メインメニューを開く

キム・ナンプン1972年9月4日 - )は、韓国プロレスラーUFCPRIDEなどの総合格闘技解説者ラジオDJ作家。本名はキム・ナムフン(金楠勲、김남훈)。身長182cm、体重125kg。

来歴編集

プロレスラーとして編集

幼少時にハルク・ホーガンマッチョマン・ランディ・サベージの試合をテレビで見て、プロレスラーになる夢を抱く。IT企業の社員時代に大韓プロレス協会のオーディションを受けるが、2回不合格。3度目の挑戦で入門を果たし、サラリーマン生活を続けながら夜間と週末に道場でトレーニングを積む。

2001年、AWFプロレス・果川(クァチョン)大会でデビュー。以後、ソウル市にあったクラブ・ファイティングを経て、イ・ワンピョ率いるWWAに移籍。韓国唯一のヒールレスラーとして、かつ独特のマイクアピールでマスコミの話題となる。

2005年、リングから落ちた際に首を強打し、下半身マヒの障害を負ったことがある。しかしリハビリを重ねて半年後に奇跡的に回復し、後にプロレスにもカムバック。そのためか、いまだにロープの反動にはトラウマがあるという。

2009年、WWAに参戦中だったTAJIRI(当時ハッスル所属)の目に止まり、2010年5月のSMASH新宿FACE大会でプロレスラーとして初来日。「いま何分? キム・ナンプン!」という観客との掛け合いと、日本人が驚くほど流暢かつユーモラスなマイクアピールでブレイクする。

その後もSMASHに連続参戦する一方、同年10月28日にはWWAの蔚山(ウルサン)大会で男色ディーノを破り、DDT EXTREME級選手権を奪取。しかし翌年1月3日、ユニオンプロレス・後楽園大会にて行われたキャプテンフォール6人タッグマッチで木高イサミに敗れ、ベルトを明け渡す。

その他の活動編集

母国韓国ではプロレスラーとしてよりもIT専門家・作家・ラジオDJのほうで名が知られており、2007年からはUFC解説者としても活躍中。

著述業編集

主な著作に、『猟奇日本語』『PDA捕獲法』『着信音なしで何が分かる』『力道山が来た』『プロレスの真あるいは偽』『メロドラマファイター』『青春マニュアル製作所』など。最新の著書『青春マニュアル製作所』が韓国で話題となり、現在も増版中。単行本以外にも毎月10本以上の連載コラムをウェブ上・月刊誌に寄稿している。

また、日本の月刊アスキーにも約3年間コラムを連載したことがある。

UFC解説者編集

今でこそUFC解説者として活躍中だが、同番組の解説者オーディションに数回落ちた過去を持つ。不合格後に「このままでは無理」と考え、独自のアプローチ方法を編み出すことを決心。総合格闘技の面白さを体現した動画30本以上をウェブ上にアップし、名前を売る作戦に出る。

ほどなくして動画はファンの話題となり、放送関係者にもその名が知れ渡ってから再度オーディションを受け、見事採用された。-当時の動画(ローキックの秘密)-

経営者編集

ソウル市内でロールケーキカフェ「スイートロール」を共同経営し、一時は15店舗までフランチャイズを拡張したことがある(現在は8店舗)。

人物編集

素顔編集

リング上で見られるコミカルかつラフなスタイルとは対称的に、リング外では温厚で優しい紳士。その落差で関係者やファンを驚かせることも。そのようなパーソナリティゆえ、ファンはもちろん日本人選手・団体フロントとの交流も盛んに行っている。

趣味編集

鈴鹿8時間耐久レースを見るためだけに単身日本に行くほどのバイクマニア。ホンダCBR400の整備マニュアル、300ページ分の翻訳を手がけたこともある。現在の愛車はBMW1200LT。

日本語編集

そのマイクアピールで流暢さを見せ付けた日本語だが、実は独学。過去に日本語能力検定試験1級に合格した実力を持つ。

EXTREME 級王者時代、「タイトルマッチのルールはその時点の王者が決める」という特権を利用し、「日本語能力試験マッチ」を提案したことがある。「文法、聞き取り、読解、作文、漢字などの試験問題をリングの上で5時間かけて解き、その結果で勝敗を決める」というルールであったが、高木三四郎社長にあっさり却下された。

ツイッター編集

韓国ツイッター連合会の調査によると、「韓国内ツイッター利用者影響力ランキング」で10位を獲得、スポーツ分野では1位となった。

タイトル歴編集

関連項目編集

外部リンク編集