キツネザル科

分布編集

マダガスカルに自然分布[2]。数種がコモロに移入[2]

形態編集

歯列は門歯が上下4本、犬歯が上下2本、小臼歯が上下6本、大臼歯が上顎6本[2]

分類編集

1977年に歯列や染色体からイタチキツネザル科を分割する説が提唱された[2]。2003年に分類が混乱しているとしてイタチキツネザル科を本科に含める説が提唱されたものの、亜科を認めず下記の構成種のみで本科を構成する説が有力である[2]

分類・和名・英名は(相見・小山, 2006)に従う[2]

参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<http://www.cites.org/>(accessed Sep 30, 2015)
  2. ^ a b c d e f g h 相見滿・小山直樹 「キツネザル類はどのように分類されてきたか」『霊長類研究』第22巻 2号、日本霊長類学会、2006年、97-116頁。
  • 伊谷純一郎監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科3 霊長類』、平凡社1986年、20-26、30-31頁。

関連項目編集