時間
  • 札幌から車で約6時間

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ キタカラ(稚内駅前地区第一種市街地再開発事業)”. 北海道日建設計. 2017年7月28日閲覧。
  2. ^ “稚内駅前再開発の施工業者決まる—2期に分けて建設”. 北海道建設新聞 (北海道建設新聞社). (2009年7月22日). http://e-kensin.net/news/article/4508.html 2017年7月28日閲覧。 
  3. ^ 稚内駅前地区第1種市街地再開発事業”. 稚内市. 2017年7月28日閲覧。
  4. ^ まちづくり稚内”. 2017年7月28日閲覧。
  5. ^ a b c 稚内市 稚内駅前地区 (PDF)”. 北海道. 2017年7月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 中村清司 2012.
  7. ^ kitacolor(キタカラ)に決定”. キタカラ Blog (2011年10月31日). 2017年7月28日閲覧。
  8. ^ 稚内駅ビル「キタカラ」グランドオープン! 市民の憩いの場に”. 北海道ファンマガジン (2012年4月30日). 2017年7月28日閲覧。
  9. ^ 道の駅「わっかない」 (PDF)”. 北の交差点 Vol.30 2012. 北海道道路管理技術センター. 2017年7月26日閲覧。
  10. ^ 日本最北&国内唯一「道の駅わっかない」が誕生!”. 北海道ファンマガジン (2012年3月27日). 2017年7月28日閲覧。
  11. ^ 稚内観光協会”. 2017年7月28日閲覧。
  12. ^ 稚内市地域交流センター”. 稚内市. 2017年7月28日閲覧。
  13. ^ みなとオアシス「わっかない」”. 北海道開発局. 2017年7月25日閲覧。
  14. ^ 山本純 2009, p. 1.
  15. ^ “稚内駅前再開発、福祉施設の事業予定者撤退で規模縮小”. 北海道建設新聞 (北海道建設新聞社). (2008年8月8日). http://e-kensin.net/news/article/2951.html 2017年7月28日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g h i 駅舎含め稚内駅前再開発が進む稚内駅”. 北海道ファンマガジン (2010年2月21日). 2017年7月28日閲覧。
  17. ^ 最北シネマ株式会社”. T・ジョイ稚内. 2017年7月28日閲覧。
  18. ^ a b c ふれあいの里 グループホーム わっかない絆”. 日総ふれあいケアサービス. 2017年7月28日閲覧。
  19. ^ a b サービス付き高齢者向け住宅 ふれあいの里 わっかない風華”. 日総ふれあいケアサービス. 2017年7月28日閲覧。
  20. ^ a b c d 受賞”. 北海道日建設計. 2017年7月28日閲覧。
  21. ^ 日本都市計画学会 学会賞・功績賞・国際交流賞 2013年年間優秀論文賞 受賞一覧ならびに授賞理由書 (PDF)”. 日本都市計画学会. p. 13. 2017年7月28日閲覧。
  22. ^ 平成25年度日事連建築賞受賞作品 -- 第37回 三重大会 (PDF)”. 日本建築士事務所協会連合会. p. 6. 2017年7月28日閲覧。
  23. ^ “「平成25年度北海道福祉のまちづくり賞」について” (PDF) (プレスリリース), 北海道, (2013年10月17日), http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/houdouhappyou25/251017-04.pdf 2017年7月28日閲覧。 

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集