メインメニューを開く

キビタキ(黄鶲,学名:Ficedula narcissina)は、スズメ目ヒタキ科[1]ヒタキ亜科に分類される鳥類の一種。

キビタキ
キビタキ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ヒタキ科 Muscicapidae
: キビタキ属 Ficedula
: キビタキ F. narcissina
学名
Ficedula narcissina
(Temminck, 1836)
和名
キビタキ
英名
Narcissus Flycatcher

分布編集

サハリンから日本列島全土とその近隣、中国の一部地域で繁殖し、冬期はフィリピンボルネオ島などの東南アジア渡りをおこない越冬する。

日本では夏鳥として全国の山間部で基亜種のキビタキ(学名:F.n. narcissina)が普通に見られ、福島県県鳥に指定されている。先島諸島に生息する亜種のリュウキュウキビタキ(学名:F.n.owstoni)の一部個体群は、留鳥であると考えられている。亜種のキムネビタキ (学名:F.n.elisae)は中国で繁殖するが、稀に日本にも飛来する。

形態編集

全長13~14cm。雄は頭部から背面にかけて黒く、眉斑、腹部と腰は黄色。翼に白い斑がある。喉は、鮮やかな橙黄色である。雌は上面は褐色で、腹部は褐色がかった白色。また、雄の幼鳥も雌と良く似た褐色で、野外で幼鳥の性別を判断することは、ほぼ不可能である。

分類編集

リュウキュウキビタキは更に3つの亜種ヤクシマキビタキ(学名:F.n.jakuschima),アマミキビタキ(学名:F.n.shonis),リュウキュウキビタキ(学名:F.n.owstoni)に分かれるという学説もある。 亜種のキムネビタキは別種とされることもある。

生態編集

山地の明るい雑木林に住み、昆虫類節足動物等を捕食する。時々空中捕食や地上採食もする。

「ピッコロロ、ピッコロロ」と美しい声で鳴く。さえずりには多くの種類があり、生息地域によっても異なる。また、キビタキの囀声は大変に変化に富んでおり、時には「オーシツクツク」とまるでセミツクツクボウシの鳴声とそっくりな囀りをすることがある。他の鳥類の声を真似ることもある。

Sibley分類体系上の位置編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 旭山記念公園管理事務所、2016、「あらためて鳥の名前が変わった話 (PDF) 」 、『アカゲラ通信』6号、公益財団法人 札幌市公園緑化協会

関連項目編集