キマンダ (Qimonda AG) は、かつて存在したドイツ半導体メモリメーカー。インフィニオン・テクノロジーズが株式の77.47%を支配していた。ハイテク産業調査会社ガートナーデータクエストによると世界第三位のDRAMメーカーとされる。300 mmチップ製造のトップメーカーで、パーソナルコンピュータ (PC)、サーバ市場向けのDRAM供給トップの1つであった。

キマンダ
Qimonda AG
種類 AG
市場情報
略称 キマンダ
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ ミュンヘン
設立 2006
業種 DRAM産業
代表者 Kin Wah Loh, CEO
従業員数 12,000
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示
Qimonda 512 Mbit GDDR3

2008年時点で、全世界でおよそ12,000人の従業員を抱えていた(3大陸にまたがる5つの300 mmチップ製造工場に関わる研究開発社員を含む)。ドレスデンに研究開発センターがあり、PCとサーバ製品に重点をおき、グラフィックスでもGDDR5の開発、規格化を推進するなど、業界を牽引してきた。

歴史編集

2006年5月1日にインフィニオン・テクノロジーズのメモリ部門を分社化して設立されたが、キマンダ及びインフィニオンの2007年第3四半期決算発表によると、メモリ価格の大幅な下落によりキマンダが多額の損失を計上し、同年第2四半期と比較しインフィニオンの損失は大幅に拡大した。インフィニオンは2009年株主総会までにキマンダ株の保有比率を50%以下に引き下げる計画を発表した。2007年10月2日にはソニーとの提携が報じられた[1]ほか、2008年4月25日には日本のDRAM大手エルピーダと開発・生産で提携することを発表[2]。2011年頃に製品化される最先端DRAMを共同開発するほか、合弁生産や製品の相互供給も検討されていた。

しかし、世界同時不況の影響とDRAM市況の悪化によりキマンダが経営破綻し、2009年1月23日に破産申請。2009年4月1日に事業再生手続きを開始した[3]。2009年8月6日、エルピーダへGDDR3・GDDR5に関する技術及び開発チームを譲渡することを発表。エルピーダは2010年上期に台湾、下期に広島工場にてGDDR5の量産を開始。

2009年10月12日には経営再建の一環として、同社のライセンス資産の管理を行う会社「キマンダ・ライセンシング」を米国フロリダ州に設立したと発表した。キマンダが多数保有する半導体特許のライセンス資産の管理、販売をキマンダ・ライセンシングが担当することになった。

社名の意味編集

Qimondaという社名は造語であり、インフィニオンからの分社時に世界4位のDRAMメーカであった同社のさらなる成長への理念が込められていた。複数の語意を持ち、多言語での解釈が可能である。“Qi” は中国語の「気」に通じる。“Qi” を英語の “key”(鍵)、“monda” をラテン語の “mundus”(世界)と連想することにより、「世界への鍵」と解釈することができる。また、Qimondaのロゴは丸みを帯びた字体と紫の文字色で構成されており、字体は創造性を、文字色はリーダーシップを表現している。

製品編集

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集