キッズデザイン賞(キッズデザインしょう、KIDS DESIGN AWARD)は、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会(2006年5月に発足[1]、2013年にはCSD認証制度[2]を制定)が主催する、顕彰制度である。

「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスであり、優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としている。

日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっており、子どもが使う製品のみならず、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てへの配慮があれば応募可能である。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められる。

なお、経済産業省は毎年8月8日を「キッズデザインの日」と制定している(第1回キッズデザイン賞受賞作の発表日となった2007年の同日から)[1]

脚注編集

外部リンク編集