キネマの神様』(キネマのかみさま)は、原田マハ長編小説[1]2008年12月12日文藝春秋から単行本が刊行された[2]。のち、2011年5月10日に文庫化された[3]

キネマの神様
The Name above The Title
著者 原田マハ
発行日 2008年12月12日
発行元 文藝春秋
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製
ページ数 304
公式サイト books.bunshun.jp
コード ISBN 978-4-16-327730-1
ISBN 978-4-16-780133-5文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 映画
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

作者の原田は「本作は限りなく私小説に近いというか、物語の3割ほどは実体験に基づいたものである。残りの7割はファンタジー風になっているが、自分の人生がこんな感じになればいいなという願望を込めた部分もある」からこそ「父の人生にこんな温かな奇跡みたいなものが起きてほしい」と思って小説を書いたと原田は語っている[4]。さらに原田は「父は無類の読書家だが、若い頃は大変なギャンブル好きでいつも借金を重ねていた。しかし幸いなことに兄が小説家として父のことを書くようになって、自分も作家になってから父のことをあからさまに曝け出すことができるようになった。そのため、父が兄と私にとって創作という作業には欠かせない力となっているのは事実かもしれない」と述懐している[4]

2018年には舞台化された。また、山田洋次の監督による映画化作品が2020年12月に公開の予定[1]だったが、主演の一人に予定されていた志村けん新型コロナウイルス感染症による出演辞退[5]と急逝[6][7]、また感染拡大に対する政府の緊急事態宣言を受けて撮影は中断、公開も延期となっている[8]

あらすじ編集

登場人物編集

円山郷直(まるやまさとなお)
通称:ゴウ。無類のギャンブル好き。趣味は映画鑑賞。
円山歩(まるやまあゆみ)
ゴウの娘。社内抗争に巻き込まれて退職を余儀なくされる。 
寺林新太郎(てらばやししんたろう)
通称:テラシン。ゴウ行きつけの映画館の館主。

書誌情報編集

単行本
2008年12月12日発売、文藝春秋ISBN 978-4-16-327730-1
文庫本
2011年05月10日発売、文春文庫ISBN 978-4-16-780133-5

舞台編集

土方与志・秋田雨雀記念青年劇場によって2018年に舞台化された。脚本は高橋正圀。2020年より全国演劇鑑賞団体連絡会議にて全国巡演予定。

映画編集

キネマの神様
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝原雄三
原作 原田マハ 『キネマの神様』
出演者 沢田研二
菅田将暉
永野芽郁
宮本信子
配給 松竹
公開  2021年(予定)
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

松竹映画100周年記念作品として、2021年公開予定で山田洋次監督により映画化が進められている[1][9]。当初は2020年12月公開予定で、志村けん菅田将暉がダブル主演(志村は映画初主演)を務める予定だったが[9]、同年3月24日に志村の新型コロナウイルス感染症に感染していることが明らかになり[10]、同月26日に出演辞退が発表された[5][11]。同月29日に志村は70歳で死去した[6][7]。その後の政府による緊急事態宣言を受けて、撮影が中断している。5月16日には沢田研二が志村の代役を務めることが発表され[8]、同日、志村の笑顔をスクリーンに映し出したメッセージビジュアルが公開された[12][13]

山田監督は撮影に先がけたコメントで「この時代に生きた映画人の人生を、映画製作100年の歴史を誇る松竹という舞台で華やかに描きたいと思います」と語っている[9]

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “志村けん&菅田将暉、山田洋次新作で2人1役!「キネマの神様」映画化”. シネマトゥデイ. (2020年1月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113700 2020年2月19日閲覧。 
  2. ^ 『キネマの神様』(単行本)”. 文藝春秋. 2020年2月19日閲覧。
  3. ^ 『キネマの神様』(文庫)”. 文春文庫. 文藝春秋. 2020年2月19日閲覧。
  4. ^ a b 原田マハ (2008年12月20日). “父の人生に願いを込めて”. 書評 - 文藝春秋BOOKS. 文藝春秋. 2020年2月19日閲覧。
  5. ^ a b “志村けん、初主演映画「キネマの神様」出演を辞退”. お笑いナタリー. (2020年3月26日). https://natalie.mu/owarai/news/372929 2020年3月27日閲覧。 
  6. ^ a b コメディアンの志村けんさん死去 新型コロナ感染で肺炎発症”. NHK (2020年3月30日). 2020年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月30日閲覧。
  7. ^ a b 志村けんさん死去 新型コロナ感染で肺炎”. 日本経済新聞 (2020年3月30日). 2020年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月30日閲覧。
  8. ^ a b c “沢田研二、“映画初主演”志村けんさんの代役「やり遂げる覚悟」”. ORICON NEWS. (2020年5月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2162238/full/ 2020年5月16日閲覧。 
  9. ^ a b c d e “志村けん:菅田将暉と山田洋次監督作でW主演 永野芽郁、宮本信子も 松竹映画100周年記念作「キネマの神様」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年1月25日). https://mantan-web.jp/article/20200124dog00m200054000c.html 2020年2月19日閲覧。 
  10. ^ “志村けん、肺炎で入院…コロナ陽性の疑い、初主演映画の撮影は延期”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年3月25日). https://hochi.news/articles/20200325-OHT1T50034.html 2020年3月26日閲覧。 
  11. ^ “志村けん、初主演映画「キネマの神様」出演を辞退 所属事務所「志村が病に勝ち、いつかまた撮影を…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/26/kiji/20200326s00041000328000c.html 2020年3月26日閲覧。 
  12. ^ “沢田研二、映画「キネマの神様」で志村けんの代役「お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟」”. 映画ナタリー. ナターシャ. (2020年5月16日). https://natalie.mu/music/news/379321 2020年5月18日閲覧。 
  13. ^ 5月16日は志村の四十九日にあたる。

外部リンク編集

小説
舞台
映画