メインメニューを開く

キム・カシュカシャンKim Kashkashian, 1952年8月31日 アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト - )は現代屈指のヴィオラ奏者。両親はアルメニア系である。現在はドイツ在住。強靭なボウイングに支えられた幅広い表現力により、バロックから現代音楽まで幅広いレパートリーを得意としている。

キム・カシュカシャン
Kim Kashkashian 3276.jpg
基本情報
生誕 (1952-08-31) 1952年8月31日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト
学歴 ピーボディー音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴィオラ奏者
担当楽器 ヴィオラ

目次

略歴編集

1952年、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれ。ピーボディー音楽院ワルター・トランプラーカレン・タトルにヴィオラを学ぶ。1980年ミュンヘン国際音楽コンクールで3位入賞。1980年代にギドン・クレーメル主宰のロッケンハウス音楽祭の常連となり、1988年にギドン・クレーメルらと録音したモーツァルトヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲などにより知られるようになる。

教育者としては、フライブルク音楽大学で後進の指導にあたっている。日本での演奏活動については、1995年に来日している。その後2009年5月、東京国際ヴィオラコンクール審査員として14年ぶりに来日した。

音楽と録音について編集

現代音楽の初演を多く果たし、近代以降の作品を多く録音しているが、バッハモーツァルトブラームスシューマンなども非常に評価が高い。ただヴィオラ奏者にしては珍しく、他の楽器からの編曲作品はほとんど録音していない。

主なCD編集

脚注編集